A8は、ドイツの自動車メーカーアウディが製造・販売する同社の高級乗用車・フラッグシップモデルである。本稿では日本仕様車を中心に取り上げる。

アウディ A8 (D5)

概要編集

1988年に登場したアウディ・V8の後継モデルとして1994年にデビューした。名前の示すとおりアウディのフラグシップモデルで、Fセグメント(全長5m以上のラージクラス)に属している。駆動方式は一時期はFFモデルもあったが、現在はクワトロシステムフルタイム(4WD)のみ。日本へは1995年から導入している。

最大の特徴は、オールアルミニウムボディ車であることである。ASF(アウディスペースフレーム)コンセプトの下、オールアルミ製のスペースフレームにアルミパネルを架装するという設計で、全長5mの大柄な車体が軽量化され、走りの良さと省燃費を生み出している。

ハイパフォーマンスモデルとして、「S」の名を冠した「S8」がある。

初代(1994年-2003年)D2系編集

アウディ・A8(初代)
D2系
前期型
後期型
販売期間 1994年 - 2003年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
FF
変速機 5速MT
6速MT
5速AT
4速AT
全長 標準仕様:5,034mm
ロング仕様:5,164mm
全幅 1,880mm
全高 1,438mm
ホイールベース 標準仕様:2,882mm
ロング仕様:3,010mm
先代 アウディ・V8
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1995年 - フォルクスワーゲン・アウディ日本(VAN)より発売。グレードは「4.2クワトロ」の1グレード。後のA4と共通のやわらかな曲線で構成されたボディが特徴。エンジンは先代(V8)後期型の4.2Lエンジンを改良し、20PSアップの300PSを達成。ティプトロニック(マニュアルモード)付の4速ATを備える。
  • 1997年 - 3.7LのFFモデルを追加。変速機が5速ATに変わり、サイドエアバッグが標準装備となる。
  • 1999年8月31日 - マイナーチェンジモデルを発売[1]。3.7L FF車の廃止、4.2Lはエンジンを5バルブ化し、出力が310PSに向上。外装ではバンパーのデザインが変更となり、フォグライトがヘッドライトからバンパーへ移動し、タイヤが16inから17inへサイズアップした。また、クロームモールを配し高級感が上がっている。
  • 2001年 - S8を2001年3月1日より発売[2]。最高出力360PS、最大トルク43.8kgmを発揮する4.2LV型8気筒エンジンとクワトロを搭載。また、トランスミッションは5段ティプトロニックである。

初代モデルにもロングホイールベース車が存在するが、日本市場には投入されていない。 2001年、本国で世界初のW型12気筒エンジンを搭載した市販車「6.0クワトロ」が発売される(こちらも日本へは輸入されなかった)。

ラインナップ(正規輸入車のみ)編集

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 備考
4.2クワトロ 1995年-1999年 V型8気筒DOHC32バルブ 4,172cc 300PS ティプトロニック付4速AT 1997年から5速
3.7 1997年-1999年 3,696cc 230PS ティプトロニック付5速AT 右ハンドルのみ
4.2クワトロ 1999年-2003年 V型8気筒DOHC40バルブ 4,172cc 310PS

2代目(2003年-2010年)D3系編集

アウディ・A8(2代目)
D3系
前期型
中期型
後期型
販売期間 2003年 -2010年
乗車定員 標準仕様:5人
ロング仕様:4人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
変速機 6速MT
6速AT
全長 標準仕様:5,051mm
ロング仕様:5,181mm
全幅 1,894mm
全高 標準仕様:1,444mm
ロング仕様:1,455mm
ホイールベース 標準仕様:2,944mm
ロング仕様:3,074mm
車両重量 1,670–1,990kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 2003年10月16日 - 発表[3]。販売は2004年2月より開始される。導入されるのは「4.2クワトロ」の1グレードのみ。デザインは先代のキープコンセプトであるが、エッジを立たせシャープな面持ちとなった。エンジンは先代後期型を熟成させ、パワーは335PSに向上。新たに6速ATを採用している。
  • 2004年7月6日 - 最高出力280PS、最大トルク36.7kgmを発揮する3.7LV型8気筒エンジン(280PS)を搭載した「3.7クワトロ」およびホイールベースを130mm延長したロングホイールベース車の「4.2クワトロL」を同年9月1日より発売すると発表した[4]
  • 2005年3月23日 - 6.0LW型12気筒エンジン(450PS)を搭載した「6.0クワトロ」および「6.0クワトロL」を追加[5]。フロントマスクにはシングルフレームグリルを採用した。
  • 2005年6月7日 - 「A8 4.2クワトロ」「A8 L 4.2クワトロ」をマイナーチェンジ[6]。6.0Lモデルに続き、シングルフレームグリルを新採用した。
  • 2005年8月23日 - 3.7Lエンジンは廃止され、V型6気筒直噴(FSI)エンジン(260PS)の「3.2FSIクワトロ」が登場[7]
  • 2006年6月28日 - 450PSのV型10気筒エンジンを搭載したS8(2代目)を受注開始した[8]
  • 2006年8月10日 - 4.2Lエンジンも新設計のFSIエンジン(350PS)となり「4.2FSIクワトロ」、「4.2FSIクワトロL」となる[9]。「6.0クワトロ」廃止。
  • 2008年1月23日 - 2度目のマイナーチェンジを実施[10]。新型A4(B8モデル)と共通デザインのヘッドライトを採用。ヘッドランプ下に並んだ発光ダイオードは車幅灯である。その他グリルの意匠も新しくなり、12気筒モデルと6/8気筒モデルの差別化が図られた。

