メインメニューを開く
「まちバス」の車両(香林坊にて)

まちバスは、金沢商業活性化センターが、石川県金沢市で運営(運行委託先は西日本ジェイアールバス)する路線バス「金沢ショッピングライナー」の愛称である。キャッチフレーズは『買いバス。食べバス。遊びバス。』

目次

概要編集

2007年6月より金沢商業活性化センター(金沢市出資の第3セクター)と金沢市が補助金を支出して試験的に運賃無料で土曜・日祝日に運行を開始した。運行は西日本JRバス金沢営業所に委託され、同営業所に所属する既存の一般路線車を利用していた。

期間延長を行いながら2008年1月14日まで運行した後、同年4月5日より本格運行を開始(当初は2009年3月29日までの運行予定、のち延長)されている。試験運行時より時間延長や増便が図られ、1乗車大人100円、小人50円という運賃も徴収されるようになった。このときから全面水色の車両(西日本JRバス平城山派出所(2008年3月廃止)から移籍のいすゞ・エルガミオ)が「まちバス」専用車両として使われるようになった。

損失が出た場合には市や商店街が補填することになっていたが、2008年度は結果として黒字になった。2009年3月時点では、一便あたりの乗客数は約62人で、無料運行時とほぼ同数という[1]

なお、2008年7月の「兼六園シャトル」の運行開始以降も、当路線の乗客数は、大幅に落ち込まず堅調であることが報道されている[1]

2009年春に行われた調査によると、まちバスの利用者は、富山県や福井県などの隣県を始めとした「県外」からの利用者が4割近くを占めているという[2]

2016年1月30日、運行開始以来の累計乗客数が200万人を突破した[3]

運行日・運行時間・運賃編集

  • 土曜・日曜・祝日のみ運行。
  • 初発:9時40分、終発:20時00分(始発停留所の発車時刻)
  • 9時40分から17時40分までは20分間隔[4]、18時00分から20時00分までは30分間隔[4]で運行(始発停留所基準)
  • 一周約35分
  • 運賃は後払い。1乗車大人100円、小人50円。
  • 乗車時は中扉、降車時は前扉を利用。

運行経路 編集

1 金沢駅兼六園口(東口)・金沢フォーラス→2 武蔵ヶ辻近江町市場→3 南町尾山神社→4 香林坊大和アトリオ→5 片町タテマチ→6 タテマチ広場→7 本多町歌劇座鈴木大拙館→8 金沢21世紀美術館兼六園(真弓坂口)→9 香林坊東急スクエア日銀前→10 南町・尾山神社→11 武蔵ヶ辻・めいてつ・エムザ→12 リファーレ→13 金沢駅兼六園口(東口)・金沢フォーラス
  • 金沢21世紀美術館」バス停では時間調整のため数分間停車する。なお、この停留所は北鉄バスの「広坂」バス停に相当する場所にある。
  • 「金沢駅東口」の乗車場所と降車場所は異なる。

脚注編集

外部リンク編集