トゥ・メニー・ピープル

トゥ・メニー・ピープル (Too Many People) は、ポール・マッカートニーの楽曲(名義はポール&リンダ・マッカートニー)。1971年に発表されたソロアルバム第2作『ラム』の冒頭を飾る曲で、アメリカ限定のシングル『アンクル・アルバート〜ハルセイ提督』ではB面に取り上げられた。

トゥ・メニー・ピープル
ポール&リンダ・マッカートニー楽曲
収録アルバム ラム
リリース 1971年5月28日
録音 1971年
ジャンル ロック
時間 4分10秒
作詞者 ポール・マッカートニー
作曲者 ポール・マッカートニー
その他収録アルバム
夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
ラム収録順
トゥ・メニー・ピープル
(1)
3本足
(2)

なお日本語のカナ書きでは通常"Too"を、"To"と区別する意味で「トゥー」と伸ばして表記するが、本曲の邦題は「トゥ」となっている。

解説編集

『ラム』で続く「3本足」と共に、歌詞の中で前年解散したばかりのビートルズでの盟友、ジョン・レノンを暗に批判しているとされる。

チャンスを掴んでいたというのに、君は自分でぶち壊してしまったよね
それが君の過ちの始まりなのさ
折に触れては説教ばかりやりたがる奴が多いよな

この内容が自分を指していると感じ取ったジョンは憤慨し、同年9月に発表した『イマジン』収録の「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」で、ポールの具体的な楽曲(「アナザー・デイ」、ビートルズ時代の「イエスタデイ」「サージェント・ペパーズ」等)まで槍玉に挙げてこき下ろした。これにポールが「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」(『ワイルド・ライフ』収録)で反論する[要出典]など、ポールとジョンの間で非難の応酬となったが、やがて双方が新たな目的(ポールはウイングス、ジョンは社会運動など)を見出したことで収束へと向かうことになる。

関連項目編集