メインメニューを開く

すばらしい日々」(すばらしいひび)は、UNICORNの楽曲で、8枚目のシングル1993年4月21日発売。発売元はソニーレコード

すばらしい日々
UNICORNシングル
初出アルバム『SPRINGMAN
B面 素浪人ファーストアウト
リリース
規格 8センチCD
録音 -
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニーレコード
SME Records(再発)
作詞・作曲 奥田民生
チャート最高順位
UNICORN シングル 年表
雪が降る町
1992年
すばらしい日々
(1993年)
雪が降る町“more bell mix”
1996年
ミュージックビデオ
ユニコーン 『すばらしい日々』 - YouTube
収録アルバムSPRINGMAN
時には服のない子のように
(3)
すばらしい日々
(4)
アナマリア
(5)
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 前作「雪が降る町」より約4ヶ月ぶりのシングル。
  • 2006年にCF曲使用に基づき、リマスタリングされてマキシシングルで再発された。再発にあたり、ボーカル奥田民生は「声が若くてちょっと恥ずかしい」というコメントを寄せている。再発盤はSME Recordsからの発売である。ちなみにユニコーンのシングルは解散するまでの全作品が廃盤になっているが、本作に関してはオリジナル盤も現在廃盤にはなっていない。
  • 2009年1月30日、16年ぶりのテレビ出演となったテレビ朝日系『ミュージックステーション』にて、復活第1弾シングルとなった「WAO!」、そして本曲「すばらしい日々」の2曲を披露した。川西は当時、本シングルの発売前に脱退したため、この曲を公の場で演奏するのは初めてのことであった。

収録曲編集

  • 全編曲:UNICORN
  1. すばらしい日々 (4:36)
    作詞・作曲:奥田民生
    歌詞からはいろいろな解釈が可能であるが、ラストシングル(当時)となったことから、奥田からバンドを脱退した川西へあてたメッセージソングとされることが多い。ユニコーン関連の執筆が多かったライターの宇都宮美穂は、ユニコーンを解散する奥田がデビュー前の素の奥田に捧げた歌という解釈を取っている[1]
    2005年の映画『ヒナゴン』主題歌。
    2006年ソニーデジタルハイビジョンハンディカム「HC3」CF曲。
  2. 素浪人ファーストアウト (5:01)
    作詞:川西幸一・奥田民生 作曲:川西幸一
    川西が脱退し、途中まで仕上がってた曲に、残りの歌詞(2番以降)を奥田が書き足した作品。

収録アルバム編集

矢野顕子盤編集

すばらしい日々
矢野顕子シングル
B面 電話線
リリース
規格 8センチCD
録音 -
ジャンル J-POP
レーベル エピックレコードジャパン
矢野顕子 シングル 年表
CHILDREN IN THE SUMMER
1993年
すばらしい日々
(1994年)
夢のヒヨコ
(1994年)
テンプレートを表示

矢野顕子の1994年のシングル。アルバム『ELEPHANT HOTEL』収録の音源とはアレンジが異なる。また、ビデオ・DVD『矢野顕子S席コンサート』には、矢野によるカバーの初演となるライブ映像が収録されている。

収録曲編集

  1. すばらしい日々
  2. 電話線

その他カバー編集

収録作品は初出のもののみ記載する。

脚注編集

  1. ^ 宇都宮美穂「19」(ソニー・マガジンズ文庫、1994年)

外部リンク編集