本来の表記は「Tsuchiyoshi.svg俣良」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

吉俣 良(よしまた りょう、1959年9月6日 - )は日本の作曲家編曲家音楽プロデューサー鹿児島県鹿児島市甲突町出身。横浜市立大学商学部卒業。血液型はO型。「Ryo」名義で作曲・編曲を行う事がある。

吉俣 良
出生名 吉俣 良
生誕 (1959-09-06) 1959年9月6日(57歳)
出身地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市甲突町
ジャンル 劇伴、テーマ音楽、J-POP
職業 作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
レーベル ポニーキャニオン
公式サイト http://www.yoshimataryo.com/
ビートルズ

目次

来歴編集

1959年鹿児島市に生まれる。小学校時代よりピアノを習い、短大レベルで習う音楽理論も習得、テレビで流れる曲やドラマの曲を耳で聴いてすぐ弾けたという。高校に入学すると吹奏楽部へ入部、鹿児島県大会で優勝する[1]

1977年に上京し横浜市立大学へ進学。音楽サークル「セカンド・ウィンド・ジャズ・オーケストラ」に所属する一方で、アルバイトで ビアガーデンのバンド演奏をしている時にプロのミュージシャンと知り合い、大学2年生の頃より一緒にディスコバンドとして活動を開始[1]美空ひばりのバックバンドのオーディションに合格したことを契機に、大学在学中より本格的にプロとして音楽活動を開始する。

1984年から1992年にかけてはキーボードプレイヤーとしてバンド「リボルバー」で活動する。また、レコーディングミュージシャン、アレンジャーとして様々なジャンルの音楽を手がける。

作曲家として1996年フジテレビ系『おいしい関係』で初めてテレビドラマの音楽を手がけると、フジテレビ系『きらきらひかる』(1998年)で初めて全曲を担当[2]。その後もフジテレビ系『眠れる森』(1998年)、フジテレビ系『空から降る一億の星』(2002年)、フジテレビ系『Dr.コトー診療所』(2003年)、フジテレビ系『風のガーデン』(2008年)、『救命病棟24時(第4シリーズ)』(2009年)など人気テレビドラマの音楽を次々に手がけて、作曲家としての地位を確立する。

2003年にNHK連続テレビ小説こころ』で初めてNHK朝ドラの音楽を担当すると、2008年にはNHK大河ドラマ篤姫』で初めてNHK大河ドラマの音楽を担当。空前の“篤姫ブーム”の中で『「篤姫」オリジナルサウンドトラック』もNHK大河ドラマのオリジナルサウンドトラックとして異例の大ヒットを記録。出身地であり『篤姫』の舞台でもある鹿児島より「県知事特別表彰」を受け、また「薩摩大使」も委嘱される。2011年には『江〜姫たちの戦国〜』で再びNHK大河ドラマの音楽を担当することとなる。

また、『冷静と情熱のあいだ』(2001年)、『バッテリー』(2007年)、『引き出しの中のラブレター』(2009年)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(2011年)、『県庁おもてなし課2013年)などの映画の音楽も担当。『冷静と情熱のあいだ』の音楽は韓国で話題になるなど海外でも注目を集め、韓国SBSのドラマ『イルジメ〜一枝梅』(2008年)の音楽[3]や『KUTSUKAKE TOKIJIRO』ニューヨーク公演(2011年)の音楽を手掛けるなど、海外進出も果たしている。

近年ではテレビドラマや映画の音楽の作曲に加えて、aikoゆずORANGE RANGECHAGE and ASKA熊木杏里などのアーティストのアレンジを担当するなど編曲家としても活動するほか、2008年には浜離宮朝日ホールにて初のソロコンサートを開催するなどソロアーティストとしての活動の場も広げている。

人物編集

実弟は、郷里の南日本放送(本社所在地・鹿児島県鹿児島市、TBS系列)を中心に活躍中のローカルタレントよし俣とよしげ

「吉」の正確な表記は「 」(「土」の下に「口」、つちよし)[4]だが、環境により正しく表記出来ないことが多いので、ほとんど「吉」(「士」の下に「口」)で通している。

作品編集

ドラマ劇伴編集

映画劇伴編集

舞台劇伴編集

  • 企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演vol.3 『地図にない街 ドヘネケヘキシン』
  • 企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演vol.4 『さくらのうた』
  • 企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演vol.5 『クインテット』
  • 企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演vol.6 『KARTE』
  • ノブナガ・ザ・フール(2013年)

アニメ劇伴編集

CM音楽編集

その他の活動編集

楽曲提供編集

作曲編集

編曲編集

作曲・編曲編集

アルバム編集

  • フジテレビ系ドラマオリジナルサウンドトラック「プライド」(2004年2月18日)
  • Colorless(2006年12月27日)
  • NHK 2008年度大河ドラマ 「篤姫」オリジナルサウンドトラック(2008年2月20日)
  • NHK 2008年度大河ドラマ「篤姫」オリジナルサウンドトラック 2(2008年10月29日)

出演番組編集

  • NHK
  • 全国放送
収録:2008年11月24 宝山ホール(鹿児島県文化センター
  • 情報WAVEかごしま 年末スペシャル2008(鹿児島総合テレビジョンのみ・2008年12月26日)
  • 「吉俣良のcolorless」(ラジオ)
(2007年4月-2008年3月)毎週火曜、実弟との生電話できさくな兄弟トークが好評であった。ちなみに同時期は、NHK大河ドラマ『篤姫』のテーマ曲を作曲中であり、番組内でのトークがきっかけでMBC-TVの深夜番組『mixx』で大好評の『吉俣兄弟の工場グルメ』も生まれた。
  • 城山スズメ(ラジオ)
金曜日ゲスト(2008年2月頃?)
  • mixx」(テレビ)
スペシャルゲスト(不定期)でMBCタレントである弟のよし俣とよしげとの絡みでの企画モノが中心。
  • 『クラシック1st.』
(前編:2008年8月28日)(後編:2008年9月4日)
  • 『今夜決定!鹿児島No.1歌唱力決勝大会!』(審査員・2015年10月23日)

雑誌・コミックス編集

「私のリビング」
(グラビア&インタビュー)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 卒業生インタビュー01 - 吉俣良氏”. 大学紹介. 横浜市立大学. 2014年9月13日閲覧。
  2. ^ 森綾 (2014年1月7日). “2分45秒の独壇場 吉俣良”. 萩庭桂太 YOUR EYES ONLY. Bimajin ビマジン. 2014年9月13日閲覧。
  3. ^ “ドラマ『一枝梅』音楽監督の吉俣良さん”. WOW! Korea. (2008年6月26日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0626/10045662.html 2014年9月13日閲覧。 
  4. ^ Unicodeでは U+20BB7、「𠮷」。

外部リンク編集