メインメニューを開く

kukatachii(クカタチ)は、日本のダンス・ポップバンド。バンド名の由来は、古代日本で行われていた神明裁判「盟神探湯」。東京を中心に、国内外で活動を行っている。

来歴編集

2013年5月、バンドメンバー結成。

初ライブ、本格始動。

2014年6月、CICADAと初のツーマンライブイベントを下北沢MOSAiCにて敢行。

2014年8月、大型ロックフェスSUMMER SONIC 2014のオーディション企画で、1000組以上の応募の中からファイナリスト18組に選出される。[1]

2015年6月、ミニアルバム『A hurray』を全国のCDショップにてリリース。

2015年8月、「Die in the summer ft. Ryo Takahashi」リリース。

2015年9月、FM81.3 J-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」出演をかけたオーディションにて、グランプリを獲得[2]。10月、番組出演。Agehaspringsと「A hurray」収録曲、「Immorality」を再レコーディング。

2016年4月、会場限定音源「Love today EP」リリース。シンガポールにて撮影された、「Love today」ミュージックビデオ公開。

2016年8月、島根県江津市山辺神社にて、音楽イベント「STATES OF ROCK」初出演。

2016年10月、大阪の日本最大級サーキットフェス、MINAMI WHEEL初出演。会場が入場規制となる。台湾の人気バンド「宇宙人」など多数共演。MOTION BLUE YOKOHAMAに初出演。

2016年12月、下北沢MOSAiCにて、初のワンマンライブ「Depart」を開催。チケットソールドアウト。

外資系ファッションブランド「オールド・ネイビー」のCMソングとして、「Love today」が抜擢。[3]

2017年1月、サポートギタリストであったProf.Oが正式加入。

2017年2月、「Love today EP」をiTunes他にてデジタルリリース。iTunesソウルR&Bランキングで最高7位を記録。

2017年3月、シンガポールにて撮影された、「Mirror」のミュージックビデオ公開。

2017年6月、名古屋のサーキットフェス、サカエスプリング初出演。MOTION BLUE YOKOHAMAにて、チケットフリーのワンマンライブ開催。

2017年7月、フランスパリで行われる大規模イベント、「Japan Expo 2017」に出演。[3]

2017年9月、シングル「Business of you」リリース。[3]iTunesソウル・R&Bランキングで最高2位を記録。

クリエイターチームMESプロデュースによる、「Business of you」のMVをリリース。

2017年10月、JZ Brat Sound of Tokyoにて、VOLOMUSIKSとツーマンライブ開催決定。

2017年12月、オランダにて撮影された、「Inside -Deep expression ver.-」のミュージックビデオを公開。

同曲がさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト「イルミリオン」CMソングに抜擢。

下北沢MOSAiCにて、オープニングゲストにVOLOMUSIKSを、スペシャルゲストに香港の人気ユニット、E-kidsを迎え、ワンマンライブ「kukatachii presents "SYN-" -"Inside" Digital release gig-」を開催。

「Inside -Deep expression ver.-」をデジタルリリース。

2018年1月、北海道FM NORTH WAVEにて、初のレギュラー番組「月9ka !」放送開始。パーソナリティーをYudaiとKAJが担当。

2018年2月、香港のMacPherson Stadium(麥花臣場館)でライブ。人気ユニットE-kidsのオープニングアクト及びバックバンドをつとめる。

2018年4月、「Passerby」をデジタルリリース、ミュージックビデオ公開。

2018年7月、「Under the Sunshine」をデジタルリリース。同曲のリリックビデオ公開。

2018年8月、シングル「Hungry Tonight」をデジタルリリース。同曲のMV公開。

マカオのBroadway Theatre Macauでライブ。同時にfunkcutsと供に人気ユニットE-kidsのバックバンドをつとめる。

2018年9月、ミニアルバム「Real Things」をリリース。北海道 FM NORTHWAVE「SAPPORO HOT 100」にて、開局以来初となる4曲同時ランクイン。

