日本農業新聞

JAグループの新聞

日本農業新聞(にほんのうぎょうしんぶん)は、世界で唯一の日刊農業専門紙「日本農業新聞」の発行をはじめ、食と農の総合情報メディア、JAグループの情報受発信センターとして、多様な媒体を用いた情報発信を展開している新聞社、多メディア企業である[1]。また、それが発行する新聞のことである。

日本農業新聞
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社日本農業新聞
本社 東京都台東区秋葉原2番3号
代表者 代表取締役会長 港義弘
創刊 1928年3月20日
前身 市況通報
言語 日本語
価格 月極 2,623円
(北海道のみ)2,520円
電子版 2,623円(全国)
発行数 約34万5千部
テンプレートを表示
株式会社日本農業新聞
THE JAPAN AGRICULTURAL NEWS
日本農業新聞本社ビル.jpg
種類 株式会社
略称 日農、農業新聞
本社所在地 日本の旗 日本
110-8722
東京都台東区秋葉原2番3号
設立 2002年8月1日(創立:1928年3月20日
業種 情報・通信業
法人番号 1010501026847 ウィキデータを編集
事業内容 新聞の発行事業、情報誌のメディア・広報事業、データベース・電子版のデジタル事業、JAグループ関連事業等
代表者 代表取締役会長 港義弘
資本金 9億1240万円
売上高 約78億円(2019年3月期)
従業員数 正社員:225人(2021年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 全国新聞情報農業協同組合連合会
主要子会社 ジェイエイ情報サービス
関係する人物 山田優 (ジャーナリスト)
外部リンク https://www.agrinews.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

発行部数は約34万5千部(2016年・日本ABC協会)。日本新聞協会加盟。

最も多くの読者に読まれている専門紙の一つである。また、日本ABC協会加盟紙の中で、一般紙である全国紙(五大紙)、ブロック紙、一部の地方紙に次ぐ読者数を誇る。

世界恐慌が農村部にも波及、商人の農産物買い叩きが横行し農家が困窮の極みにある中、その窮状を救うべく、1928年(昭和3年)3月20日に農産物市況を伝えるために発行した「市況通報」が日本農業新聞の前身である。戦中・戦後の混乱期を乗り越え、農業・農村の歴史を刻んできた。

1947年(昭和22年)11月19日の農業協同組合法施行後の1948年(昭和23年)に、日本農業新聞の発行母体である全国農業会が解散し、群馬、山梨、東京の農業協同組合代表が連合会設立の世話人会を開催、日本初の全国連となる全国新聞情報農業協同組合連合会を設立して新聞発行を引き継いだ。これにより農協系統組織が農業専門紙を有することとなった。

週刊から週2回発行に前進する中、日刊化を急ぐべきとの系統組織内からの声が高まり、1957年(昭和32年)7月に松山市で開かれた全国農協役職員盟友大会で「日本農業新聞の日刊発行体制の確立を促進すべき」とする緊急提案がなされ、満場一致により採択されたことにより、全国日刊化へ大きく動き出した。

1967年(昭和42年)に東日本から日刊がスタート。7月1日付紙面には当時の佐藤栄作首相が「この日刊化は農業近代化に資する新聞の役割を前進させるもので国民的見地からも重要な意義がある」と寄せている。

第一次オイルショックにより、用紙事情のひっ迫、制作資材費の上昇などにより苦境に直面したが、1978年(昭和53年)4月1日に国内唯一となる全国日刊の農業専門紙が誕生した。現在に至るまで、日刊の農業専門紙は世界唯一となっている。また、国内の新聞社の中で、北海道から沖縄の離島まで、同一定価で配達している唯一の新聞となっている。

公正・中立報道をうたい、新聞報道の自由と責任を守る日本新聞協会には1948年(昭和23年)に加盟している。

公益法人に対する規制が強化され、営利事業については原則として一般企業により行わなければならなくなったことから、2002年に株式会社化するための受け皿として“株式会社日本農業新聞”が設立され、JA新聞連から大半の事業が譲渡された。

農業関係者向けの関連ニュースだけでなく、一般の読者にもわかりやすく農業やの問題について解説できるように紙面を工夫している。またスポーツ紙以外の専門紙では珍しくテレビの番組表が掲載されている。日本経済新聞2008年11月に沖縄での現地印刷を開始するまで、一般の全国紙も実現していない、沖縄県を含めた全国への即日宅配を唯一行っている新聞だった。

内閣記者会、八日会(国会記者クラブ)、農政クラブ(農林水産省)、霞クラブ(外務省)、財政クラブ(財務省)、兜クラブ(東京証券取引所)、環境問題研究会(環境省)、国土政策研究会、気象庁記者クラブ、文科省記者クラブ、大田記者会など33の記者クラブで活動している[2]

全国17か所の契約印刷拠点、北海道から沖縄県まで約8400の新聞販売店から宅配を行う。

朝日新聞社日刊スポーツ新聞社などと一部業務の協力関係がある他、西日本新聞社などと災害時の協定を結んでいる。[3]

