メインメニューを開く
城下まち金沢周遊(右回りルート、日野・ブルーリボン
城下まち金沢周遊(左回りルート、日野・ブルーリボン)

城下まち金沢周遊(じょうかまちかなざわしゅうゆう)は、北陸鉄道が、主に観光客向けとして石川県金沢市内の観光地を結ぶために運行している路線バスである。北陸鉄道のウェブサイトでは城下まち金沢周遊バスと表記している。

目次

概要編集

1994年に、金沢駅東口から武蔵ヶ辻兼六園下を経由し金沢駅東口へ戻るルートで開業したバス路線[1]である。当初はこのルートで運行していたが、2011年に金沢市が運行実験[2]として逆回りルートを運行した結果から、開始当初のルートを「右回りルート」、その逆回りルートを「左回りルート」として2014年4月1日から運行している[1][3]

当初は大型バスで運行したが一度小型化された。その後、2015年北陸新幹線開業による観光客の増加を見越してバスを再び大型化した[1][3](車両については後述)。ダイヤは日中の時間帯に15分間隔で運行している。

運行路線編集

現在のバス停は太字で表記。ダイヤなど詳細は公式サイトを参照。

左回りルート
当初の№ 現在の№ 停留所 ふりがな 備考
LL0 LL0 金沢駅東口 かなざわえき 7番のりば
LL1 LL1 武蔵ヶ辻近江町市場
(いちば館前)
むさしがつじ・おうみちょういちば 2014年12月「武蔵ヶ辻」より改称。
LL2 LL2 南町尾山神社 みなみちょう・おやまじんじゃ 2014年12月「南町」より改称。
LL3 LL3 香林坊
アトリオ前)
こうりんぼう
LL4 LL4 片町
(パシオン前)
かたまち
LL5 LL5 広小路
寺町寺院群にし茶屋街
ひろこうじ
LL6 LL6 桜橋 さくらばし 2014年4月新設
LL7 LL7 本多町
金沢歌劇座前)
ほんだまち
LL8 LL8 広坂21世紀美術館
石浦神社向い)
ひろさか・21せいきびじゅつかん
LL9 LL9 兼六園下金沢城
(白鳥路前)
けんろくえんした・かなざわじょう
LL10 LL10 橋場町
(金城楼向い)
はしばちょう 大樋美術館向いから2015年9月16日に移設。
LL11 - 橋場町 はしばちょう かつての2か所停車、2015年9月16日に廃止。
LL12 - ひがし茶屋街 ひがしちゃやがい 2015年3月14日に廃止。
- LL11 東山三丁目 ひがしやま3ちょうめ 2015年9月17日新設。
LL13 LL12 小橋町 こばしまち
- LL13 明成小学校前 めいせいしょうがっこうまえ 2016年4月1日新設。
(LL0) (LL0) (金沢駅東口) かなざわえき
金沢駅発 所要 間隔
8:30 - 18:00[1] 約40分 15分
右回りルート
旧№ 現在の№ 停留所 ふりがな 備考
L0 RL0 金沢駅東口 かなざわえき 7番のりば
L1 - リファーレ前 リファーレまえ 2014年4月に無停車化。
L2 RL1 明成小学校前 めいせいしょうがっこうまえ
L3 - 小橋 こばし 2016年3月31日に廃止。
- RL2 小橋町 こばしまち 2016年4月1日新設。
L4 - 馬場児童公園 ばばじどうこうえん 2016年3月31日に廃止。
L5 RL3 森山一丁目 もりやま1ちょうめ
L6 RL4 橋場町
(ひがし・主計町茶屋街)
はしばちょう
L7 RL5 橋場町
(金城楼前)
はしばちょう
L8 RL6 兼六元町 けんろくもとまち
L9 RL7 兼六園下・金沢城
(石川門向い)
けんろくえんした・かなざわじょう
L10 RL8 広坂・21世紀美術館
(石浦神社前)
ひろさか・21せいきびじゅつかん
L11 RL9 本多町
北陸放送前)
ほんだまち
L12 - 犀星文学碑前 さいせいぶんがくひまえ 2016年3月31日に廃止。
L13 - 十三間町 じゅうさんげんまち 2016年3月31日に廃止。
- RL10 桜橋 さくらばし 2017年4月1日新設。
RL10 RL11 広小路
(大桜前)
ひろこうじ 2016年4月1日新設。
L14 RL12 片町 かたまち
L15 RL13 香林坊
日銀前)
こうりんぼう
L16 - 香林坊 こうりんぼう かつての2か所停車
L17 RL14 南町・尾山神社 みなみちょう・おやまじんじゃ
L18 RL15 武蔵ヶ辻・近江町市場
めいてつ・エムザ黒門小路前)
むさしがつじ・おうみちょういちば
L19 - リファーレ前 リファーレまえ
(L0) (RL0) (金沢駅東口) かなざわえき
金沢駅発 所要 間隔
8:35 - 18:05[1] 約40分 15分

