メインメニューを開く

Tポイント×ENEOSゴルフトーナメントは、2010年よりTポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、株式会社Tポイント・ジャパン[注 1]、CCCマーケティング株式会社[注 2]及びJXTGエネルギー株式会社[注 3]主催、日本女子プロゴルフ協会公認の女子プロゴルフトーナメントとして開催されている。2019年現在、賞金総額1億円、優勝賞金1800万円[1]2011年東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で中止となっている[2]

Golf pictogram.svgTポイント×ENEOSゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2010年
開催地 大阪府(2018年 - )
開催コース 茨木国際ゴルフ倶楽部
(2018年 - )
基準打数 Par71(2019年)[1]
ヤーデージ 6219Yards(2019年)[1]
主催 株式会社Tポイント・ジャパン
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
CCCマーケティング株式会社
JXTGエネルギー株式会社
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億円(2019年)[1]
開催月 3月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 202 日本の旗 一ノ瀬優希(2013年)
202 日本の旗 菊地絵理香(2017年)
通算スコア -14 同上
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 上田桃子(2019年)[1]
テンプレートを表示

2010年大会から2013年大会までは鹿児島県姶良市蒲生町にある鹿児島高牧カントリークラブで、また2014年2015年佐賀県武雄市にある若木ゴルフ倶楽部で開催され、2016年は再び鹿児島高牧カントリークラブで、2018年からは大阪府茨木市の茨木国際ゴルフ倶楽部に舞台を移して開催されている。

歴代優勝者編集

開催年 開催回 優勝者 スコア 備考
2010年 第1回   北田瑠衣 -8
2011年 第2回 東日本大震災の影響で中止[2]
2012年 第3回   李知姫 -7
2013年 第4回   一ノ瀬優希 -14
2014年 第5回   森田理香子 -8
2015年 第6回   飯島茜 -3 全美貞との6ホールに渡るプレーオフを制す[3]
2016年 第7回   大江香織[4] -7
2017年 第8回   菊地絵理香[5] -14
2018年 第9回   鈴木愛[6] -8 初日が天候不良のため中止。2日間36ホールに短縮[7]
2019年 第10回   上田桃子[1] -6 この年からTポイント×ENEOSゴルフトーナメントの大会名で施行。

中継編集

テレビ中継はテレビ朝日の制作で放送されている。なお本大会後援団体の一つである系列局の鹿児島放送は、九州朝日放送と共に技術協力扱いとなった。

またスカイAが『スカイA ゴルフシリーズ』(2016年から。2015年までは『全部見せます!ゴルフシリーズ』のタイトルで放送)で午前中(アウト9ホール)の模様を生中継しているほか、CSゴルフ専門チャンネルゴルフネットワークでも放送される。なお2012年まではBS朝日でも地上波中継を同日時差ネットし、2015年以降はCS、BS、地上波とのリレー中継形式を取っている。

2014年と2015年大会は佐賀県で開催されたが、地元唯一の民放局であり、かつ特別協力社として参加しているサガテレビフジテレビ系列)では、テレビ朝日/ANN・フジテレビ/FNS間の調整が不調に終わり放送を見送った。ただし佐賀県内ではほぼ全域で九州朝日放送などのテレ朝系が視聴可能となっている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2013年より主催に加わる。
  2. ^ 2017年より主催に加わる。
  3. ^ 2019年より主催に加わる。

出典編集

  1. ^ a b c d e f “上田桃子が大逆転で2年ぶりV 3打差ひっくり返す”. nikkasports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年3月24日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201903240000401.html 2019年3月24日閲覧。 
  2. ^ a b 『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』 開催中止のお知らせ - 日本女子プロゴルフ協会ニュースリリース 2011年3月16日閲覧
  3. ^ 国内女子「史上最長プレーオフ」で飯島茜が優勝 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年3月22日閲覧。
  4. ^ 大江、4季ぶりの通算2勝目!イ・ボミ、彩香らが1差2位 - スポニチアネックス、2016年3月20日閲覧
  5. ^ 菊地絵理香がトーナメントレコードの通算14アンダーで完全優勝 イ・ボミは15位/国内女子 - サンケイスポーツ、2017年3月19日閲覧
  6. ^ 鈴木愛8アンダーで今季初V 初日から首位譲らず - 日刊スポーツ、2018年3月18日配信、同日閲覧
  7. ^ 女子ゴルフ中止 菊地「ここまでの強風になるとは」 - 日刊スポーツ、2018年3月16日配信、2018年3月18日閲覧

参考編集

外部リンク編集