Too many people

Too many people』(トゥー・メニー・ピープル)は、ASKAの8枚目のオリジナル・アルバムでもあり、本作の7曲目の楽曲でもある。2017年2月22日に発売された。発売元はDADAレーベル

Too many people
ASKAスタジオ・アルバム
リリース
録音 Burnish stone studio東ヶ丘
one nine studio
DUTCH MAMA STUDIO
ジャンル POP
時間
レーベル DADAレーベル
プロデュース ASKA
チャート最高順位
ASKA 年表
「僕にできること」いま歌うシリーズ
2013年
Too many people
(2017年)
-
EANコード
EAN 4571350361463
ミュージックビデオ
「FUKUOKA」 - YouTube
「X1」 - YouTube
「と、いう話さ」 - YouTube
「しゃぼん」 - YouTube
「東京」 - YouTube
テンプレートを表示

目次

解説編集

前作『「僕にできること」いま歌うシリーズ』から約4年、前作のオリジナル・アルバム『SCRAMBLE』から約5年ぶりとなる作品。2013年に週刊文春から薬物報道の記事が出て[4]、活動自粛し[5]、2014年に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕され[6]、釈放後に制作した50曲の中から13曲を厳選した作品。

2016年11月27日に自身のブログで本作の収録曲の完成を発表したが[7]、翌日の28日に覚せい剤使用容疑で2度目の逮捕を受けた[8]。しかし同年12月19日に不起訴となり再び本作の制作を発表し[9]、24日に収録曲である「FUKUOKA」のPVと本作のタイトルを公開し、公開2日間で70万回再生された[10]。2017年1月20日に本作のリリース日を自身のブログで発表し[11]、翌日の21日に収録曲「X1」のPVも公開された[12]。また、同年4月26日には「と、いう話さ」のPVも公開され[13]、公開から2日で再生数は14万回を超えて、YouTubeの急上昇ランキングに入るなど高い注目度を見せた[14]。同年5月2日には、「しゃぼん」のPV[15]、同年6月11日には「東京」も公開された。[16]

DADAレーベルとして本作は最初に発売された作品でもあるため、型番はDDLB-0001である[17]

ASKAの薬物事件以降、ASKA及びCHAGE and ASKA名義の作品は配信での発売は停止されたが、2017年5月5日に配信での発売がされることを自身のブログで発表している。また、同年5月10日には、台湾での発売も発表している[18]

チャート成績編集

2017年3月6日付のオリコンチャートで、初週2.2万枚を売り上げて初登場7位にランクインした。同チャートのTOP10にランクインするのは、前作「SCRAMBLE」が2012年10月29日付で4位を獲得して以来約4年4か月ぶりとなり、通算11作目の獲得となった[2]

収録曲編集

  1. FUKUOKA
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:澤近泰輔)
    自身の故郷である福岡を歌ったバラード曲で、サウンドはピアノとアコースティックギターのシンプルなものである[10]
    2017年2月15日に自身の地元の福岡にあるテレビ西日本フジテレビ系)の情報番組ももち浜ストア 夕方版』に生出演して、この曲を披露した[19]
  2. Be free
    (作詞・作曲・編曲:ASKA)
    2014年4月にASKAがCHAGE and ASKAの公式ファンクラブ「TUG OF C&A」の会員限定に送ったCDにデモ曲として収録されていた楽曲[20]。「TUG OF C&A」バージョンと歌詞が一部変わっている。
  3. リハーサル
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:ASKAの音楽を愛する仲間)
    8ビートのロックサウンドとなっており、「ライブ会場の空気感を思い浮かべながらリハーサルをしている時の歌」だとASKA自身のブログに記されている[21]
  4. 東京
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:ASKAの音楽を愛する仲間)
  5. X1
    (作詞・作曲・編曲:ASKA)
    曲についてASKAは自身のブログで、「『バツイチ』の方へ送ります。『これからは『バツイチ』と言わないで『X1』(クロスワン)と言おうよ』と、いう曲です」とコメントしている[12]
  6. それでいいんだ今は
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:澤近泰輔)
  7. Too many people
    (作詞・作曲・編曲:ASKA)
  8. と、いう話さ
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:ASKA、鈴川真樹)
    ポップスとロックが融合した哀愁漂うバンドサウンドに仕上がっており[14]、「アップテンポな曲はないのか」というASKAへのコメントで、ASKAはこの曲を「アップテンポな曲」として挙げており、1998年に発売したアルバム『kicks』に収録の「Now」と同じ世界観だという[22]
  9. 元気か自分
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:澤近泰輔)
    曲の最後では、歌詞カードと違うことを歌っている。その、歌っている違う歌詞は、物議を醸すかもしれないと、当初は言われており、ASKA自身も迷っていたが、応援し合おうという意識が、ASKA自身に強く芽生えたため、そう歌うことにしたという[23]
  10. 通り雨
    (作詞・作曲・編曲:ASKA)
  11. 信じることが楽さ
    (作詞・作曲・編曲:ASKA)
  12. 未来の勲章
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:ASKAの音楽を愛する仲間)
  13. しゃぼん
    (作詞・作曲:ASKA / 編曲:澤近泰輔
    PVの監督は2003年に発売された「心に花の咲く方へ」も担当した今井俊彦が務めており、PVの撮影は5回もやり直している[15]

