メインメニューを開く

TENGA(テンガ)とは、株式会社典雅が販売するマスターベーション関連商品のブランド名である。

目次

概要編集

ブランドコンセプト編集

TENGAのブランドコンセプトは「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」であり[1][2]、性的なことや製品に対する「うしろめたい」「あやしい」「いやらしい」というイメージを払拭して、性に対する意識を変えることを目指す[2]。それを果たすため、従前の類似品にはなかった「一般性の獲得」[3]「機能とデザインの融合」[4]を目標としている。

一般性の獲得編集

通常の工業製品同様、製品を用いることへの心理的ハードルを下げ、「その製品を使うことは普通のこと」とみなされるようになるという一般性の獲得を目指す。したがって、従来の同種製品のように、女性器の形を模したプロダクトデザインや、卑猥な言葉や裸の女性の画像が表示されたパッケージデザインなど、「自慰は卑猥で猥褻なことだから、より猥褻な気持ちになって使って下さい。」というメッセージを発したり、卑猥でアンダーグラウンドなイメージを付加するようなデザインやマーケティングは行わない[注 1][5][6][7]

機能とデザインの融合編集

従前の同種製品とは異なり、女性器の模倣ではなく、マスターベーションの目的を果たすのに最適な機能を追求し、それに合ったデザインを目指している。デザインを優先するために機能が損なわれることや、その逆を避け、「見た目が決して卑猥ではないこと」「フォルムがきれいなこと」「機能性」を鼎立させたデザインを目標としている[8]アップル製品のように、用途について細かな説明のいらない、世界でも受け入れられるようなユニバーサルデザインとすることも目標とされている[9]

このようなTENGA製品のデザインは高く評価されており、2006年にはグッドデザイン賞の一次審査を通過[10]、また2012年にはホールシリーズの3D SPIRALが[11]、2017年にはSVRがirohaとともに[12][13]、2018年にはMOOVAが[14]レッドドット・デザインアワードをそれぞれ受賞している。

「TENGA」の由来編集

「新しい発想でハイクオリティなものづくりをして、モノのあり方を変える」という思いから、敢えて、従前のアダルトグッズのイメージとは異なり、和服日本舞踊などに対する褒め言葉として用いられる「典雅」の語がブランド名に採用されている[15]

歴史編集

開発への決意編集

現在の株式会社典雅代表取締役社長松本光一は、専門学校卒業後、輸入車のディーラー、クラシックカー整備会社を経て、国産中古車のセールスを行っていた。セールス自体は順調ではあったものの、クラシックカー整備会社時代に芽生えた「モノづくりをしたい」「新しいものを生み出したい」という思いが満たされない状態が続いていた[6][16]

松本はそうした思いを抱えながら、ある日アダルトグッズショップに入店し、陳列されたアダルトグッズを見て、通常の製品にはあるような製造元表示や問い合わせ表示などがないこと[17]、デザインに進歩がないこと、製品説明を含め消費者向けの情報整理がなされていないことなどに疑問を持った[18][6][7]。さらに、何より、通常の製品は一般性の獲得を目指すにもかかわらず、アダルトグッズのプロダクトデザインやパッケージデザインはそれとは逆で、「自慰は卑猥で猥褻なこと」という前提を置き、その製品を使うことが特殊なことであるかのような売り方をしていることに、強い違和感を持った[5][6][7]。この違和感を元に、松本は、入店後即座に「一般プロダクトとしてのアダルトグッズ」を製造することを決意した[19][6][7]

開発期間編集

松本は当時勤めていた会社を退職し、貯金を元手に自主制作を始め、早朝から深夜まで、資金繰りの不安に耐えながら、既製品を購入して分解し構造を分析したり、試作品を作って友人に試用させ感想を聞いたりといったことを2年近く繰り返した[20][6][21]。例えば形状・サイズについては多くの人の手に取りやすいペットボトルを参考に、また内部の圧力については部位によって締め付けが異なる女性用加圧ストッキングを参考にするなどして、改良を重ね、現在の製品にある機能の大枠を備えた試作品を完成させた[22]

