大月悠祐子

かなんから転送)

大月 悠祐子(おおつき ゆうこ、1974年昭和49年) - )は、日本女性漫画家イラストレーター。旧・ペンネームはかなん。愛称はよっちゃん[4]は漫画家の吉沢やすみも漫画家の大井昌和

大月 悠祐子
(かなん)
本名 吉澤 優子(旧姓:よしざわ ゆうこ)[1]
生誕 1974年????[2][3]
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 1999年 -
代表作Piaキャロットへようこそ!!2
ギャラクシーエンジェル』シリーズ
ど根性ガエルの娘
テンプレートを表示


経歴編集

中学生時代は美術部に所属、同級生に漫画家・イラストレーターのこげどんぼ*も所属しており旧知の仲である。学生時代は父から家族共々虐待を受け続け、父が表向きは丸くなった後は家族の輪を乱すとして母親からネグレクトの他、精神的な虐待を受け続けていた。学生時代同級生からいじめを受けていたことや、家族不和のストレスから不眠症摂食障害、「ど根性ガエルの娘」にて2013年平成25年)にカウンセラーからアダルトチルドレンと診断されている。

月刊電撃コミックガオ!』に『Piaキャロットへようこそ!!2』のコミカライズを連載した。その後、ブロッコリー企画「Project G.A.」に参加し、キャラクター原案を担当、企画発表のときに、本人の顔写真が『フロムゲーマーズ』で公表されている。「Project G.A.」は、のちに『ギャラクシーエンジェル』としてシリーズ化された。『月刊ドラゴンジュニア[5]にてコミック版『ギャラクシーエンジェル』を連載した。

2004年(平成16年)6月、ブロッコリーがタカラ[注釈 1]に買収された際、タカラの子会社ジャイブ[注釈 2]の発行する漫画雑誌『月刊コミックラッシュ』に『ギャラクシーエンジェル』の連載を移籍した。その後、同誌にて『ギャラクシーエンジェル2nd』を連載する。2004年(平成16年)末、漫画家の大井昌和結婚した。

2009年(平成21年)1月末、『ギャラクシーエンジェルII天使の羽根休め』連載終了にともない、ペンネームをかなんから大月悠祐子に変更すると発表した。画集第3弾を最後にかなん名義の活動を終了し[6]、『月刊ドラゴンエイジ』5月号から、大月悠祐子名義で『白雪セブン』の連載を開始した。その後はブシロード絡みのコミカライズでのみ「かなん」名義を復活させている。

家族編集

父である吉沢やすみは、『ど根性ガエル』などの作品で知られる漫画家である[7]。また、夫である大井昌和も同じく漫画家である[7]。吉沢やすみによる自伝的連載漫画『パパとゆっちゃん』(まんがタイム)のゆっちゃんのモデルこそ大月悠祐子本人である。大月も、エッセイ漫画ど根性ガエルの娘』(週刊アスキーヤングアニマルDensi → マンガPark)で吉沢を描いている。

吉沢やすみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大月悠祐子
 
大井昌和
 

作品一覧編集

かなん名義
大月悠祐子名義

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2006年(平成18年)に、株式会社トミーと合併し株式会社タカラトミーとなった。
  2. ^ 2006年(平成18年)に、株式会社タカラトミーから株式会社ポプラ社に売却された。

出典編集

  1. ^ 『ど根性ガエルの娘』第16話
  2. ^ 『ど根性ガエルの娘』第1話
  3. ^ 朝日新聞2017年9月24日朝刊「窓」
  4. ^ 「GAみち」『Project G.A. Official Websiteブロッコリー
  5. ^ 2003年(平成15年)に『月刊コミックドラゴン』とともに『月刊ドラゴンエイジ』に統合
  6. ^ ただし、『白雪セブン』単行本1巻あとがきにて「かなん名義はGA関連商品のみで使われます」とある。
  7. ^ a b 【あの人は今こうしている】 吉沢やすみさん(売れっ子漫画家だった)”. ゲンダイネット (2008年(平成20年)3月18日). 2008年(平成20年)5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年(令和3年)3月11日閲覧。 (日本語)
  8. ^ キャラクター原案はサンリオと吉沢やすみが担当。
  9. ^ 週刊アスキー(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)版は絶版。
  10. ^ 【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第八話:「ど根性ガエル」吉沢やすみと練馬の焼肉屋 (日本語) 2021年令和3年)3月11日閲覧

外部リンク編集