メインメニューを開く

つくばヘリポート

茨城県つくば市にある公共用ヘリポート

つくばヘリポート(つくばヘリポート、Tsukuba Heliport)は、茨城県つくば市上境992番地にある公共用ヘリポート。県の指定管理により(株)日本空港コンサルタンツが運営している。

つくばヘリポート
Tsukuba Heliport 101027.jpg
つくばヘリポート
IATA: なし - ICAO: なし
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 茨城県つくば市上境992番地
種類 公共
所有者 茨城県
運営者 茨城県
運用時間 7:00 - 19:00 (JST) (但し日没後は離着陸不可)
標高 8 m
座標 北緯36度07分03秒 東経140度07分52秒 / 北緯36.11750度 東経140.13111度 / 36.11750; 140.13111座標: 北緯36度07分03秒 東経140度07分52秒 / 北緯36.11750度 東経140.13111度 / 36.11750; 140.13111
地図
つくばヘリポートの位置
つくばヘリポートの位置
つくばヘリポート
つくばヘリポートの位置
つくばヘリポートの位置
つくばヘリポート
つくばヘリポートの位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
? ?
ヘリパッド
番号 長さ×幅 (m) 表面
H1 35×30 アスファルト/コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

つくば市の北東部の上境にある公共用としては茨城県初のヘリポートで、東京までの飛行時間を20分ほどで結ぶ位置にある[1]防災警察等の行政用途の他、民間運航者の人員輸送、航空写真撮影、農薬散布等の拠点、守谷市下妻市などの近在のヘリポートからの訓練機、報道用ヘリコプター、筑波山頂のアンテナ基地補修のためのヘリの着陸地として利用されている[2]。運用時間は午前7時から午後7時である。ただし、日没後は離着陸不可である。

施設は、敷地面積約3.1ヘクタールの中に、長さ35 m、幅30 mの滑走路と大型機、小型機のバースが備わっており、その滑走路は最大離陸強度9トンの強度を有し、機体全長26m以内のヘリコプターの離着陸が可能である[1]。また、パイロットの休憩施設や乗降客待合所が設けられたターミナルビルと、ヘリコプター4機分の格納庫も同敷地内に併設される[1]

茨城県の空の公共交通基盤整備の第一歩として1988年度(昭和63年度)から調査が始められ、1990年度(平成2年度)よりヘリポートの工事に着手[1]1991年(平成3年)7月23日に開港した[3]。開港時の建設費は約7億8000万円[4]。開設の計画策定時には水戸地域とともにヘリポート建設が策定されたが、用地確保等の問題からつくば市が優先され、水戸地域については結果として百里飛行場民間共用化計画の中に包含されることとなった。

2005年度の着陸回数は1379回(出典:茨城県企業局HP掲載資料より)。茨城県作成の2003年度の公共施設別の行政コスト計算書では利用者1人あたりのコストが2万4434円と最も大きかった[5]

1991年に航空関連商社のエアーサプライが出資するジャパンエアネットワークが東京ヘリポートとの間で通勤用定期便を計画したことがある[6]成田国際空港との間のコミューター路線就航計画もバブル経済の頃には存在した[2]中日本航空が利用していたこともあったが、撤退している[2]

ヘリポート周辺はであり、学園東大通り沿いにある大きな案内看板に従ってヘリポートへ向かっても、自動車がすれ違えないような道幅の狭い区間もある[2]。アクセス道路整備計画が宙に浮いたのが原因である[2]

常駐利用者編集

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 「飛行20分、東京と直結」つくばヘリポート『茨城新聞』、1992年1月3日付日刊、3面。
  2. ^ a b c d e f g 本書店レポート部 編(2005):25ページ
  3. ^ 市長公室広報課 編(2013):9ページ
  4. ^ 出典:1991年7月24日付朝刊 日本経済新聞
  5. ^ 出典:2004年12月15日付 日本経済新聞。但し防災・救急・警察等の用途がある施設は1人当たりコストは高くなる傾向がある。
  6. ^ 出典:1991年1月10日付 日経流通新聞

参考文献編集

  • 市長公室広報課 編『広報つくば2013年11月号』No.516、2013年11月1日、15p.
  • 本書店レポート部 編『つくばレポートvol.1』つくば書店、2005年9月25日、81pp. ISBN 4-902451-00-X

関連項目編集

外部リンク編集