既存のアダルトグッズ販路に自らの製品を載せるつもりのなかった松本は、この試作品ができた段階で、当時ソフト・オン・デマンドの代表取締役社長だった高橋がなりプレゼンテーションを行い、好評価を得た[23]。それ以降も、製造を引き受けてくれる金型工場が見つからないなどの困難はあったが[24]、ソフト・オン・デマンドの協力のもと、量産体制の構築と、機能・形状・デザインの仕上げを行うことができた[25][6]

発売と発展編集

2005年7月7日に「TENGA」ブランドのもと5種類のカップシリーズのオナホールが発売された[26][27]。発売当初のキャッチコピーは「オナニーの未来が、やってきた」とし、「オナニーは決して卑猥なことでも、後ろめたいことでもない。誰もがするごく当たり前で健全なこと」というメッセージを打ち出した[28]

製品は人気となり、通常この種の製品は5,000個売れればヒット商品と言われるところを、発売前に既に5万個の予約が入り、発売初月で10万個、発売後1年で100万個が販売された[29][30]

海外進出編集

2007年に日本国外での販売が開始された。2018年現在、海外拠点をアメリカ中国ドイツ韓国台湾に設け、60ヵ国以上の国と地域で製品を販売しており、世界で累計7,000万個を売り上げている[31]

主なラインナップ編集

2018年12月現在、以下のようなラインの製品が販売されている[32]

CUP カップシリーズ編集

 
ディープスロートカップ。右にあるのは内部の構造を模擬した透明模型

2005年の発売時から存在するシリーズで、本体は円筒形である。ローションを内蔵した1回使い切り型となっている。下記のほか、SEASONALとしてメントール配合のCOOLおよび発熱ユニット内蔵のHOTも販売されている。

  • STANDARD:TENGAシリーズの基本となる製品である。商品パッケージの色は赤。
  • SOFT:柔らかな使用感の製品である。商品パッケージの色は白。
  • HARD :強い刺激を与える製品である。商品パッケージの色は黒。
  • PREMIUM:本体素材およびローションを高品質なものとし、内部ディテールを改良した高級仕様の製品である。
  • ROLLING TENGA:回転刺激に特化した製品である。
  • SD TENGA:先端刺激に特化した製品である。
  • U.S. TENGA:サイズアップによる吸引刺激に特化した製品である。

EGG エッグシリーズ編集

 
EGGシリーズ

2008年発売のシリーズで、本体は卵型であるが、超ストレッチ素材のエラストマーが用いられており、用途に応じ伸ばして使用する。ローションを別添した1回使い切り型となっている。

エラストマーの弾力性に応じ、STANDARDシリーズおよびHARD GELシリーズに分けられている。内部ディテールは製品の種類ごとに異なっており、18種類の製品がある。

POCKET ポケットシリーズ編集

 
POCKETシリーズ

エッグシリーズ同様、ローションを別添した1回使い切りで、薄くした軟質素材を用いた小型の携帯用製品となっている。素材硬度と内部ディテールに応じ、3種類の製品がある。

Keith Haring キース・ヘリングシリーズ編集

外観や内部ディテールにキース・ヘリングのアート作品のモチーフを用いたシリーズであり、カップシリーズ2種類・エッグシリーズ3種類が作成されている。売り上げの一部は公益財団法人エイズ予防財団に寄付される[注 2]

HOLE ホールシリーズ編集

 
フリップホールの外観(収納時)
 
フリップホールの留め具を外し、開いた状態。セットに付属する3種類のローションとマニュアルも見える

洗浄・乾燥して繰り返し使用できることが特色である。

  • SPINNER:スピンギミックによる捻り刺激に特化したシリーズである。
  • MOOVA:軟質素材と螺旋の内部ディテールにより、密着した回転刺激に特化したシリーズである。
  • TENGA 3D SPIRAL:通常は内部にあるディテール面を外側にデザインしたことで(使用時は裏返す)、洗浄後の乾燥を容易にしたシリーズである。
  • FLIP HOLE:洗浄しやすいよう二つに大きく開くことのできるフリップスタイルを採用した製品である。
  • FLIP 0(ZERO):カップシリーズのPREMIUMと同じ素材を用いている。またフリップスタイルを採用していることに加え、保管ケースを付属させるなど衛生面を改良した製品である。
  • FLIP ORB:こちらもフリップスタイルを採用した製品であり、軟質素材のゲル内部に異素材を複数埋め込むことで使用感を改良し、また本体にくびれをつけ手で持ちやすくした製品である。

