JAZZ MASTER

JAZZ MASTER(ジャズ・マスター)は、日本ロックバンド

目次

概要編集

沢田研二のバックバンドとしてCO-CoLO解散後の1989年に「Kris Kringl」を経て結成。リーダー兼バンドマスターは吉田建。沢田研二と活動を共にした後、1995年頃に自然消滅した。

井上堯之バンドエキゾティクスなどを経て結成されたCO-CoLOは、AORを基調としていたが、エキゾティクスのメンバーでもあった吉田建をプロデューサーに迎え制作された「彼は眠れない」では、再びロックサウンドに回帰する形となった。参加ミュージシャンはエキゾティクスの西平彰の他にも佐橋佳幸国吉良一など気鋭のミュージシャンを多く起用した。これは当時の第二次バンドブームのムーブメントを意識したものでもあった。

このアルバムから生まれた新しいバックバンドがこのJAZZ MASTERである。アルバムのプロデューサーでメインアレンジャーの吉田を中心に、当時吉田と共に泉谷しげるのバックバンドLOSERのメンバーでもあった村上“ポンタ”秀一(かつて井上バンドから原田裕臣が脱退した際に沢田と井上から勧誘を受けたが断った経緯がある)やエキゾティクスのメンバーだった柴山和彦など、全員沢田より年下ながら既に豊富なキャリアを有する実力派が結集した。

レコーディングでは中心メンバーの吉田建、村上ポンタ秀一はほぼ不動であったが、ギター、キーボードのメンバーは流動的であったため、JAZZ MASTERがクレジットされることはなく、あくまでコンサートのバックバンドという位置づけであり、エキゾティクスやCO-CoLOとは一線を画す。

1993年発表のアルバム「REALLY LOVE YA!!」を最後に吉田が沢田と袂を分かち、同アルバムのツアーから参加した後藤次利大村憲司などを迎えるものの、1995年頃からその名を耳にすることがなくなり、明確に解散を宣言したことはないものの自然消滅したものと思われる※。なお同バンド解散後、少なくとも2000年代中盤までごろまで沢田は特定の「バックバンド」を編成していない。

※映像で確認できる範囲では、1994年9月~10月のツアー「ZUZU SONGS」ではメンバー紹介に際して「JAZZ MASTER」の名が告げられているが、1995年12月~1996年4月のツアー「あんじょうやりや」ではバンド名がコールされていない(なおその間の1994年12月~1995年1月の「HELLO」ツアーは映像が残されていない)。

メンバー編集

解散後編集

JAZZ MASTER以前からの活動通り、それぞれプレーヤー、作曲家、アレンジャー、プロデューサー等として活動している。中でも吉田建村上“ポンタ”秀一は現在まで第一線のスタジオミュージシャンとしてその名を知らしめている。吉田建が手掛けたミュージシャンとしては氷室京介吉川晃司吉田拓郎ウルフルズ等殊に著名である。村上は参加アルバム1万枚以上という恐るべきキャリアを誇り、ジャズを基本としながら国の内外を問わず多種多様なミュージシャンと共演を続けている他、「PONTA BOX」など自身のプロジェクトも主宰しており、多忙な生活を続けている。柴山和彦のみ2015年現在も沢田のコンサート・アルバム制作でのサポートを続けており、2009年以降、彼が最古参となる沢田のコンサートバンド(編成が固定されたのは2007年1月のライブ『ワイルドボアの平和』から)は『鉄人バンド』と呼ばれる様になっている[1] [2]

作品編集

シングル(沢田研二作品)編集

アルバム(沢田研二作品)編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集