メインメニューを開く

UFC 194: Aldo vs. McGregor(ユーエフシー・ワンナインティフォー:アルド・バーサス・マクレガー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年12月12日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

UFC 194: Aldo vs. McGregor
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年12月12日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 PPV
Fox Sports 1
日本の放送局 WOWOW
入場者数 16,516人
入場収益 1,010万ドル[1]
PPV購入数 120万件[2]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 22 Finale UFC 194: Aldo vs. McGregor UFC on FOX 17: dos Anjos vs. Cowboy 2

大会概要編集

本大会では、正規王者のジョゼ・アルドと暫定王者のジョゼ・アルドによるUFC世界フェザー級王座統一戦、王者のクリス・ワイドマンと挑戦者のルーク・ロックホールドによるUFC世界ミドル級タイトルマッチが組まれた[3][4]

RFA女子ストロー級王者ジョスリン・ジョーンズ=ライバーガーがUFCデビュー。

メインイベントの勝者は『EA SPORTS UFC 2』のカバーに起用された。

ブラジルではヘジ・グローボで早朝4時半にニアライブ中継され、視聴率20%、占拠率50%を記録した[5]

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  コート・マッギー vs.   マルシオ・アレッシャンドリ ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
  ヤンシー・メデイロス vs.   ジョン・マクデッシー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
  マゴメド・ムスタファエフ vs.   ジョー・プロクター ×
1R 1:54 TKO(前蹴り→パウンド)

プレリミナリーカード編集

第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
  レオナルド・サントス vs.   ケビン・リー ×
1R 3:26 TKO(右ストレート→パウンド)
第5試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  ワーレイ・アウヴェス vs.   コルビー・コヴィントン ×
1R 1:26 ギロチンチョーク
第6試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
  ティーシャ・トーレス vs.   ジョスリン・ジョーンズ=ライバーガー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
  ユライア・フェイバー vs.   フランキー・サエンズ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)

メインカード編集

第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
  マックス・ホロウェイ vs.   ジェレミー・スティーブンス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  デミアン・マイア vs.   グンナー・ネルソン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-25、30-25)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
  ヨエル・ロメロ vs.   ホナウド・ジャカレイ ×
3R終了 判定2-1(29-27、28-29、29-28)
第11試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
  ルーク・ロックホールド vs.   クリス・ワイドマン ×
4R 3:12 TKO(パウンド)
※ロックホールドが王座獲得に成功。
第12試合 UFC世界フェザー級王座統一戦 5分5R
  コナー・マクレガー vs.   ジョゼ・アルド ×
1R 0:13 KO(左フック)
※マクレガーが王座獲得に成功。

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイトルーク・ロックホールド vs. クリス・ワイドマン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトコナー・マクレガーレオナルド・サントス
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更編集

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集