オプショナルアイテム編集

 
オプション(バキュームコントローラー)
  • GYRO ROLLER:TENGAカップシリーズ専用の電動ローリングコントローラである。ROLLING TENGA GYRO ROLLER CUPシリーズとの併用が推奨されている。
  • Vacuum Controller:TENGAカップシリーズ専用の電動バキュームマシーンである。バキューム対応カップとの併用が推奨されている。
  • HOLE WARMER:酢酸ナトリウム過冷却反応を用いてカップ内部を温める器具である。

ローションシリーズ編集

素材や使用感などに応じ、アダルトグッズ用のものと、対人用のものを合わせて4種類が販売されている。

バイブレーターシリーズ編集

 
バイブレーターシリーズ(SVR)

カップル向けのバイブレーターシリーズ。

  • SVR:充電式小型バイブレーター。シリコン素材で、片端に伸び縮みするリングが備え付けられており、指や陰茎に装着することができる。丸洗いが可能である。
  • SVR PLUS:上記SVRのモーターを強化した製品である。
  • Delta:スタンディングタイプの小型バイブレーター。先端の角度を変えることができる。
  • VI-BO:モーターが内蔵されたベース・ボールと、形状の異なるカバーを組み合わせた製品である。丸洗いが可能である。

コンドーム編集

TENGAオリジナルのコンドーム製品で、缶バッジのようなデザインの円形パッケージで包装されている[33]

飲料シリーズ編集

TENGAオリジナルのエナジードリンク製品である[34]

  • メンズチャージ:アルギニンシトルリン、亜鉛酵母などを配合した、ゼリータイプのパウチ飲料である。
  • ナイトチャージ:肝臓エキス、マカウコンを配合した、フルーツフレーバーの炭酸エナジードリンクである。女性もターゲットとされている。

TENGAオフィシャルグッズ編集

「LOVE ME TENGA」ロゴその他TENGAロゴや漫画家のイラストをあしらった衣類、帽子、トートバッグ、文房具などが販売されている。

TENGAロボ ロボシリーズ編集

TENGA カップシリーズを模したデザインのロボットのフィギュアである。手足や顔を胴体部に押し込むと、TENGAカップと同様の外観になる。

販路・店舗展開編集

TENGAは、発売初年度でのヒットおよび卑猥さのないデザインにより、アダルトショップのみならず、量販店、雑貨店、ドラッグストアなどでも広く取り扱われている[35]。また、Amazonその他のオンラインショップにも販路が展開されている[36]

TENGA固有の販路としては以下が挙げられる。

  • TENGA OFFICIAL ONLINE STORE:株式会社典雅が直営するオンラインショップである。
  • TENGA SHOP/TENGA VILLAGE:量販店などの店内に、TENGAがプロデュースした特設コーナーとして設置されているスペースであり、TENGA製品を購入することができる。ヴィレッジヴァンガード内に設けられたものを特にTENGA VILLAGEとしている。

姉妹ブランド編集

  • Iroha:女性向けのマスターベーショングッズブランド。
  • TENGAヘルスケア:性機能サポート(主に射精障害の改善)用のオナホールや、妊活サポートのためのサプリメントや精液運搬用保温器などを販売するブランド。

社会との関係編集

医学研究における利用編集

射精障害治療編集

TENGAカップは、医療現場において射精障害の患者のリハビリツールとして用いられてきた。射精障害は圧力をかけすぎるなどの誤ったマスターベーションにより生じる例が多いため、弱い圧力でも射精が可能になるようマスターベーションの方法を矯正することにより改善することが見込まれる。具体的には、ハード、スタンダード、ソフトの順でTENGAカップシリーズを用いさせ、患者を弱い圧力に慣れさせるという方法が用いられている[37][38][39]