ラインナップ(正規輸入車のみ)編集

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 駆動方式
L6.0 クワトロ 2005年3月- 2010年11月 BHT型W型12気筒DOHC 5,998cc 450PS/59.1kg·m 6速AT クワトロ(フルタイム四輪駆動)
6.0 クワトロ 2005年3月-2006年6月
4.2FSIクワトロ
4.2FSIクワトロ
2006年8月- 2010年11月
2006年8月- 2010年11月
BVJ型V型8気筒DOHC 4,163cc 350PS/44.9kg·m
4.2クワトロ
L4.2クワトロ
2003年10月-2006年6月
2004年9月-2006年6月
BFM型V型8気筒DOHC 4,172cc 335PS/43.8kg·m
3.7クワトロ 2004年9月-2005年8月 BFL型V型8気筒DOHC 3,696cc 280PS/36.7kg·m
3.2FSIクワトロ 2005年8月- 2010年11月 BPK型V型6気筒DOHC 3,122cc 260PS/33.6kg·m

3代目(2010年-2018年)D4系編集

アウディ・A8(3代目)
D4系
アウディ D4 A8 4.2 FSI クワトロ(前期型)
アウディ D4 A8 4.0 TFSI クワトロ(後期型)
アウディ D4 A8 車内(日本仕様車)
販売期間 2009年 - 2018年
乗車定員 標準仕様:5人
ロング仕様:4人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
FF
変速機 8速AT
7速DCT
7速DSG
全長 標準仕様:5,145mm
ロング仕様:5,275mm
全幅 1,950mm
全高 1,465mm
ホイールベース 標準仕様:2,990mm
ロング仕様:3,120mm
車両重量 1,835 kg
ハンドルの位置 右(3.0 TFSI クワトロ)
左/右(4.2 FSI クワトロ【ロングも含む】・L W12 クワトロ)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2009年12月1日、欧州で2010年モデルとして発表[11]。『The Art of Progress』 (アート・オブ・プログレス:革新の美学)と呼ばれるコンセプトにて、エレガントなデザインと傑出したドライビング エクスペリエンスを提供している[12]。欧州向けには直噴4.2LV型8気筒ガソリンエンジンを搭載する「4.2 FSI」、最高出力350hpと最大トルク81.6kgmを発生させる4.2LV型8気筒ディーゼルエンジンを搭載する「4.2 TDI」、3.0LV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載する「3.0 TDI」を設定。トランスミッションは先代の6速ATから8速ATに変更された。

