メインメニューを開く

くるくるダイヤル ザ・ゴリラ』は、ニッポン放送1981年11月2日から1983年4月29日まで、月曜日から金曜日の21:00(21:10)-25:00に放送していた若者向けのラジオ番組ブロックワイド)。

目次

概要編集

前番組『大入りダイヤルまだ宵の口』は関東地方のラジオにおいて、夜の時間帯の聴取率で覇権を握っていた存在だった。しかし、1980年10月に文化放送で『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』がスタートし、聴取率が猛追された。1981年に入って、『宵の口』は覇権を奪われた形になったため(吉田照美のてるてるワイド#概要も参照)、これに代わってスタート。『宵の口』から1時間拡大して25時までの4時間枠となり、『オールナイトニッポン』一部・二部(当時)と合わせて8時間編成となった。また、これに合わせて『コッキーポップ』も本番組に内包された。

当番組が狙ったリスナー層は「女性」だった。ニッポン放送の調査では『女性がたくさん聴いてくれると、番組が盛り上がる』というデータがあったため、この番組では女性受けするような番組作りを目指していた。月曜日から木曜日までのメイン・パーソナリティであった、塚越孝マイクネームを、塚たんくろう(一時期は、塚越パセリとも)としたのはその一環であり、金曜日の2代目パーソナリティを務めていた上柳昌彦も同様の路線からか自ら、近藤真彦ニックネームに掛けて『ニッポン放送のマッチ』と名乗っていたことがあった。

しかし、本番組は約1年6カ月で終了。一方、裏番組『てるてるワイド』は全盛期を迎えていた。2年足らずで終了した理由の一つとして、パーソナリティの露出についての考え方や構成の違いが大きいといわれている。『てるてるワイド』は、メイン・パーソナリティの吉田照美の出演時間が比較的多かったのに対して、この番組と前番組の「大入りダイヤルまだ宵の口」は内包番組(フロート番組)が多過ぎてメイン・パーソナリティの出る時間が少ないという構成が、裏目に出てしまう結果となった。「宵の口」が打ち切りとなる直前には、4時間の番組枠の中に14本のコーナー番組が組み込まれていたことから、メイン・パーソナリティが本来のトークを発揮できず、コーナー番組を繋いでいくだけの存在になってしまっていた。しかし、そのスタイルを「ザ・ゴリラ」でも完全に引き継いだことが仇となり、打ち切りへ繋がったのである。共にブロックワイドという形態をとる番組であるが、内包番組とメイン・パーソナリティの存在とのバランスが難しいということを示した事例であるともいえる。この反省を踏まえて、後番組『ヤングパラダイス』では内包番組を2時間で4本まで削減、パーソナリティの個性を前面に出す政策を取ることとなり、文化放送との覇権争いに新たな局面をもたらすこととなった[1]。なお、『ヤングパラダイス』は3時間枠となり24時台は分割。長らく夜ワイドに内包していた『日立ミュージック・イン・ハイフォニック』を『日立ミュージック・イン』として空いた24時代前半に移動させ、30分からの10分の録音番組枠を挟み、後半20分を『コッキーポップ』に充てた。

パーソナリティ編集

  • 月曜日-木曜日:塚たんくろう(塚越孝、当時ニッポン放送アナウンサー)
  • 金曜日(1982年9月まで):林家こぶ平(現:林家正蔵
  • 金曜日(1982年10月から):上柳昌彦(当時ニッポン放送アナウンサー)

内包番組編集

1981年11月 -編集

※のコーナーは一部変更した上で、末期1か月間の『宵の口』の編成を引き継いだ。

21時00分 - 22時00分

  • ガボットゲーム10万円つかみどり!※
  • 田原俊彦・グッドラック2ナイト※
  • 電話でブリッ子!翔べ翔べ阿呆鳥※
  • ’82飛び出せ!全国DJ諸君おもしろ大ベストテン※
  • プレゼント情報※(タイトルから前番組の名を削除して継続)
  • イングリッシュブレーク(1982年2月)
  • 受験生60秒講座(1982年3月)
  • イモ欽トリオのでたとこ勝負!※