参加ミュージシャン編集

FUKUOKA

  • Guitar:古川昌義
  • Piano:澤近泰輔

Be free

  • Drum:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • E.Guitar:鈴川真樹
  • Piano:澤近泰輔
  • MIDI Data Programming:村田努、お友達に決まってるじゃないか

リハーサル

  • Piano&Synthesizer:ASKAの音楽を愛する仲間
  • E&A.Guitar:鈴川真樹
  • MIDI Data Programming:ASKAの音楽を愛する仲間

東京

  • Piano&Synthesizer:ASKAの音楽を愛する仲間
  • E&A.Guitar:鈴川真樹
  • MIDI Data Programming:ASKAの音楽を愛する仲間

X1

  • Piano&Synthesizer:鈴川真樹
  • E.Guitar:鈴川真樹
  • MIDI Data Programming:お友達に決まってるじゃないか

それでいいんだ今は

  • Drums:今泉正義
  • Bass:恵美直也
  • E.Guitar:狩野良昭
  • Piano&Synthesizer:澤近泰輔

Too many people

  • Drum:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • Guitar:鈴川真樹
  • Piano&Synthesizer:澤近泰輔、ASKA
  • MIDI Data Programming:ASKA、お友達に決まってるじゃないか

と、いう話さ

  • Drum:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • E&A.Guitar:鈴川真樹
  • Piano:澤近泰輔
  • Synthesizer:鈴川真樹
  • MIDI Data Programming:お友達に決まってるじゃないか

元気か自分

  • Drum:今泉正義
  • Guitar:狩野良昭
  • Bass:恵美直也
  • Piano&Synthesizer:澤近泰輔、ASKA

通り雨

  • E&G.Guitar:鈴川真樹
  • Piano&Synthesizer:鈴川真樹
  • MIDI Data Programming:お友達に決まってるじゃないか

信じることが楽さ

  • Drum:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • E&A.Guitar:鈴川真樹
  • Piano:澤近泰輔
  • Synthesizer:鈴川真樹、ASKA
  • MIDI Data Programming:お友達に決まってるじゃないか

未来の勲章

  • Guitar:鈴川真樹
  • Piano&Synthesizer:ASKAの音楽を愛する仲間
  • MIDI Data Programming:ASKAの音楽を愛する仲間

しゃぼん

  • Drum:今泉正義
  • Bass:恵美直也
  • E.Guitar:狩野良昭
  • Piano&Synthesizer:澤近泰輔、ASKA

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ASKAの最新アルバム、オリコン週間ランキングで初登場7位 スポーツ報知 2017年2月28日閲覧
  2. ^ a b Too many people オリコン 2017年4月5日閲覧
  3. ^ 【ビルボード】SKE48『革命の丘』がAAAを約5千枚差で降し、アルバム・セールス1位 Billboard JAPAN 2017年2月27日閲覧
  4. ^ チャゲアス飛鳥が『覚せい剤吸引ビデオ』で脅迫されていた!”. 週刊文春WEB. 文藝春秋 (2013年7月31日). 2014年8月17日閲覧。
  5. ^ ASKAの活動に関するご報告”. CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ (2013年10月10日). 2013年10月10日閲覧。
  6. ^ 覚醒剤所持容疑でASKAを逮捕”. MSN産経ニュース. 産経新聞社 (2014年5月17日). 2014年8月17日閲覧。
  7. ^ ASKA、新曲を動画共有サイトで公開へ 新アルバム完成間近 デイリースポーツ(ヤフージャパン)
  8. ^ ASKAが再び覚せい剤使用で逮捕へ リアルライブ(ヤフージャパン)
  9. ^ ASKA 釈放後初ブログ更新「無罪です」 アルバム制作続行を宣言 デイリースポーツ(ヤフージャパン)
  10. ^ a b ASKA、新曲「FUKUOKA」再生数70万回を超える 楽曲を率直に評価する声続々 ミュージックヴォイス(ヤフージャパン)
  11. ^ ASKA 新アルバム2月発売!ジャケット先行公開を予告 東スポ
  12. ^ a b ASKAが“バツイチ”に送る新曲「X 1」音源公開 音楽ナタリー
  13. ^ と、いう話さ ASKA - YouTube
  14. ^ a b ASKA、新アルバムから「と、いう話さ」MV公開 ファン「鳥肌が止まりません」「本当に戻ってきた」 ねとらぼ 2017年5月2日閲覧
  15. ^ a b 5回、やり直しました。 ASKAのブログより 2017年6月3日閲覧
  16. ^ 東京 - YouTube
  17. ^ 本作付属のブックレットの表紙より
  18. ^ スタジオからです。 ASKA
  19. ^ ASKA、テレビ復帰で新曲ナマ歌唱 豊富な声量、歌声も変わらず スポニチアネックス 2017年2月15日閲覧
  20. ^ 未発表曲に「自由になりなさい 楽になりなさい」ヒットメーカーASKAの葛藤と心の闇 J-castニュース
  21. ^ おはよう。 - aska_burnishstone's diary
  22. ^ 2017-01-21 もちろん、あります。 ASKA ブログより
  23. ^ 1時から取材、撮影です。 - aska_burnishstone's diary

外部リンク編集