メインメニューを開く

THE SIXTH LIE

エレクトロ・ロックバンド

THE SIXTH LIE(ザ シクスライ)は、2015年に東京で結成された日本の4人組エレクトロ・ロックバンド。単称「T6L」。最先端のトレンドを取り入れたサウンドと、近未来をイメージさせる世界観が特徴で国内外をボーダレスに活動している。2018年6月にTVアニメ『ゴールデンカムイ』第1期エンディングテーマ「Hibana」をリリースし、iTunesチャートアニメ部門で1位を獲得した。

THE SIXTH LIE
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル エレクトロ・ロック
電子音楽
ダブステップ
エレクトロニック・ダンス・ミュージック
ヘヴィロック
エレクトロニカ
活動期間 2015年 - 現在
レーベル audio AVANT-GARDE (2016年-)
事務所 euclid agency
公式サイト thesixthlie.jp
メンバー Arata(ボーカル
Reiji(ギター
Ryusei(ベース
Ray(ドラムス

目次

メンバー編集

Arata(アラタ):ボーカル
邦楽、洋楽問わずロックやEDMを好み、幅広い音楽に精通している。3オクターブもの広いボイスレンジを生かしたクリアなボーカルが特徴。初期の楽曲の作曲を務める。ライブではキーボードを弾くこともある。
小学校中学校とサッカーに打ち込み、高校大学では長距離ランナーとして箱根路を目指したアスリート。熊本県出身。
バンド加入の際、「まずはカフェで話でも」と誘ったReijiとRayに対し、「自分の歌を聴いてほしい」とカラオケを集合場所に指定したという逸話があるが、本人は覚えていない[1]
Reiji(レイジ):ギター、プログラム、キーボード
最先端の洋楽から影響を受けたハイブリッドなサウンドを武器に、全曲の作曲・アレンジを務める。バンド最初期からのオリジナル・メンバーの一人である。アルペジオを多用したクリーンギターが特徴的であるが、曲によってはヘビーなリフを弾くこともある。
中学校時代にバレーボール群馬県代表としてジュニアオリンピックに出場。高校時代には群馬県代表としてインターハイ出場。さらに春高バレー全国大会出場を目指すが惜しくも決勝戦で敗退。身長181cm。
また、スマホゲーム「アヴァベルオンライン」の元日本一である。2018年1月8日に開催されたeスポーツの芸能事務所対抗大会、「第1回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」のクラッシュ・ロワイヤル部門で優勝した[2]
Ray(レイ):ドラムス
全曲の作詞と、全ミュージックビデオ・ライブ映像などの監督・編集を務める。他アーティストの映像を制作することもある。また、CDのジャケットデザインもRayの手によるものである。
現役の東京大学大学院修士2年生であり、ドローン人工知能の研究を行っている。Reijiと共にバンド最初期からのオリジナルメンバーである。
70年代のプログレッシブ・ロックを好み、手数の多いドラムフレーズにその趣向を見ることができる。曲によってはシンセドラムパッドを叩いて、エレクトロなバンドのサウンドに華を添えることもある。
Ryusei(リュウセイ):ベース
ロック・EDM・ファンクを好み、スタイリッシュで体が勝手に動く・踊れるベースサウンドを目指している。バンドのマスコット的な役割を担い、ファンの間では神対応と評判である。
現役の明治大学大学生で英語が堪能。184cmと高身長、過去にはモデル経験もある。
Red Hot Chili Peppers 4枚目のアルバム「Mother's Milk」がベーシストのルーツで、尊敬するベーシストはRed Hot Chili PeppersのFlea、影響を受けたサウンドはArctic Monkeys。

