聖飢魔II > 聖飢魔IIの教典一覧 > THE OUTER MISSION

THE OUTER MISSION』(ジ・アウター・ミッション)は、聖飢魔IIの5枚目の大教典[1]

THE OUTER MISSION
聖飢魔II大教典
リリース
録音 魔暦紀元前11年(西暦1988年)7月~10月
ジャンル
時間
レーベル FITZBEATCBSソニー
プロデュース 聖飢魔II, 土橋安騎夫
チャート最高順位
聖飢魔II 年表
BIG TIME CHANGES
(1987年)
THE OUTER MISSION
(1988年)
WORST
(1989年)
『THE OUTER MISSION』収録のシングル
  1. WINNER!
    リリース: 魔暦紀元前11年(1988年)10月21日
テンプレートを表示

前作『BIG TIME CHANGES』と今作『THE OUTER MISSION』との間には「STAINLESS NIGHT」と「WINNER!」の2枚の小教典がリリースされたが、前者は今作には収録されておらず、次の『WORST』にリミックスされたバージョンが収録された。

魔暦15年(2013年)4月10日Blu-spec CDでリマスター盤が発布された。

編集

最高の自信作。壮大な宇宙への新たなる挑戦。

収録曲編集

  1. OVERTURE ~ WINNER! (作詞: デーモン小暮、作曲:SGT. ルーク篁III世、編曲: 聖飢魔II土橋安騎夫
    「WINNER!」の大教典バージョン。小教典バージョンとは違い、大教典のイントロダクションである「OVERTURE」と連続して収録されている。
  2. LOVE FLIGHT (作詞: デーモン小暮、BOB DYER、作曲: デーモン小暮、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
    ライオン サウンドNo.17・聖飢魔IIの電波帝国」(文化放送NRN系列各局ネット)2代目オープニングテーマ曲(鈴木敏夫特派員期)
  3. RATSBANE (作詞・作曲: SGT. ルーク篁III世、編曲: 聖飢魔II)
    「聖飢魔IIの電波帝国」初代オープニングテーマ曲(竹内靖夫特派員期)
  4. 害獣達(けものたち)の墓場(作詞: デーモン小暮、作曲:エース清水、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
    パーカッション中島オバヲが参加。
    「WINNER!」のB面曲。
  5. RENDEZVOUS 60 MICRONS' (作詞: デーモン小暮、作曲: エース清水、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
  6. THE EARTH IS IN PAIN (作詞: デーモン小暮、作曲: SGT. ルーク篁III世、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
  7. LUNATIC PARTY (作詞: デーモン小暮、作曲: エース清水、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
  8. 5000光年の彼方まで (作詞: デーモン小暮、作曲: ゼノン石川、デーモン小暮、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
  9. 不思議な第3惑星 (作詞・作曲: デーモン小暮、編曲: 聖飢魔II、土橋安騎夫)
    サビにある「第3惑星」以外は全て英語で歌われている。ブックレットには和訳も掲載され、サビの「第3惑星」は「The 3rd planet」と逆に英語表記となっている。なお歌詞は全編に渡って、英語の発音がおかしな日本語に聞こえる「空耳」が仕掛けられており[2]、終盤の歌詞にはそのことに対するメタ発言も盛り込まれている。
  10. THE OUTER MISSION(作詞: デーモン小暮、作曲: エース清水、編曲:聖飢魔II、土橋安騎夫)
    ナレーションNOKKOが参加。

関連小教典(シングル)編集

  • WINNER! (B.D.11年(1988年)10月21日発布) (c/w 害獣達の墓場)

演奏者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、リリース当時、デーモン小暮のオールナイトニッポンでは「これは教典ではなく『アルバム』である。」と発言している。同様に「WINNER!」も教典ではなく『シングル』。
  2. ^ 英語が日本語に聞こえる仕掛けは、前々作『地獄より愛をこめて』に収録されている「APHRODITE」で初採用されているが、その時は歌詞の一部だけであった。