メインメニューを開く
わさび漬け(安曇野市穂高)

わさび漬け(山葵漬け)は、刻んだワサビ酒粕漬けたもの粕漬け)。季語[1]

目次

製法編集

日本大百科全書(ニッポニカ)』の解説による[2]

  1. 材料となるワサビの根や茎などを細かく切る。
  2. で数時間、下漬けをする。
  3. 水気を絞り、調味料(塩や砂糖みりんなど)を加えた酒粕で漬ける。

発祥編集

静岡県のわさび漬け編集

現在のわさび漬けの発祥は、江戸時代宝暦年間(1751年 - 1763年)のことである。駿河国(現・静岡県)の商人であった田尻屋利助という人物が、現在の静岡市葵区有東木に伝わるワサビの茎の糠漬けを元に考案し、売り出したのが始まりとされる。その後、1889年明治22年)に静岡駅東海道本線)が開業すると、でできた化粧に詰めたわさび漬けが車窓越しに販売されるようになった。これが人気を博し、日本全国にわさび漬けが広まるきっかけとなった[3]

長野県のわさび漬け編集

長野県安曇野安曇野市穂高地区)では明治以降、豊富な湧水を利用したワサビの栽培が始められた。静岡からこの地にわさび漬けの製法が伝わったのは1892年(明治25年)頃。それまではワサビの漬物としては甘酒漬けが存在したが、日持ちしないという欠点があった。ワサビの粕漬けは好評を得て、舟運鉄道新潟方面から販路を拡大させていった[4]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ コトバンク 山葵漬とは(デジタル大辞泉の解説)”. 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ コトバンク わさび漬けとは(日本大百科全書 ニッポニカの解説)”. 2018年4月20日閲覧。
  3. ^ 静岡水わさびの伝統栽培 栽培の歴史”. 静岡わさび農業遺産推進協議会. 2018年4月20日閲覧。
  4. ^ 『穂高町誌 第三巻(歴史編 下)』168 - 169、180 - 181ページ。

参考文献編集

  • 穂高町誌編纂委員会編集『穂高町誌 第三巻(歴史編 下)』穂高町誌刊行会、1991年1月20日。

関連項目編集