医療関係者からは、TENGAカップは一般の雑貨店で購入可能なこと、グリップ圧を一定に保ちやすいこと、ハード・スタンダード・ソフトの3種類があり圧力を調整しやすいこと、1回使い切りのため清潔であること、医療現場でも受け入れやすいデザインになっていること、製造元・販売元表示が明記されているために安心感があることなどが、TENGAカップを採用した理由としてあげられている[38][39]

前立腺摘出手術後の勃起障害治療編集

前立腺摘出手術後に、勃起障害を生じる例がある。内服薬を服用した後にTENGA製品を用いて性的な刺激を与えることにより、勃起障害を改善することが見込まれる。特に勃起障害のある患者については、勃起が不十分な状態でも用いることのできるエッグシリーズが用いられる例がある[40][41]

高齢者向け施設における利用編集

高齢者向けのデイサービス等の施設において、特に入浴介助の場面などで、高齢者である利用者からスタッフがセクシュアルハラスメントの被害を受ける事例が報告されている。そのため、仮に性欲への適切な対処がなされていれば、こうした加害が減少するのではないかという仮説に基づき、TENGA製品を施設内売店で販売することを決定した施設もある[42][43]

社会貢献活動編集

障害者支援編集

手に障害がありマスターベーションを行うことができない身体障害者のために、作業療法士とTENGA用の自助具(カフ)を共同開発し、売り上げの一部を身体障害者支援のために用いている。また、身体障害者のセクシャリティに関する支援を行う団体である特定非営利活動法人ノアールへの継続的な支援を行っている[44][45]

清掃活動編集

特定非営利法人海さくらと共同し、江ノ島で、ゴミ袋一袋分のゴミを回収すればTENGA製品と交換できるという「18禁ゴミ拾い」を[46]、新宿二丁目でレインボーゴミ拾いを[47]、それぞれ開催し、また継続的に不燃ゴミ袋の提供を行っている[48]

レインボープライドへの協賛編集

2013年以降レインボープライドへの協賛を行い、またレインボー柄の限定デザインのTENGAカップを製作、売り上げの一部をセクシュアルマイノリティ支援の活動に寄付している[49]

アスリートへのスポンサーシップ編集

TENGAブランドのもと、2018年12月現在、以下のアスリートへのスポンサーシップを行っている[50]

偏見との戦い編集

マスターベーション関連商品という製品の性質上、TENGAは度々偏見にさらされてきた。例えば、2006年にグッドデザイン賞の1次審査を通過した際は、2次審査向けの展示会に向けて多額の費用をかけて準備をし、主催者からも展示案に承諾を得ていたにも関わらず、展示会前日になって「審査はするが展示を認めない」と通告され、TENGA側がこれに応じず展示を行ったところ、展示会の初日開始後わずか3時間で展示を撤去された[51]。その後、「審査委員長が総合的に最終判断」した結果という理由づけで審査対象からも外されている[52]

また、広報担当の従業員が、SNSにおいて卑猥な言葉を投げかけられたり、匿名掲示板で性的に揶揄されるといった、セクシュアルハラスメントの被害に遭うという事例も報告されている[53][54]

TENGAが登場する作品編集

漫画・アニメ編集

  • みんな!エスパーだよ!」:突然超能力が芽生えた日本の地方の男子高校生を主人公とするSFコメディ漫画。登場人物の1名は他者の超能力を奪って使用するという能力を有しているが、奪った能力はTENGA製品を模した物体として有形化する。
  • 「TENGIRLS」:TENGAを擬人化した漫画。漫画作者はブッチャーUでTENGA公式のインターネットコミック。都市にはびこる凶悪犯罪や未曾有の事故に、TENGA製品をモチーフにデザインされた少女らが立ち向かうというストーリーになっている。

映画編集

  • 「みんな!エスパーだよ!」:株式会社典雅が特別協賛しており、挿入歌として「LOVE ME TENGA」が用いられる。

音楽編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ TENGAが製品の形を女性器に近付けなかったり、パッケージに女性の画像を用いたりしなかったことは、ゲイの消費者からの好印象を獲得しやすくするという効果ももたらした。
  2. ^ 2010年から2012年までは、RESPECT YOURSELF PROJECTと銘打って、他のデザイナーの協力を得て、コラボレーション製品の売り上げをエイズ予防財団に寄付するプロジェクトが存在していた

