メインメニューを開く

おていちゃん』は、1978年昭和53年)4月3日から9月30日まで放送されたNHKの「連続テレビ小説」第21作目。

おていちゃん
ジャンル ドラマ
原作 沢村貞子
脚本 寺内小春
出演者 友里千賀子
荻島真一
長門裕之
日色ともゑ
萩尾みどり
坂東八十助
中村智太郎
古手川祐子
ナレーター 相川浩
時代設定 大正初期〜終戦直後
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年4月3日 - 9月30日
放送時間 15分
回数 全156[1][2]
テンプレートを表示

特徴編集

一人の女性が、悩み、傷つきながらも、自分の幸せを手に入れるまでを描く。女優・沢村貞子の半生記。
連続テレビ小説」で実在する女性の生涯、半生をモデルにするのは『いちばん星』に次いで2作目、製作時に存命中の人物をモデルにした作品としては初となる。

映像の現存状況編集

本番組は第1話、第2話、第4話、第5話、第12話、第20話、第21話、第26話、第30話と最終話がNHKに残されている[3]

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[4]

キャスト編集

スタッフ編集

視聴率編集

1978年の平均視聴率は43.0%、最高視聴率は50.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[5]

脚注編集

外部リンク編集