来歴編集

2015年
  • 前身となるバンドから数度のメンバーチェンジを経て、現在のメンバー編成となる。
  • 11月、「Wake Up Your Fire」のMVを公開、その近未来的なエレクトロ・サウンドとRayが監督・編集を務めた映像が業界内で高い評価を得る。
2016年
  • 5月、euclid agencyと契約。
  • 9月7日、1stアルバム「INTEGRAL」をリリース。
  • 10月16日、初ワンマンライブ「LIVE INTEGRAL ver.1.0」を渋谷CYCLONにて開催。
  • 11月5日、SLIPKNOT主催のロック・フェスティバル「KNOTFEST JAPAN 2016」のオープニングアクトに大抜擢され[3]、SLIPKNOT・DEFTONESDISTURBEDhoobastank・ISSUES・SiMRIZEROTTENGRAFFTYOLDCODEXcoldrainCRYSTAL LAKEなどと共に2万人の前でパフォーマンスを行った。
2017年
  • 1月25日、2ndアルバム「DIFFERENTIAL」をリリース。前作と対になる世界観・アートワークと、世界基準のサウンドで各所から高い評価を得る[4]。TOWER RECORDS 渋谷店ではエスカレーターの両脇がポスターでジャックされた。
  • 2月4日、ワンマンライブ「LIVE DIFFERENTIAL ver.1.0」を開催。
  • 6月6日、配信限定シングル「Go On」をリリース。カップリングにはイギリスのロックバンドBring Me The Horizonのカバー曲「Oh No」を収録。
  • 6月10日、ワンマンライブ「LIVE TRIANGLE ver.1.0」を皮切りに、日本・イギリス・フランス・ドイツ・カナダを回るワールドツアー「LIVE TRIANGLE」を開催。初の海外ツアーにして合計2500人を動員し、会場販売のCDはソールドアウト。
  • 9月19日〜、HoobastankOLDCODEXAgainst The Currentcoldrainが参戦する東名阪ツアー「ONE THOUSAND MILES TOUR 2017」のオープニングアクトとして出演[5]
  • 10月7日、ワンマンライブ「LIVE TRIANGLE ver.2.0」を開催。
2018年
  • 1月15日、4月よりTOKYO MX読売テレビ札幌テレビBS11にて放送される(週刊ヤングジャンプ連載漫画)TVアニメ第1期「ゴールデンカムイ」のエンディングテーマを担当することが決定[6]
  • 1月27日〜28日、タイ・バンコクにて開催された「JAPAN EXPO THAILAND 2018」に出演。
  • 2月3日、ワンマンライブ「LIVE SINGularity ver.1.0」を開催。
  • 2月15日、日本eスポーツリーグ 2018 Winterのイメージソングに「Another Dimension」が採用。4月1日に豊洲PITで行われたオフライン決勝戦にギターのReijiがゲストプレゼンターとして出演。
  • 3月7日、3rdアルバム「SINGularity」をリリース。
  • 6月6日、1stシングル「HIBANA」をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりリリース。(TVアニメ第1期ゴールデンカムイのエンディングテーマ)iTunes チャートアニメ部門で 1 位を獲得。
  • 6月24日、ワンマンライブ「LIVE SINGularity ver.2.0」を開催。
  • 7月6日〜8日、フランス・パリにて開催された「Japan Expo Paris 2018」に出演。[7]
  • 7月13日〜15日、イギリス・ロンドンにて開催された「HYPER JAPAN Festival 2018」に出演。
  • 7月27日〜28日、マレーシア・クアラルンプールにて開催された「JAPAN EXPO MALAYSIA 2018」に出演。
  • 9月27日、ベースサポートのRyuseiが正規メンバーとして加入。
  • 10月6日、 ワンマンライブ「ONE MORE SPARK in Tokyo」を開催。恵比寿CreAtoでの背景LED映像はドラムのRayが制作。このライブはニコ生でも同時配信(一部ニコニコプレミア会員限定視聴)された。また、ライブ後に初の国内ツアーを発表。
  • 11月23日〜12月5日、初の国内ツアー「SPARKS TOUR 2018」を開催。GuestにBACK-ON彼女 IN THE DISPLAYTHREE LIGHTS DOWN KINGS、他。
  • 12月6日、新体制初の配信限定シングル「Setsuna」をリリース。
2019年
  • 1月9日、ギターのReijiが俳優の田中圭、タレントの渡辺直美らが出演するダイナマイトボートレースCM“姫たちだってLet's BOAT RACE”「見えないスタート」の(歌:佐藤流司)楽曲をアレンジ。[8]
  • 1月25日〜27日、タイ・バンコクにて開催された「JAPAN EXPO THAILAND 2019」に出演。
  • 3月13日、ドラムのRayが新木場STUDIO COASTで行われた事務所(euclid agency)の先輩である、ゴールデンボンバー喜矢武豊のバースデイイベントに生バンドメンバーとして出演。衣装はカラオケ店員風黒エプロンを着用し、俳優の早乙女太一が出演した殺陣の演出にも参加している。なお、生バンドは全員事務所の後輩メンバーで構成された。[9]
  • 3月17日、ワンマンライブ「WARP ZONE in Tokyo」を恵比寿CreAtoにて開催。
  • 3月21日〜23日、初北海道3days公演。
  • 3月23日、7月よりAT-XTOKYO MXMBSBS11AbemaTVにて放送される(月刊コミック電撃大王連載漫画)TVアニメ「とある科学の一方通行」のオープニングテーマを担当することが決定。[10]本作は、とあるシリーズ初の男性ボーカルの起用となる。
  • 6月29日、新宿ユニカビジョンにてTVアニメ「とある科学の一方通行」の最速放映後、同ビジョンにて「Shadow is the Light」のMV冒頭部分が初披露された。また西武新宿駅PePe前広場にて「Shadow is the Light」を初歌唱。[11]イベントには主役(アクセラレータ)の声優岡本信彦がサプライズで駆けつけた。
  • 7月4日〜5日、フランス・パリにて開催された「Japan Expo Paris 2019」に出演。
  • 7月7日、よみうりホールにて開催されたTVアニメ「ゴールデンカムイ」(第1期エンディングテーマを担当)のスペシャルイベントに出演。[12]
  • 7月26日〜28日、マレーシア・クアラルンプールにて開催される「JAPAN EXPO MALAYSIA 2019」に出演予定。
  • 8月3日、ワンマンライブ「WARP ZONE in Tokyo [190803]」を恵比寿CreAtoにて開催決定。チケットはバンド史上初ソールドアウト。
  • 8月21日、2ndシングル「Shadow is the Light」をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりリリース決定。(TVアニメとある科学の一方通行のオープニングテーマ)[13][14]
  • 8月21日、2ndシングル「Shadow is the Light」発売当日、とある科学の一方通行Presents「THE SIXTH LIE(OP)× sajou no hana (ED)LIVE REFLECTION」が渋谷TSUTAYA O-Crestにて開催決定。[15]
  • 8月28日〜9月27日、バンド初のCDリリース・ツアー「LIVE TOUR 2019 ”ONE-WAY“」を開催決定。九州地方初公演の福岡を皮切りに、広島(同・初公演)・大阪・名古屋・横浜・東京の全6公演を一直線に駆け抜けるツアー概要が発表された。[14][13]後日、北海道札幌の追加公演が発表される。(当初はバンド名にちなんで6公演であったと考えられるが、7公演となった)

