E with diaeresis (大文字 Ӭ 小文字 ӭ)はキリル文字のひとつ。キルディン・サーミ語イテリメン語ユピク語ハンティ語ロシア語マリ語モクシャ語で使用する。Эトレマを付した文字であり、キリル文字Еに由来する。口蓋で停止した後も、非円唇前舌狭音の /e/を表す。また、 /nʲ, tʲ, dʲ/を表す。モクシャ語では、非円唇前舌狭めの広母音の /æ/を表す。

100
E with diaeresis

呼称[1]

  • サーミ語
  • モクシャ語 不明

符号位置[2]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ӭ U+04EC - Ӭ
Ӭ
ӭ U+04ED - ӭ
ӭ

こちらもご覧ください

Ё ё

Ë ë

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「新編国歌大観」編集委員会 編 『新編国歌大観』。ISBN 978-4-04-622561-0OCLC 909582520 
  2. ^ 桑田次郎 『桑田次郎アダルト短編集2 : 感覚転移』Manga Shoppu、2007年。ISBN 978-4-7759-1204-1OCLC 352892691