それぞれの秋 (テレビドラマ)

それぞれの秋』(それぞれのあき)は、1973年9月6日から同年12月13日までTBS系列の木曜22:00 - 22:56、木下恵介・人間の歌シリーズで放映されたテレビドラマである。第6回テレビ大賞本賞受賞作品、第11回ギャラクシー賞受賞作品。

それぞれの秋
ジャンル テレビドラマ
企画 木下恵介
脚本 山田太一
演出 井下靖央
阿部祐三
大谷弘
出演者 小林桂樹
小倉一郎
久我美子
林隆三
加藤嘉
伊藤孝雄
高沢順子
火野正平
桃井かおり
製作
プロデューサー 飯島敏宏
酒巻武彦
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年9月6日 - 1973年12月13日
放送時間 木曜22:00 - 22:56
放送枠 木下恵介・人間の歌シリーズ
放送分 56分
回数 15
テンプレートを表示

あらすじ編集

平凡なサラリーマン家庭を舞台に、家族愛、思いやりを大学生の次男の目線で問いかける。

スタッフ編集

出演編集

エピソード編集

本作ではナレーションが使用されたが、脚本の山田太一は、それはアメリカのテレビドラマの『逃亡者』の影響であると書いている。また、これを見た倉本聰はそれまでタブーと教え込まれていたドラマでのナレーション使用について「こんな手もありだな」と思い、『前略おふくろ様』で導入することにしたという[1]

また、当時「暖かい大家族もののホームドラマ」が流行していたため、山田はそれとは逆のドラマを構想した。家族にそれぞれ暗闇があるのは、「ホームドラマで、家族がすべてドラキュラだったら」という山田のアイディアによるという。

脚注編集

  1. ^ 倉本聰『獨白 2011年3月』ノーツ、2011年、p51 - 52

参考文献編集

TBS 木曜22時枠
木下恵介・人間の歌シリーズ
前番組 番組名 次番組
それぞれの秋