バンド名の由来編集

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの「芸術とは最も美しい嘘である」という言葉から、「言葉では説明できない五感を超えた美しい嘘を作りたい」というメンバーの想いに由来する。

ディスコグラフィー編集

ミニアルバム編集


  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年5月30日 The Sixth Lie 12cmCD - 限定300枚(ネット・LIVE販売)

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年9月7日 INTEGRAL 12cmCD EMAG-0001
EMAG-0002
[通常盤]
[初回プレス限定スペシャルパッケージ盤]
2nd 2017年1月25日 DIFFERENTIAL 12cmCD EMAG-0003
EMAG-0004
[通常盤]
[初回プレス限定スペシャルパッケージ盤]
3rd 2018年3月7日 SINGularity[JAPANESE EDITION] 12cmCD EMAG-0005
3rd 2018年3月7日 SINGularity[ENGLISH EDITION] 12cmCD PCTP-0001 輸入盤

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
配信SINGLE 2017年6月6日 Go On 配信 - 配信SINGLE
1st 2018年6月6日 Hibana 12cmCD GNCA-0532 TVアニメ『ゴールデンカムイ

第一期エンディングテーマ

配信SINGLE 2018年12月6日 Setsuna 配信 - 配信SINGLE

主なライブ編集

ワンマンライブ編集

  • 2016年10月16日 - ワンマンライブ「LIVE INTEGRAL ver.1.0」SHIBUYA CYCLONE
  • 2017年02月04日 - ワンマンライブ「LIVE DIFFERENTIAL ver.1.0」SHIBUYA CYCLONE
  • 2017年06月10日 - ワンマンライブ「LIVE TRIANGLE ver.1.0」SHIBUYA CYCLONE
  • 2017年10月07日 - ワンマンライブ「LIVE TRIANGLE ver.2.0」SHIBUYA REX
  • 2018年02月03日 - ワンマンライブ「LIVE SINGularity ver.1.0」SHIBUYA REX
  • 2018年06月24日 - ワンマンライブ「LIVE SINGularity ver.2.0」SHIBUYA REX
  • 2018年10月06日 - ワンマンライブ「ONE MORE SPARK in Tokyo」恵比寿CreAto
  • 2019年03月17日 - ワンマンライブ「WARP ZONE in Tokyo」恵比寿CreAto
  • 2019年08月03日- ワンマンライブ「WARP ZONE in Tokyo [190803]」恵比寿CreAto