日本での販売編集

  • 2010年11月に日本でテレビでのディザーCMを放送。
  • 2010年12月15日 - 日本にて発表[12]。同日付で発売(納車は2011年2月以降)。日本仕様はガソリン車のみが導入され、ショートホイールベースは「3.0 TFSI クワトロ」と「4.2 FSI クワトロ」。ロングホイールベースは「L 4.2 FSI クワトロ」の3グレード。ハンドルは3.0は右のみ。4.2は左・右のいずれかが選択できる。全車に「MMIタッチ」と呼ばれる指先による手書き認証システムが搭載され、ナビゲーションをはじめHDDに収録された楽曲の検索が可能。アウディとして初めて「ナイトビジョンシステム」と呼ばれる夜間視界補助装置が「アウディプレセンスパッケージ」の一つとしてオプション設定された。
  • 2011年6月7日 - W型12気筒6.3Lエンジンを搭載した「L W12クワトロ」を発表[13]。同日付で販売された。先代のD3型では、ショートホイールベースとロングホイールベースの2種類があったが、今回からはロングホイールベースのみの導入となった。またD3型では、導入初期には左ハンドルのみで右ハンドルは後から追加されたが、D4型からは最初から左右ハンドルを選択できるようになっている。
  • 2012年9月に4.2 FSI クワトロ/L 4.2 FSI クワトロがV8 4.2L FSIエンジンからS8に搭載されたものをデチューンした4L V8 TFSIエンジンに変更された[14]。排気量こそ減っているものの最高出力は+48PS、最大トルクも+155N・mと大幅に向上している。
  • 2013年1月16日 - 「A8ハイブリッド」を同年2月1日より発売すると発表[15][16]。2.0L直噴ガソリンターボエンジンの2.0 TFSIと電気モーターを組み合わせ、システム全体で最高出力245ps、最大トルク480Nm(48.9kgm)を発揮する。トランスミッションは8速ティプトロニックで、ハイブリッドユニットが前輪を駆動する。後席の後ろに1.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、トランク容量がノーマルモデルから110L減少し400Lとなっている。燃費性能は13.8km/L(JC08モード)である。
  • 2014年3月13日 - 「A8」「S8」をマイナーチェンジし、一部モデルを除き同日販売開始した[17]。エクステリアデザインはキープコンセプトだが、立体的なシングルフレームグリルやボンネット、フロントバンパー、マトリクスLEDヘッドライト(一部オプション設定)などを採用した。パワートレインに変更はないが、4.0 TFSIのみ15ps出力向上された。
  • 2014年8月18日 - 「A8」「S8」の装備・仕様を変更し同年8月20日より発売すると発表した[18]。自動ブレーキ機能のアウディブレーキガードなどの安全機能がセットになった「Audiプレセンスパッケージ」が標準装備された(「A8ハイブリッド」にはオプション設定)。
  • 2015年8月18日 - 「3.0 TFSIクワトロ」にマトリクスLEDヘッドライトを標準装備とした[19]

グレード (日本国内正規導入のみ)編集

Lはロングホイールベースモデルを表す(後席を130mm延長)。

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 駆動方式
L W12クワトロ 2011年6月- W型12気筒DOHC 6,298cc 500PS/63.7kg·m 8速AT クワトロ(フルタイム四輪駆動)
4.2FSIクワトロ
L4.2FSIクワトロ
2010年12月-
2012年9月
V型8気筒DOHC 4,163cc 372PS/45.4kg·m
4.0TFSIクワトロ
L4.0TFSIクワトロ
2012年9月- V型8気筒DOHC 3,992cc 420PS/61.9kg·m
3.0TFSIクワトロ 2010年12月- V型6気筒DOHC 2,994ccスーパーチャージャー 290PS/42.8kg·m

4代目(2018年-)D5系編集

アウディ・A8(4代目)
D5系
販売期間 2018年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 3.0L biturbo FSI VW EA839 CZSE V6
3.0L biturbo FSI VW EA839 V6 MHEV
3.0L biturbo FSI VW EA839 PHEV V6
4.0L biturbo FSI VW EA825 V8
駆動方式 4WD
変速機 8速AT
全長 標準仕様:5,172 mm
ロング仕様:5,302 mm
全幅 1,945 mm
全高 1,485 mm
ホイールベース 標準仕様:2,998 mm
ロング仕様:3,128 mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2017年7月11日、スペインのバルセロナで開催された「アウディサミット」にて初公開[20]。その後欧州では、2017年10月5日に販売開始された[21]

エクステリアデザインは2014年に発表されたコンセプトカー「Audi prologue」に基づいた新しいアウディデザインを採用[22]。シングルフレームグリルを大型化、ワイド化したほか、テールランプは左右が一体化されている。インテリアは水平基調なデザインで、先代より広くなり、センターコンソールに装備された10.1インチのメインモニターと8.6インチのサブモニターが先進性を強調している[23]。さらに「アウディバーチャルコックピット」と呼ばれる12.3インチのフルカラー液晶ディスプレイによってフルデジタルメーター化された。

安全装備編集

5つのミリ波レーダー、5つのカメラセンサー、12個の超音波センサーに加え、量産車として初めてLiDARと呼ばれるレーザースキャナーをフロントに搭載[23]。これら最大23個のセンサーからの情報を「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー(zFAS)」によって統合的に分析し、先進運転支援システム(ADAS)の自然な制御を実現した[24]

自動運転システム編集

当モデルは、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転機能「アウディAIトラフィックジャムパイロット」を採用したモデルとして発表された[20]。しかし、各国の自動運転車に対する法律の整備等が追い付いておらず、2020年5月現在、「アウディAIトラフィックジャムパイロット」を搭載するA8は世界のどこの国でも販売されていない[25]