出典編集

  1. ^ 荻上チキ 2016, 2190/2704.
  2. ^ a b TENGA コンセプト”. 株式会社典雅. 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ 荻上チキ 2016, 1914/2704.
  4. ^ 荻上チキ 2016, 1970/2704.
  5. ^ a b 荻上チキ 2016, 2031/2704.
  6. ^ a b c d e f g TENGA、革命的アダルト神器はいかに誕生?“血のにじむような”開発、世界中で大ヒット”. Business Journal (2015年5月16日). 2018年12月16日閲覧。
  7. ^ a b c d 【60億人に悦びを TENGAの未来図】アダルトショップで発見した未開拓市場 入店15分で「この業界ならいける」”. ZAKZAK. 夕刊フジ (2018年11月8日). 2018年12月31日閲覧。
  8. ^ 荻上チキ 2016, 1965-1970/2704.
  9. ^ 荻上チキ 2016, 2154-2168/2704.
  10. ^ 佐藤雅信 (2006年8月1日). “グッドデザイン賞”. TENGA OFFICIAL BLOG. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  11. ^ TENGA 3D SPIRAL”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  12. ^ SVRとiroha+が『レッドドット・デザインアワード プロダクトデザイン2017』W受賞!”. 株式会社典雅 (2017年4月26日). 2018年12月21日閲覧。
  13. ^ Red Dot Design Award: TENGA SVR”. Red Dot. 2018年12月21日閲覧。
  14. ^ Masturbator - TENGA FLEX”. Red Dot. 2018年12月21日閲覧。
  15. ^ 荻上チキ 2016, 2145/2704.
  16. ^ 荻上チキ 2016, 1996/2074.
  17. ^ 荻上チキ 2016, 2011/2704.
  18. ^ 荻上チキ 2016, 2016/2704.
  19. ^ 荻上チキ 2016, 2036/2704.
  20. ^ 荻上チキ 2016, 2036-2051/2704.
  21. ^ 荻上チキ 2011, pp. 202-203.
  22. ^ 荻上チキ 2016, 2066-2076/2704.
  23. ^ 荻上チキ 2011, p. 204.
  24. ^ 荻上チキ 2016, 1937/2704.
  25. ^ 荻上チキ 2016, 2056-2066/2704.
  26. ^ 荻上チキ 2011, p. 189.
  27. ^ 荻上チキ 2011, p. 197.
  28. ^ 荻上チキ 2016, 2096-2101/2704.
  29. ^ 荻上チキ 2011, p. 190.
  30. ^ 荻上チキ 2016, 1912-1917/2704.
  31. ^ 黒羽幸宏 (2018年8月5日). “TENGAの世界戦略キーマンは日英ハーフ部長「目標は英国BBCや米国ABCにTENGAを露出させること」”. 週プレNEWS. 集英社. 2018年12月21日閲覧。
  32. ^ PRODUCTS”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  33. ^ TENGA ORIGINAL CONDOM”. 2018年12月21日閲覧。
  34. ^ TENGA DRINK SERIES”. 2018年12月21日閲覧。
  35. ^ 荻上チキ 2016, 2180/2704.
  36. ^ SHOP LIST”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  37. ^ 医療現場でのTENGA活用例”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  38. ^ a b 小堀, 善友、佐藤, 両、芦沢, 好男、八木, 宏、宋, 成浩、新井, 学、岡田, 浩「射精障害患者に対する Masturbatorを用いたリハビリテーション」『日本性機能学会雑誌』第24巻第3号、2009年12月30日、 355-357頁、 ISSN 13458361
  39. ^ a b 小堀, 善友、青木, 裕章、西尾, 浩二郎、佐藤, 両、芦沢, 好男、八木, 宏、宋, 成浩、新井, 学 et al.「膣内射精障害患者に対するマスターベーションエイドを用いた射精リハビリテーション」『日本泌尿器科学会雑誌』第103巻第3号、2012年5月、 548-551頁、 doi:10.5980/jpnjurol.103.548ISSN 00215287
