メインメニューを開く

火野 正平(ひの しょうへい、本名:二瓶 康一(にへい こういち)、1949年5月30日 - )は、日本俳優歌手東京都目黒区生まれ。シーズ・マネージメント所属。

ひの しょうへい
火野 正平
本名 二瓶 康一
別名義 二瓶 康一(旧芸名)
生年月日 (1949-05-30) 1949年5月30日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都目黒区
身長 168cm
血液型 A型
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 1961年 - 現在
配偶者 一般女性(1971年 - )※戸籍上は継続中[1]
一般女性(1982年 - )※事実婚[1]
主な作品
テレビドラマ
国盗り物語
必殺シリーズ
長崎犯科帳
草燃える
服部半蔵・影の軍団
長七郎江戸日記』シリーズ
混浴露天風呂連続殺人』シリーズ
八丁堀捕物ばなし」シリーズ
映画
ええじゃないか
極道の妻たち』シリーズ
終戦のエンペラー
Vシネマ
『新・麻雀放浪記』シリーズ
バラエティー番組
にっぽん縦断 こころ旅
備考
体重56kg

目次

来歴編集

東京で生まれ、中学・高校時代に大阪在住[2]

1962年フジテレビの『少年探偵団』でデビュー[3]

1966年わんぱく砦』に出演しファンレターが1日に山のように届くほどの人気を集めたが、人気はすぐに無くなり、この世界の厳しさを知ったという[4]。また制作会社社長から「視聴率がアップしたらギャラを上げてやる。」と約束されたが、実際に視聴率が好調が上がれど、ギャラが一向に上がらないことに怒り、社長に直談判したが、逆に嫌味を言われてその社長を追い回した[5]

1971年から、『おれは男だ!』、『刑事くん』などの端役、『太陽にほえろ!』などにゲストで出演した。

1973年NHK大河ドラマ太閤記』で緒形拳がブレイクしたことで、第二の緒形を作るべくNHKの指示で改名[6]池波正太郎が名付け親となり[2]、「火野正平」として大河ドラマ『国盗り物語』に羽柴秀吉役で出演、当たり役となり人気を集めた[2][3]。出演の経緯は、同じ事務所の近藤正臣が『国盗り物語』で明智光秀を演じることが決まり、「サル(秀吉のあだな)ならうちの事務所にも居ますよ。」と事務所の人間がNHKの関係者に紹介し出演が決まった[6]

1974年舛田利雄の監督作品映画『俺の血は他人の血』で映画初出演、初主演を果たした。また同年日本テレビで放送された『傷だらけの天使』では水谷豊が演じた乾亨役でほぼ出演が決まっていたが、スケジュールの都合で出演できなかった[7]

1977年『新・必殺仕置人』、1980年『服部半蔵・影の軍団』、1983年からの『長七郎江戸日記』、などの多くの時代劇や映画、2時間ドラマに出演し得難いキャラクターになった[2]

2011年からは日本全国を自転車で巡るNHK BSプレミアムにっぽん縦断 こころ旅』で旅人を務め[2]、そのひょうひょうとした姿が中高年を中心に共感を集めている[2]

2012年ハリウッド映画『終戦のエンペラー』で東条英機を演じ[8]、2018年日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』に出演するなど国際的にも活躍中。

人物編集

何かとワイドショーを騒がせていた時、山崎努を中心に[9]、当時『新・必殺仕置人[10]の撮影後にスケジュールを合わせて火野を飲み屋に連れて行き、「火野正平を更生させる会」と称した飲み会を開いていたという[11]、しかし火野によると会の名前だけが一人歩きしたもので、説教されたことは一度もなく[9]、むしろ火野が酒癖が悪くケンカをする山崎や中村嘉葎雄らを仲裁していたという[9]。また当時山崎とは野球をともにする仲であった[12]

幼少期から継続して犬を飼っており、「彼女がいない時期はあっても、犬がいない時期はありませんでした」と言うほどの愛犬家で、最多で同時に9頭、2018年現在でもニューファンドランド2頭を含む3頭を飼育している[13]

私生活では1970年、同棲生活をしていた一般女性と結婚、1男1女を儲けるも1972年別居を経て離婚、ただし離婚届を出せずに戸籍上は40年以上婚姻関係が続いていたことが、2016年に判明[1])。その後も有名女優らと数々の浮名を流し当時のワイドショーを賑わせた。1982年には同棲をしていた一般女性(鳳蘭のマネージャーだった)との間に、2人の女の子が生まれて認知し、この女性とは事実婚の状態で暮らしている。