22時00分 - 23時00分

23時00分 - 24時00分

  • 山本コウタローライオン・フォーク・ビレッジ※
  • 塚越・奈保子のランナウェイ!サウンドレポート(河合奈保子)( - 1981年12月)※(夜ワイド変更に伴い、パーソナリティを変更して継続。)※
  • 塚たん・奈保子のランナウェイ!サウンドレポート(河合奈保子)(1982年1月 - 、塚越のマイクネーム導入に伴いタイトル変更)
  • ロッテカムカムテレフォン( - 1981年12月)※
  • くるくるテレフォン(1982年1月 - 2月)
  • 坂田明のほとんど天才!(1982年3月 - )
  • キリンラジオ劇場※
  • ザ・パンチ・パンチ・パンチ

24時00分 - 25時00分

1982年4月 -編集

21時10分 - 22時00分

  • テレフォンパニック・ザ・ゴリラ!!
  • ホラッチョ学園
  • イモ欽トリオのでたとこ勝負!

22時00分 - 23時00分

  • 日立ミュージック・イン・ハイフォニック
  • 田原俊彦・誘惑トゥナイトSHE-SAYS-DO!
  • 拝啓青春諸君!
  • 夜のドラマハウス

23時00分 - 24時00分

  • ミュージック・ビレッジ 桑田佳祐のミスターポップス!
  • 塚たん・よしえのランナウェイ!サウンドレポート(柏原よしえ
  • おたよりゴリラ
  • 坂田明のほとんど天才!
  • ザ・パンチ・パンチ・パンチ

24時00分 - 25時00分

  • 長渕クンと藤岡くん(長渕剛、藤岡孝章)
  • ゴリラテレフォン
  • 電リクパジャマミュージック
  • コッキーポップ(大石吾朗)

1982年10月 -編集

21時00分 - 22時00分

  • テレフォンパニック・ザ・ゴリラ!!(月曜ー木曜のオープニングコーナー)
  • はな金パニック ザ・ゴリラ(金曜のオープニングコーナー)
  • 郷ひろみ・あきれるほどにサムシング(1982年11月 - )
  • ’83飛び出せ!全国DJ諸君
  • よい子のおじかん
  • とっておきタイム

22時00分 - 23時00分

  • 日立ミュージック・イン・ハイフォニック
  • 田原俊彦・誘惑トゥナイトSHE-SAYS-DO!
  • 拝啓青春諸君!
  • 夜のドラマハウス

23時00分 - 24時00分

  • ミュージック・ビレッジ 桑田佳祐のミスターポップス!
  • 塚たん・芳恵のランナウェイ!サウンドレポート(柏原芳恵
  • おたよりゴリラ
  • 川島なお美・おもしろソーダ
  • ザ・パンチ・パンチ・パンチ( - 1982年12月)
  • 好きさ好きさ好きさ(1983年1月 - )

24時00分 - 25時00分

  • 長渕クンと世良くん(長渕剛、世良公則
  • ゴリラテレフォン
  • 電リクパジャマミュージック
  • コッキーポップ(大石吾朗)

1983年4月編集

21時10分 - 22時00分

  • テレフォンパニック・ザ・ゴリラ!!(月曜-木曜のオープニングコーナー)
  • はな金パニック ザ・ゴリラ(金曜のオープニングコーナー)
  • よい子のおじかん
  • とっておきタイム

22時00分 - 23時00分

  • 日立ミュージック・イン・ハイフォニック
  • 田原俊彦・誘惑トゥナイトSHE-SAYS-DO!
  • 拝啓青春諸君!
  • 夜のドラマハウス

23時00分 - 24時00分

  • ミュージック・ビレッジ 桑田佳祐のミスターポップス!
  • 塚たん・芳恵のランナウェイ!サウンドレポート(柏原芳恵)
  • おたよりゴリラ
  • 好きさ好きさ好きさ

24時00分 - 25時00分

  • 長渕クンと世良くん(長渕剛、世良公則)
  • ゴリラテレフォン
  • 電リクパジャマミュージック
  • コッキーポップ(大石吾朗)

脚注編集

  1. ^ 月刊ラジオパラダイス1988年8月号特集「全国4大エリア夜ワイド合戦絵巻」より。
ニッポン放送 月曜日-木曜日 夜ワイド番組
前番組 番組名 次番組
くるくるダイヤル ザ・ゴリラ
ニッポン放送 金曜日 夜ワイド番組
大入りダイヤルまだ宵の口
くるくるダイヤル ザ・ゴリラ