沿革編集

  • 1928年 - 『市況通報』として創刊。
  • 1937年 - 現題号に変更。
  • 1958年 - 隔日刊(1日おき発行)となる。
  • 1967年 - 順次地域ごとに日刊化。
  • 1978年 - 完全日刊化。ただし日曜は休刊。
  • 1987年 - 日曜版も発行。10月1日より神保あつしの4コマ漫画『ゴリパパ一家』を連載開始。
  • 1989年 - 日本経済新聞の有料パソコン通信情報検索サイト「日経テレコン」にデータベースを提供。
  • 1993年 - 現在の横組題字に。
  • 2001年 - 日曜版のタブロイド付録「&YOU」を創刊。
  • 2002年 - “株式会社日本農業新聞”を設立。
  • 2003年 - 創刊75周年を迎える。JAのホームページづくりを支援する「アナザー・スタッフ」事業開始。あぐりフォトサービス事業開始。
  • 2004年 - キャンペーン「わくわく どきどき 食の学校」展開(農政ジャーナリストの会「農業ジャーナリスト賞」受賞)。一村逸品大賞創設。
  • 2005年 - JA農産物直売所情報紙「フレ」創刊。
  • 2007年 - 地区版完全ワイド化。
  • 2008年 - 創刊80周年を迎える。新電算編集システム(新CTS)導入。拡大文字(N字)に移行。
  • 2009年 - キャンペーン「食料有事」(「農業ジャーナリスト賞」受賞)。
  • 2010年 - 新市況システム2010完成。青果市況「日農INDEX」(日農平均価格、NOPIX)の新設。農畜産物相場情報サイト「netアグリ市況」の運営。
  • 2011年 - 花市況「日農INDEX」稼働。
  • 2015年 - CTSを更新。
  • 2017年 - 5月1日、『ゴリパパ一家』が連載1万回を達成[4]
  • 2018年 - 創刊90周年。仮社屋へ移転。
  • 2020年 - 新社屋(日本農業新聞本社ビル)が完成。
  • 2021年 - 電子版(有料)が開始。

紙面・論調編集

日本の農業、および農業者を保護する立場をとっており、TPP(環太平洋連携協定)、FTA(自由貿易協定)締結やWTO交渉などが行われる際、農産物の関税低減・自由化や輸入枠拡大は国内農業を脅かす、として反対する傾向にある。

また専門紙として、農産物の市況や生産技術などの報道も力を入れている。東京・秋葉原の本所のほか、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡に支所を、長野、松山に支局を、新潟に駐在を置いている。また日本新聞協会に加入し、国会や農政など主要記者クラブに加盟。面建ては「総合(農政、経済、営農)」「JA」「流通経済・市況」「食農・園芸」「天気」「総合営農」「くらし・女性」「直売」「地方版」などで構成されている。 各地方版の記事(各地の会議やイベントなど)などは、全国に約1700人いる通信員(農業協同組合の職員など)が取材している。また、海外特約通信員(米国、フランス、スイス)、海外特約通信社(米国、韓国、中国)がある。

組織編集

  • 論説委員室
  • デジタルイノベーション室
  • 総務企画局
  • 業務局
  • 広報局
  • 編集局
  • 支所・支局・駐在

- 北海道支所 : 札幌市中央区北4西4 共済ビル

- 東北支所 : 仙台市青葉区上杉1-2-16 JAビル

- 東京支所 : 台東区秋葉原2-3 日本農業新聞本社ビル

- 信越支局 : 長野市北石堂町1177-3 JAビル

- 新潟駐在 : 新潟市中央区東中通一番町189-3 JA新潟ビル

- 中部支所 : 名古屋市中区錦3-3-8 JA愛知ビル西館

- 大阪支所 : 大阪市北区西天満1-2-5 JAビル

- 中国四国支所 : 広島市中区基町13-13 広島基町NSビル

- 四国支局 : 松山市三番町4-4-6 松山センタービル2号館

- 九州支所 : 福岡市中央区天神4-6-7 JRE天神クリスタルビル

  • 分室

- 大手町分室 : 千代田区大手町1-3-1 JAビル

ラ・テ欄編集

南関東版(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県向け)編集

フルサイズ
ハーフサイズ

(北関東版は、とちぎテレビと群馬テレビのみ)

クオーターサイズ2列

日中の番組を中心にいわゆる「汎用タイプ」(テレビ雑誌に掲載されるような当日の内容ではなく番組の概要紹介)が掲載されることが多い[独自研究?]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ その他事業(新聞・出版事業)|JAグループの組織事業|JAグループとは|JAグループ (組織)” (日本語). JAグループ (組織). 2021年9月16日閲覧。
  2. ^ 日本農業新聞 採用サイト”. agrinews.recruitment-info.jp. 2020年5月3日閲覧。
  3. ^ 日本新聞協会発行の「データブック日本の新聞2022」p40
  4. ^ 「ゴリパパ一家」連載1万回・アニメ制作記念特集 日本農業新聞 2017年8月27日

外部リンク編集