主な出演イベント編集

  • 2016年11月5日 - KNOTFEST JAPAN 2016@Japan オープニングアクト出演
  • 2017年9月19.20.21日-ONE THOUSAND MILES TOUR 2017@Japan オープニングアクト出演
  • 2017年7月14-15日 - HYPER JAPAN Festival 2017@United Kingdom[16][17][18]
  • 2017年8月11-13日 - Animethon@Canada[19][20]
  • 2018年1月27-28日 - JAPAN EXPO THAILAND 2018@Thailand
  • 2018年7月6-8日 - Japan Expo Paris 2018@France
  • 2018年7月13-15日 - HYPER JAPAN Festival 2018@United Kingdom
  • 2018年7月27-28日 - JAPAN EXPO MALAYSIA 2018@Malaysia
  • 2019年1月25-27日 - JAPAN EXPO THAILAND 2019@Thailand
  • 2019年7月4-5日 - Japan Expo Paris 2019@France
  • 2019年7月26-28日 - JAPAN EXPO MALAYSIA 2019@Malaysia

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「空想と現実の融合」を鳴らすバンド THE SIXTH LIEとは何者だ!?” (日本語). rockin’on.com (2016年9月1日). 2016年9月1日閲覧。
  2. ^ 「芸能界「eスポーツ」初代王者はゴールデンボンバー・歌広場淳率いる「Scuderia Euclid」に決定 グラドル軍団「グラチアeスポーツ部」の健闘及ばず” (日本語). ヤフー (2018年1月9日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ 「KNOTFEST JAPAN」OAにjealkb、THE冠、マショ隊ら8組” (日本語). 音楽ナタリー (2016年9月12日). 2016年9月12日閲覧。
  4. ^ MV Review: THE SIXTH LIE – The Walls” (Nederlands). AVO BLOG (2017年4月21日). 2017年4月21日閲覧。
  5. ^ <ONE THOUSAND MILES TOUR 2017>のオープニングアクトに、THE SIXTH LIE、Survive Said The Prophetの出演が決定” (日本語). BARKS (2017年9月7日). 2017年9月7日閲覧。
  6. ^ 「ゴールデンカムイ」OPテーマをマンウィズ、EDをTHE SIXTH LIE担当” (日本語). BARKS (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  7. ^ “THE SIXTH LIE”. https://www.japan-expo-paris.com/en/invites/the-sixth-lie_903.htm 2018年4月10日閲覧。 
  8. ^ 姫たちだってLet’s BOAT RACE|BOAT RACE LOUNGE ボートレースラウンジ”. 姫たちだってLet’s BOAT RACE. 2019年3月24日閲覧。
  9. ^ 3/13(水)「ファンのみんなで喜矢武さんの34歳の誕生日を祝っちゃおうよパーティー ~生バンドカラオケ大会&トークショー~」”. ゴールデンボンバー Official WebSite. 2019年3月24日閲覧。
  10. ^ THE SIXTH LIE、TVアニメ『とある科学の一方通行』オープニングテーマに” (日本語). BARKS. 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ “[‪https://hochi.news/articles/20190629-OHT1T50123.html‬ シクスライ、アニメ「とある科学の一方通行」OPテーマ曲を初歌唱]”. スポーツ報知. 2019年6月29日閲覧。
  12. ^ 7月7日(日)開催ッ!! TVアニメ『ゴールデンカムイ』スペシャルイベント” (日本語). TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト. 2019年6月24日閲覧。
  13. ^ a b アニメ・アニメ音楽のポータルサイト, リスアニ!WEB-. “THE SIXTH LIEニューシングル、TVアニメ『とある科学の一方通行』OPテーマ「Shadow is the Light」8月21日発売決定!” (日本語). リスアニ!WEB - アニメ・アニメ音楽のポータルサイト. 2019年5月25日閲覧。
  14. ^ a b THE SIXTH LIE、ニューSG決定。『とある科学の一方通行』描き下ろしジャケットイラスト公開” (日本語). BARKS. 2019年5月25日閲覧。
  15. ^ とある科学の一方通行” (日本語). とある科学の一方通行. 2019年6月3日閲覧。
  16. ^ THE SIXTH LIE to perform at HYPER JAPAN this summer” (English). JROCK NEWS (2017年4月22日). 2017年4月22日閲覧。
  17. ^ THE SIXTH LIE At Hyper Japan” (English). J ROCK Amino (2017年4月24日). 2017年4月24日閲覧。
  18. ^ THE SIXTH LIE at HYPER JAPAN, London” (English). JaME U.K. (2017年9月16日). 2017年9月16日閲覧。
  19. ^ Tokyo-based ‘THE SIXTH LIE’ to perform at Animethon in Canada” (English). Ryze-up (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  20. ^ THE SIXTH LIE to perform at Canada’s Animethon” (English). JROCK247 (2017年4月10日). 2017年4月10日閲覧。

外部リンク編集