日本での販売編集

2018年9月5日 - 日本仕様車を発表[26]。同年10月15日から日本での販売を開始した[26]。導入されるのは3.0LV型6気筒エンジンを搭載する「A8 55 TFSIクワトロ」、4.0LV型8気筒エンジンを搭載する「A8 60 TFSIクワトロ」、4.0LV型8気筒エンジンを搭載するロングホイールベースモデル「A8 L 60 TFSIクワトロ」の3種類。また、全てのタイプに48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載し、燃費性能を向上させている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ アウディ、新型「A8」を発売”. webCG (1999年9月2日). 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ アウディ、「S3」「S8」を発売”. webCG (2001年1月12日). 2020年10月31日閲覧。
  3. ^ アウディ、新型「A8」を発表”. webCG (2003年10月17日). 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ アウディ、旗艦「A8」のラインナップを強化”. webCG (2004年7月8日). 2021年1月2日閲覧。
  5. ^ アウディの旗艦「A8」に、W型12気筒を載せた最高級「6.0クワトロ」追加”. webCG (2005年3月24日). 2021年1月2日閲覧。
  6. ^ “新顔”になったアウディの旗艦「A8」、装備も充実”. webCG (2005年6月9日). 2021年1月2日閲覧。
  7. ^ 「アウディ A8」に3.2リッターV6搭載のエントリーモデル登場”. webCG (2005年8月25日). 2021年1月2日閲覧。
  8. ^ アウディS8 を日本投入…最高出力450ps、装備も充実”. Response. (2006年6月28日). 2021年1月2日閲覧。
  9. ^ フラッグシップ「アウディA8」装備充実&新エンジン搭載”. webCG (2006年8月11日). 2021年1月2日閲覧。
  10. ^ 「アウディA8/S8」、マイナーチェンジでAV機能充実”. webCG (2008年1月24日). 2021年1月2日閲覧。
  11. ^ 新型「アウディA8」、デビュー”. webCG (2009年12月3日). 2021年1月2日閲覧。
  12. ^ a b アウディの旗艦「A8」がフルモデルチェンジ”. webCG (2010年12月15日). 2021年1月2日閲覧。
  13. ^ 500psの「アウディA8 L W12 クワトロ」発売”. webCG (2011年6月7日). 2021年1月2日閲覧。
  14. ^ アウディ A8 一部仕様を変更…新型4リットル直噴ターボ搭載”. Response. (2012年9月19日). 2021年1月2日閲覧。
  15. ^ アウディ ジャパン、A8 と Q5 にハイブリッドモデルを追加”. Response. (2013年1月16日). 2021年1月2日閲覧。
  16. ^ アウディ、「A8」「Q5」のハイブリッド車を発表”. webCG (2013年1月16日). 2021年1月2日閲覧。
  17. ^ マイナーチェンジした「アウディA8/S8」発売”. webCG (2014年3月13日). 2021年1月2日閲覧。
  18. ^ アウディA8/S8の装備が充実 燃費向上も”. webCG (2014年8月18日). 2021年1月2日閲覧。
  19. ^ アウディ、A8の一部仕様・装備を変更”. webCG (2015年8月18日). 2021年1月2日閲覧。
  20. ^ a b 【アウディサミット】市販車で世界初の自動運転「レベル3」実現…A8 新型、バルセロナで初公開”. Response. (2017年7月11日). 2020年11月7日閲覧。
  21. ^ アウディ A8 新型、欧州発売…先進運転支援は40以上”. Response. (2017年10月2日). 2021年1月2日閲覧。
  22. ^ アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表”. webCG (2018年9月5日). 2021年1月6日閲覧。
  23. ^ a b 【アウディ A8試乗】第4世代もハイテク満載!自動運転の標準化を見据える意欲的な旗艦”. &GP (2019年12月23日). 2021年1月6日閲覧。
  24. ^ アウディ、量産車で世界初のレーザースキャナーを使う「zFAS」搭載の新型「A8」”. Car Watch (2018年9月5日). 2021年1月6日閲覧。
  25. ^ いよいよ日本で「レベル3」の自動運転が解禁 世界初の採用車がホンダになるって本当? 「アウディA8」はどうなった?”. webCG (2020年5月25日). 2020年11月7日閲覧。
  26. ^ a b “アウディ A8 新型…日本法人社長「より高い安心感と快適性を実現」”. レスポンス. (2018年9月5日). https://response.jp/article/2018/09/05/313699.html 2018年9月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集