  40. ^ 今井伸; 吉田将士、米田達明、工藤真哉 (2011). 男性不妊・性機能外来におけるMasturbator(TENGA)の臨床的使用経験 (Report). p. 30. 日本性機能学会中部総会プログラム・抄録集. https://tenga-group.com/pdf/masturbator_01.pdf 2018年12月21日閲覧。. 
  41. ^ 今井, 伸、吉田, 将士、米田, 達明、工藤, 真哉「前立腺全摘後の陰茎リハビリテーションにおけるMasturbator(EGG)の使用経験」『日本性機能学会雑誌』第27巻第1号、2012年6月30日、 63頁、 ISSN 13458361
  42. ^ “大人向けグッズ界のパイオニア「TENGA」介護現場に参入した意図”. NEWSポストセブン. (2018年2月1日). http://news.livedoor.com/article/detail/14241446/ 2018年12月21日閲覧。 
  43. ^ “【60億人に悦びを TENGAの未来図】高齢者の介護現場でも注目の「セクシャルウェルネス」”. ZAKZAK. (2018年12月13日). https://www.zakzak.co.jp/lif/news/181213/lif1812130001-n1.html 2018年12月21日閲覧。 
  44. ^ 身体障害者支援活動について”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  45. ^ 野村昌二 (2018年5月27日). “キスを手助け「添い寝介助」に見る「障害者の性問題」の本質”. AERA.dot. 2018年12月21日閲覧。
  46. ^ “18禁ゴミ拾いに300人 海さくら (株)TENGAと”. タウンニュース社. (2014年10月3日). https://www.townnews.co.jp/0601/2014/10/03/254112.html 2018年12月21日閲覧。 
  47. ^ 5/30(水) 「新宿二丁目レインボーゴミ拾い supported by TENGA」開催(主催:二丁目海さくら)”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  48. ^ 海さくらのゴミ袋”. 海さくら. 2018年12月21日閲覧。
  49. ^ 森駿介 (2018年5月4日). “「女性器の代わりではない」TENGAが製品に込めた想い”. BUZZFEED. https://www.buzzfeed.com/jp/shunsukemori/love-me-tenga 2018年12月21日閲覧。 
  50. ^ ATHLETES”. 株式会社典雅. 2018年12月21日閲覧。
  51. ^ “グッドデザイン賞アダルトグッズはNo!1次突破も… 開発者怒り心頭「ものづくりへの思い踏みにじる行為」”. ZAKZAK. 産経デジタル. (2006年8月25日). オリジナルの2006年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060901235423/http://www.zakzak.co.jp/top/2006_08/t2006082535.html 2018年12月21日閲覧。 
  52. ^ 審査対象外商品について(2006.8.28)”. Good Design Award. 2006年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  53. ^ 生田綾 (2018年11月21日). “性の話をしたら「ボディタッチやセクハラOK」? それはおかしい。TENGA広報が目指す世の中”. HUFFPOST. https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/21/tenga-interview_a_23596558/ 2018年12月21日閲覧。 
  54. ^ 新R25編集部 (2018年5月8日). ““オカズにされる状況”に逆に燃えた。TENGA広報・工藤まおりが選んだ「欲望に忠実な人生」”. 新R25. 2018年12月21日閲覧。
  55. ^ ケンコバが低音で「TENGA」繰り返す、餓鬼レンジャーの新曲「神の穴」”. お笑いナタリー (2015年7月22日). 2018年12月21日閲覧。

参考文献編集

  • TENGA研究会 『TENGA論:マスターベーションを解放した男たち』 竹書房、2011年。ISBN 978-4812439050 
  • 荻上チキ『セックスメディア30年史ー欲望の革命児たち』筑摩書房、2011年。ISBN 978-4-480-06606-0
    • (Kindle版)荻上チキ『セックスメディア30年史-欲望の革命児たち』筑摩ebooks、2016年2月3日、初版。

関連項目編集

外部リンク編集