出演編集

※「 - 」は役名

テレビドラマ編集

二瓶康一名義編集

  • 少年探偵団(1960年 - 1963年、CX
  • 忍者番号十七番(1963年、CX)
  • まぼろし城(1964年、CX)
  • 天兵童子(1964年、ABC
  • かあちゃん結婚しろよ(1965年、ABC)
  • バックナンバー333(1966年、ABC)
  • 母の記録 誇らしきわが子(1966年、KTV
  • わんぱく砦(1966年、ABC)
  • 無敵!わんぱく(1968年、TBS
  • 大坂城の女(1970年、KTV) - 与一郎
    • 第16話「狙われた幼君」
    • 第17話「忠義の報酬」
  • おも舵とり舵(1971年、ABC)
  • 刑事くん(1971年、TBS)「1部・2部」
  • 遠山の金さん捕物帳 第70話「笑って消えた男」(1971年11月7日、NET / 東映) - 建太
  • なんたって18歳!(1972年、TBS)
    • 第37話「秘密がバレちゃった」
    • 第39話「空を飛ぶよな恋をした」
  • 天下御免(1971年、NHK
  • 銭形平次 第294話「八五郎が縛られた」(1971年12月22日、CX / 東映) - 伊吉 大川橋蔵
  • 木枯し紋次郎 (CX / C.A.L
    • 第1シリーズ 第1話「川留めの水は濁った」(1972年1月) - 宿場の若いチンピラ
    • 第2シリーズ 第4話「地獄を嗤う日光路」(1972年12月)
  • おれは男だ! 第39話「弘二さんあなたの赤ちゃんです!」(1972年1月、NTV / 松竹) - 滝田勲(通称ノロ)
  • 飛び出せ!青春(1972年、NTV・東宝) - 兵頭幸夫
    • 第15話「栄光とはなんだ!」
    • 第28話「学校が面白いなんてバカじゃないか!!」
  • 太陽にほえろ! 第5話「48時間の青春」(1972年、NTV / 東宝) - 藤沢潔
  • 泣くな青春 第9話「割れた鏡」(1972年、CX / 東宝) - 西川務
  • 火曜日の女シリーズ・あの子が死んだ朝(1972年、NTV / 大映テレビ

火野正平名義編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • 内閣特務捜査官(1998年、ミュージアム
  • 新麻雀放浪記シリーズケイエスエス) - 坊や哲
    • 新麻雀放浪記(1999年)
    • 新・麻雀放浪記2(1999年)
    • 新・麻雀放浪記3 死闘編(2000年)
    • 新・麻雀放浪記4 旅情編(2000年)
    • 新・麻雀放浪記5(2001年)
  • 横浜バンスキング(2000年、ミュージアム)
  • ドサ健 麻雀地獄(2001年、ケイエスエス)
  • 極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU(2003年、オフィスアスク)

テレビアニメ編集

  • チャーリーブラウンとスヌーピー(1991年) - 運転手

バラエティー編集

CM編集

音楽編集

シングル編集

  • そのままに(1977年10月)
  • たずねてもいいかい(1978年3月)
  • ひとり(1978年8月)※火野正平の作詞・作曲
  • 俺(1980年1月)
  • ファニー(1982年1月23日)
  • 北風の中…(1982年12月5日)※松山千春の作詞・作曲
  • 赤い糸(1983年)※火野正平の作詞・作曲
  • 夢のつづき(1983年9月21日)※南こうせつの作曲
  • だまって俺についてこい(1986年)
  • ゴメンネ(1991年) - TECH35イメージソング
  • 想い出にされてたまるか(1991年)
  • 今年の薔薇(2009年)

アルバム編集

  • 冬よこい(1977年) ディスコメイト・レコード:DSF-5008
  • 夢ごこち(1978年) ディスコメイト・レコード:DSF-5013
  • どりゅうず(1981年6月25日) コンチネンタル・レコード:CI-3
  • ふり向いて…(1983年1月21日) ラジオシティ・レコード:RL-3023
  • 詩航路(1983年10月21日) キング・レコード:K28A-434
  • 近藤正臣vs火野正平 ジョイントライブ(1984年)
  • ゴメンネ(1991年11月21日)
  • ウーマン達への子守唄(2009年3月4日)

本・ムック編集

  • 俺(1980年)
  • 夢のあとさき 心の扉をあなたに(1983年)
  • 必殺DVDマガジン 仕事人ファイル5 念仏の鉄(2010年5月25日、講談社)※巻末インタビュー。
  • 若くなるには、時間がかかる(2016年、講談社

脚注編集

  1. ^ a b c “火野正平、35年間未入籍だった!元祖色男が半生記で衝撃告白”. SANSPO.com. (2016年1月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160126/geo16012605040004-n1.html 2019年5月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 竹縄昌 (2016年2月18日). “【火野正平】3歳で父親と死別、継父との確執、華麗な女性遍歴…赤裸々な自伝が人気”. zakzak. https://www.zakzak.co.jp/people/news/20160218/peo1602180830001-n3.htm 2018年10月26日閲覧。 
  3. ^ a b モテの天才・火野正平が語る男の色気 プレイボーイ”に年齢は関係ない!”. 週刊現代. 講談社. 2018年10月26日閲覧。
  4. ^ 春日太一 2018, p. 258
  5. ^ 石橋春海『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、97 - 98頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  6. ^ a b 春日太一 2018, pp. 258-259
  7. ^ 「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2016年9月13日). 2019年5月7日閲覧。
  8. ^ 春日太一 2018, p. 267
  9. ^ a b c 火野正平 2016, p. 85
  10. ^ a b 謎の人物「屋根の男」を演じたマキは、火野正平の当時のマネージャー。[要出典]
  11. ^ 春日太一 2018, p. 265
  12. ^ 火野正平 2016, pp. 85-86
  13. ^ [火野正平さん]リフレッシュは愛犬と”. ヨミドクター. 読売新聞社 (2018年2月9日). 2018年2月11日閲覧。
  14. ^ 社長、運をためる”. 「重版出来!」現場レポート. TBSテレビ (2016年5月10日). 2019年5月7日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集