メインメニューを開く

はたともこ

日本の政治家

はた ともこ1966年8月26日 - )は、日本の元政治家薬剤師参議院議員(1期)を務めた。2009年6月に戸籍名を、秦 知子から「はたともこ」に変更した[1]

はた ともこ
生年月日 (1966-08-26) 1966年8月26日(53歳)
出生地 広島県福山市
出身校 明治薬科大学薬学部
所属政党民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
生活の党→)
無所属
公式サイト はたともこweb

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2011年11月10日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

来歴編集

広島県福山市出身。広島県世羅郡甲山町立宇津戸小学校、広島大学附属福山中学校・高等学校明治薬科大学薬学部卒業。

2011年11月10日参議院議長西岡武夫の死去により、参議院議員に繰り上げ当選[2]

2012年野田内閣消費増税方針に反発し、7月2日に民主党に離党届を提出し[3][4][5]、7月3日に受理された[6][7]。同月11日、国民の生活が第一の結党に参加した[8]

HPVワクチンの定期接種化に反対(医学的根拠なし)のため、2013年3月29日成立の改正予防接種法に、全国会議員中ただ1人反対した。

同年7月の第23回参議院議員通常選挙に、「国民の生活が第一」の流れを汲む生活の党より比例区に出馬するが、同党からは比例区の当選者が出ず落選。

同選挙後、山本太郎公設第一秘書に就任[9]

2016年6月 山本太郎事務所を退職。

2016年6月以降、完全フリーの立場。

2017年10月の立憲民主党結党以来、立憲民主党の活動を支え、2018年7月に立憲パートナーズ登録。

選挙編集

脚注編集

  1. ^ プロフィールはたともこweb
  2. ^ 2011年(平成23年)11月10日中央選挙管理会告示第10号「平成十九年七月二十九日執行の参議院比例代表選出議員の選挙における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  3. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  4. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  5. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  6. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  7. ^ “「造反事実ない」と参院12人の離党届を受理”. 読売新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120710020547/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000135-yom-pol 
  8. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  9. ^ [1]「参議院議員 山本太郎」オフィシャルサイト/2017年12月25日閲覧。
  10. ^ 比例 生活の党(生活) 選挙結果 : 参議院選挙(参院選)2013 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

関連項目編集

外部リンク編集