車両編集

 
城下まち金沢周遊の旧車両(鏡花、日野・ポンチョ

前述のとおり、2014年4月1日に左回りルート設定時からバスを大型化している[3]。現在の使用車両は日野・ブルーリボンで、原則として右回りルートは赤色、左回りルートは緑色の車両を使用している(写真参照)。

開業当初は、前後折戸を採用した大型車(日野・ブルーリボン)を城下まち金沢周遊専用車として使用[4]。この車両は金沢地区の一般路線に転用されたが、急速なノンステップ・ワンステップ化の波には逆らえず、1997年式の2両は加賀温泉バス・能登西部バス(現北鉄能登バス)に移籍している(1994年式3両は北鉄金沢中央バスに移籍後、2010年夏ごろに引退。1997年式のうち加賀温泉バスに移籍した1両は2014年に引退)。

2代目はボンネットタイプの三菱ふそう・ローザ[5]で、金沢ゆかりの文人の名前から、鏡花(赤)、秋声(緑)、犀星(青、2両)の名がついた3種類(4両)を2000年に導入[6]2013年には、北陸鉄道創立70周年の記念事業として1978年に引退したボンネットバスを当時のカラーリングで復刻させ城下まち金沢周遊で使用した[7][8]。このボンネットタイプは2014年に大型バスが導入された後も右回りルートで使用されたものの、2016年3月で引退している[5][9]。なお、引退した車両は1両が小松市に寄贈されている[6]

3代目は日野・ポンチョをベースにしたノンステップレトロバス・鏡花(赤)の計5両のバスで運行されたが、2016年に引退し路線バスのカラーリングで加賀白山バスで使用されている[10]

乗車券編集

1乗車200円の乗り切り制で、金沢駅を越えての乗車も可。このバス専用の一日乗車券(500円:金沢市内一般路線の地帯制200円区間、兼六園シャトルも乗降自由)も売られている。なお、このバスでは、定期券ICaは使用できない。また、城下まち金沢周遊専用回数券(1,000円:8枚綴)は、2008年9月30日をもって販売を終了した。

また、西日本旅客鉄道(JR西日本)の「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」[11]東海旅客鉄道(JR東海)の「金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ」[12][13]でも乗車することができる(乗車にはいずれも「かえり券」提示が必要)。なお、いずれの商品も北陸鉄道ならびに北陸地方では発売していない。

脚注編集

  1. ^ a b c d e “「城下まち金沢周遊バス」に左回りルート-にし茶屋街などへのアクセス向上”. 金沢経済新聞. (2014年4月25日). https://kanazawa.keizai.biz/headline/2210/ 2019年3月6日閲覧。 
  2. ^ 城下まち金沢周遊逆まわりルート運行実験 - 金沢市
  3. ^ a b c “「逆回り」4月から運行 周遊バス 便利に”. 中日旅行ナビぶらっ人(中日新聞). (2013年12月18日). https://tabi.chunichi.co.jp/odekake/131218ishikawa_bus.html 2019年6月20日閲覧。 
  4. ^ 社号24-411 - 北陸鉄道
  5. ^ a b 社号90-576 - 北陸鉄道
  6. ^ a b 北陸鉄道株式会社様より寄贈いただいたバス車両について 乗りもののまちの魅力を高めるボンネットバスに (PDF)”. 小松市. 2019年3月6日閲覧。
  7. ^ “35年前のボンネットバス復刻-金沢・北陸鉄道が創立70周年記念企画”. 金沢経済新聞. (2013年9月19日). https://kanazawa.keizai.biz/headline/2088/ 2019年3月6日閲覧。 
  8. ^ “石川県の北陸鉄道、創立70周年記念で1970年代のボンネットバス塗装を復刻”. マイナビニュース. (2013年9月11日). https://news.mynavi.jp/article/20130911-a044/ 2019年3月6日閲覧。 
  9. ^ “ボンネットバス:引退へ 「城下町の足」さようなら 大型に切り替え 北鉄鉄道/石川”. 毎日新聞. (2013年9月19日). https://mainichi.jp/articles/20160325/ddl/k17/040/309000c 2019年3月6日閲覧。 
  10. ^ 社号28-824 - 北陸鉄道
  11. ^ “「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」を発売します!” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年2月26日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6875.html 2019年8月8日閲覧。 
  12. ^ “「金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ」の発売について” (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2015年2月27日), https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000025688.pdf 2019年8月8日閲覧。 
  13. ^ 金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ - 東海旅客鉄道

外部リンク編集