2018年11月、昨年に続き、楽曲「Inside」が「さがみ湖イルミリオン」CMソングに抜擢。

2018年12月、ミニアルバム「Incessant」をリリース。

2019年2月、ゲストにFunkcutsを迎えワンマンライブ「Incessant」を渋谷HOMEで開催。

2019年2月、Prof.O脱退。

2019年3月、楽曲「Come Back To Me ft. Funkcuts」が暗闇ボクシング・フィットネス「b-monster」のCMソングに抜擢。

2019年7月、楽曲「Die The Summer ft. Ryo Takahashi (The Cerebron Re-edit)」をデジタルリリース。

2019年8月、楽曲「Beach」をデジタルリリース。

メンバー編集

  • Yudai(ユウダイ) - ボーカル担当。本名は山田雄大。立教大学卒。全ての楽曲の作詞を担当。バンドのリーダーであり、発起人。ステージでは基本的に楽器は持たないが、作曲もしばしば行う。幼い頃から、母親の影響で洋楽、特にディスコ等のブラックミュージックや、ポップスを聴いて育った。英語に堪能(帰国子女やネイティブ・スピーカーではない)で、英歌詞の歌を得意とするも、日本の文化、歴史を好み、歌詞にもその影響が多々ある。歌においては、ファルセットを多用し、音域も広い。影響を受けたアーティストは、Michael JacksonStevie WonderMAROON 5Earth, Wind & Fire桑田佳祐宇多田ヒカルゴダイゴ等多数。2017年11月発売の安室奈美恵のベストアルバム「Finally」にコーラスとして一部参加。2018年1月から、北海道FM NORTH WAVEにて、「月9ka!」のパーソナリティーを務めている。[4]
  • KAJ(カジ) - ベース、コーラス担当。加治達也。立教大学卒。大学が同じであったYudaiに誘われ、バンドに加入。作・編曲、バンドサウンドにおいて重要な役割を担うことが多い。別のバンドでボーカルやギターを担当したり、他アーティストのアレンジメント、リミックスを担当する等、マルチに活動をしている。2018年1月から、北海道FM NORTH WAVEにて、「月9ka!」のパーソナリティーを務めている。好きな食べ物はカレー。[4]
  • Yui(ユイ) - キーボード、コーラス担当。宮崎ゆい。尚美学園大学卒。地元が同じで元々友人であったYudaiに誘われ、最初にバンドメンバーとなる。幼い頃からクラシック・ピアノを習った。吹奏楽部ではクラリネット、また自身の前バンドでは、ベース・ボーカルを担当する等、マルチプレイヤーである。大学では作曲を専攻。絶対音感を持っている。
  • TAKT(タクト) - ドラム、コーラス担当。齊木拓人。吹奏楽部にパーカッショニストとして所属経験があり、エレキギターも僅かだが弾いていた。その後、専門学校でドラムを学び、サポートミュージシャンとして多数のアーティストと演奏。最も傾倒した音楽のジャンルはエモだが、カホンも演奏するなど、幅広いジャンルに対応出来る。Yudaiの前バンドthe cricketsと、TAKTがサポートしていたバンドが対バンした際、Yudaiが独特のフォームとグルーブ感のあるTAKTを一目で気に入り、kukatachii加入を打診したところ、the cricketsのファンであったTAKTは二つ返事でOKした。

旧メンバー編集

  • 田子剛(たごつよし) - ギター担当。
  • Prof. O(プロフェッサー・オー)-ギター担当。

リリース作品編集

  • 「A hurray」 - ミニアルバム
  • 「Die in the summer ft. Ryo Takahashi」 - シングル
  • 「Love today」 - デジタルEP
  • 「Business of you」- EP
  • 「Inside」- デジタルEP
  • 「Passerby」- デジタルEP
  • 「Under The Sunshine」- デジタルシングル
  • 「Hungry Tonight」- デジタルシングル
  • 「Real Things」- ミニアルバム
  • 「Incessant」- ミニアルバム

脚注編集

[ヘルプ]

[1]出れんの!?サマソニ!? 2014 演奏部門 最終ライブ審査1日目レポート

[2]「Galaxy ALL AREA PASS×getstage」コンテスト優勝者kukatachii agehaspringsによる再レコーディングの裏側に密着!」

[3]2017年フランス・ジャパンエキスポで、会場を熱狂の渦に巻き込んだ注目のバンド! 今年最もグルーヴするダンス・ライブ・バンドkukatachii、9月6日シングルリリース!

[4]月9ka!

  1. ^ a b [1]
  2. ^ a b [2]
  3. ^ a b c d [3]
  4. ^ a b c [4]

外部リンク編集