Naked Eyes』(ネイキッド・アイズ)は、杏子の1枚目のオリジナル・アルバム1992年11月1日Ki/oon Sony Recordsから発売された。

Naked Eyes
杏子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
プロデュース
チャート最高順位
杏子 アルバム 年表
Naked Eyes
(1992年)
別天地
1993年
『Naked Eyes』収録のシングル
テンプレートを表示

背景

編集

1992年1月24日に行われた渋谷公会堂でのライブを最後に、杏子が在籍していたロックバンドのBARBEE BOYSが解散し[1]、ソロデビューシングル「DISTANCIA〜この胸の約束〜」をリリースした直後に発表されたオリジナル・アルバムである。

BARBEE BOYSが解散後、バンドを失い不安だったことから、OLに戻るつもりだったが、森川欣信が「新しい事務所をつくって、ライブをやろうぜ!」と誘いを受けたことから、個人事務所であるオフィスオーガスタを設立と同時に、ソロとしての活動を開始することとなった。後に、杏子は「私がたまらなくライブが好きなことを見透かされていたと思います」と語っている[2]。ただ、ソロデビューシングルがヒットしたことで「当時はロックシンガーとしての魂を売ったようなとらえ方もされた」という[2]

リリース

編集

1992年11月1日Ki/oon Sony Recordsから、CDのみでリリースされた[3]

批評

編集
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[4]

CDジャーナルは、「ブックレットから読み取れる都会の気だるさが、そのまま音源化されたと解釈できる内容だ」と分析した上で、「行く宛のない傷ついた女性の哀しみを表現できるシンガーに成長したんですね」と肯定的に評価している[4]

収録曲

編集
CD
全作詞: 杏子、全編曲: Kyoko & THE BACUUMERS、ストリングスアレンジ: 森英治
#タイトル作詞作曲時間
1.夜の非常識杏子大平太一
2.遺伝子の宿命杏子中川進
3.DISTANCIA〜この胸の約束〜杏子玉置浩二
4.シーツの中でSHI!SHI!SHI!杏子川上シゲ
5.二番目に愛されて杏子大沢誉志幸
6.ビデオと不眠症とPOSY RING杏子水島康宏
7.彼女の事故アクシデント杏子NURK TWINS
8.MISS YOU杏子川上シゲ
9.なし崩しの週末(Deep Re-Mix)杏子面輪かりお
10.Down Town Christmas杏子大平太一
合計時間:

参加ミュージシャン

編集

THE BACUUMERS are

Thanks to Musicians

  • 馬場“BaBiちゃん”一嘉 : Electric Guitars (Track-7)
  • 東純二 : Bass (Track-3.4.8&9)
  • 喜多山“GAT-CHAN”信 : Acoustic Guitars (Track-3)
  • 河野道生 : Drums (Track-4)
  • HOWACHO : Percussions (Track-3.4.8)
  • 片山広明 : Tenor Sax (Track-4)
  • Lion Merry : Piano (Track-7), Organ (Track-6)
  • 間宮工 : Electric Guitars (Track-10)
  • Dr. Francis O' Boogies : Corus & Programmong
  • 金子飛鳥カルテット : Strings (Track-8&9)
  • 斉藤ネコストリングス : Strings (Track-2&10)

タイアップ

編集
# 曲名 タイアップ 出典
3 DISTANCIA〜この胸の約束〜 銀座ジュエリーマキ カメリアダイヤモンド TV-CFイメージソング [5]

脚注

編集

外部リンク

編集