メインメニューを開く

J-ROCK ARTIST COUNT DOWN 50』(ジェイロックアーティスト カウントダウンフィフティー)は、1990年代UHF全国25 - 32局ネットで[要説明]放送されていたKBS京都製作の音楽番組。音楽雑誌『J-ROCK magazine』と連動した30分番組である。

概要編集

  • 『J-ROCK magazine』でJ-ROCK ARTISTとして登録されたミュージシャンを、雑誌と番組のハガキ投票でARTIST TOP50を毎週発表。第1回目ではJ-ROCK ARTISTを50音順に紹介し、第2回目からランキングを発表していた。オープニングでは前週のTOP50のテロップ(TOP30時にはTOP10のテロップ)を、エンディングでは当該週のTOP50のテロップ(TOP30時にはTOP10のテロップ)を表示していた。テーマソングが無かった頃には松本孝弘B'z)が作曲した番組テーマ曲が流れ、テーマソングがある時(1995年後半以降)にはテロップの後にPVが流れていた。
  • UHF局のローカル番組としては異例の人気番組となり、放送同時間帯の視聴率で1位を記録する地区もあった。
  • 放送開始から1996年までは「J-ROCK ARTIST COUNT DOWN 50」と本項の表題通りのタイトルを用いていたが、1996年から1998年までは「J-ROCK ARTIST BEST 50」、1998年から1999年までは「J-ROCK ARTIST TOP30」と題して放送されていた。番組は1999年9月に終了。
  • 替わってチバテレビが製作を担当した後継番組「BEST OF J-ROCK」が放送されたが、母体の『J-ROCK magazine』が『J-groove magazine』に模様替えするとともに「BEST OF J-GROOVE」に改題するも2003年9月に終了した。
  • ビーイングの制作会社MODS HOUSEが制作している関係でビーイング系アーティストがメインで取り上げられていたが、氷室京介が番組にコメントを寄せたり、X JAPANYOSHIKI黒夢がVTR出演したことがある。
  • 番組開始当初のエンディングテーマでは、L'Arc〜en〜Cielの「Blurry Eyes」が起用されていた。
  • ビーイング制作番組の特徴である番組開始直前番組終了後に、J-DISCの新譜スポットCMが打たれていた。
  • 1994年10月から本番組の放送を皮切りに、ビーイングはMODS HOUSEが関西のテレビ・ラジオ各局と共同制作した番組を次々に開始させていく。
    • 『ROOTS』 - 本番組と同時に放送開始したブルースやロックの歴史を辿ったアーカイブ番組。放送局によっては本番組の次に編成されてる所もあった。(KBS京都との共同制作)
    • 『AMEMURA ROCK STREET』→『アメロク』 - 1995年秋から土曜深夜に放送開始したアメリカ村のトレンドと音楽を取り上げた番組。(テレビ大阪との共同制作)
    • 『ROX』- 1996年6月1日に放送を開始したRIKACOとUJが司会の音楽クイズ番組で、初回は大黒摩季の特集。矢沢永吉GLAYなども取り上げられてたが、3か月で終了。(関西テレビとの共同制作)
    • 『HIP POP』 - HIP HOPをメインとした番組(奈良テレビとの共同制作)
    • 『情報IN』 - 『ワールドビジネスサテライト』放送終了後に放送されてた「SUNDAY BLUES LIVE」の模様を紹介した番組。(テレビ東京との共同制作)
    • 『Future Paradise』 - KISS-FM KOBEで土曜日の午後に放送されてたラジオ番組。初代サウンドクルーは永井"ホトケ"隆。二代目サウンドクルーが椎名祐海。三代目サウンドクルーはWAG。永井"ホトケ"隆がサウンドクルーを担当した時は、稲葉浩志B'z)や大黒摩季がゲストに出演していた。
    • 『PASTIME PARADISE』 - α-stationで放送されていたラジオ番組。初代DJはQuncho~。1994年10月放送開始から半年間は金曜日の24:30からの30分番組。1995年4月から土曜日18:00からの60分番組になる。Quncho~時代はマンスリーゲスト制で稲葉浩志や大黒摩季らがゲスト出演していた。ZARD坂井泉水もゲスト予定だったが、取りやめになっている。二代目DJはSTORMYの立原燎。三代目DJはGARNET CROW岡本仁志が担当。
    • 『HEAVEN's RADIO』→『VIVA!WEST』 - 1995年秋放送開始。FM OH!で夕方に放送されてたJ-POP番組『Jay-Land SHUFFLE』に内包されてた5分番組。
    • 『大阪 BLUES SPIRITS』 - 1996年春放送開始のMBSラジオで日曜深夜に放送されてた永井"ホトケ"隆がDJの番組。
    • 『週刊J-ROCK MATE』 - 1998年秋にラジオ関西で木曜深夜に放送されてた2時間番組。『J-ROCK magazine』と連携した番組で、編集長を務めてた斉田才がDJを務めた。
    • 『Music Freak Radio』 - FM COCOLOで放送されていた60分番組。DJ:斉田才

コーナー企画編集

  • 似ている曲
  • J-ROCK magazine Pick Up ARTIST(アーティストのインタビューとPVやライブの映像が流れる)
  • ライブ情報
  • インタビュー
  • アーティストクイズ(正解者に抽選でプレゼントあり)
  • WHO'S FROM? 出身地別アーティスト紹介
  • パート別ランキング
    • J-ROCK VOCALIST BEST20
    • J-ROCK GUITARIST BEST20
    • J-ROCK BASSIST BEST20 → J-ROCK BASSIST&DRUMMAR BEST5
  • OUT OF 50(50位圏外の注目アーティスト3組紹介) → TOP30となってからは、OUT OF 30(30位圏外の注目アーティスト3組紹介)
  • J-ROCK magazine TOP10
  • J-ROCK ARTIST TOP30 MONTHLY FULL MUSIC VIDEO
  • ほか

1位獲得ARTIST編集

BEST10入りしたARTIST(1位獲得ARTISTを除く)編集

オープニングテーマ編集

エンディングテーマ編集

関連項目編集