メインメニューを開く

アジアパシフィックラリー選手権(アジアパシフィックラリーせんしゅけん、Asia-Pacific Rally Championship)は、国際自動車連盟(FIA)が管轄するラリー選手権の一つ。その名の通りアジアオセアニア地域を舞台に行われる。1988年創設。略称はAPRCで、日本国内ではアジパシと略されることが多い[1][2]

AP4規定のヴィッツ4WD

目次

概要編集

FIAが管轄するラリー競技において、最高峰である世界ラリー選手権(WRC)の直下となる地域ラリー選手権の一つとして、ヨーロッパラリー選手権(ERC)、中東ラリー選手権(MERC)などと同列に位置づけられている。アジア太平洋地域として、日本を始め中国マレーシアインドといったアジア諸国と、ニュージーランドオーストラリアといったオセアニア諸国で構成されている。かつてはニューカレドニアで開催されていたこともあった。

日本勢が古くから活躍しており、篠塚建次郎藤本吉郎、田口勝彦、炭山裕矢が総合王者、田嶋伸博がクラス王者となっている。近年はキャロッセのクスコ・ワールドラリーチームが総合王者を獲得するなど活躍している。またJRC(全日本ラリー選手権)のラリー北海道はAPRCとの併催であり、そこでスポット参戦するドライバーも少なくない。

欧州からの参戦も多く、過去はカルロス・サインツのようにWRCと並行して参戦するドライバーもいた。

2019年からはアジアカップ・パシフィックカップ(後述)のそれぞれの成績上位者が最終戦のグランド・ファイナルに集い、そこで優勝したものがチャンピオンとなる、NASCARのような形式へと変わった。

レギュレーション編集

ラリーの基本的なフォーマットはWRCに近いが、WRCが通常3日間開催なのに対し、APRCは基本は2日間開催(金曜日にセレモニアルスタートの後レグ1Aとして、スーパーSSのみを走るケースもある)が一般的である。

競技クラスはグループRのR5及びR4,スーパー2000とグループNのNR4、ASN車両のAP4及びJAFのRJ車両(2000cc以上)などの4WD車をメインとするAPRCグループN及び量産車のASN車両のためのAPRC2、RC3~RC5クラスに分類される2WD車両(グループRのR1~R3、グループNグループA・スーパー1600などとASN車両)が参戦できるAPRC3の3つがある。なおASN車両とはアジアパシフィック地域各国のASN[注 1]が認めた国内規格の車両で、APRCでは、ASN規格の車両として、ニュージーランドオーストラリアの独自規定であるAP4[注 2]オーストラリアのG2、日本のJAFの規定であるRJ車両の参戦を認めている。

上記3クラスの賞典としては、APRC域内のアジア諸国のラリーで構成されるアジアカップ日本マレーシア中国インドなど)と、オセアニア諸国のラリーで構成するパシフィックカップニュージーランドオーストラリアなど)、その年の1月1日時点で29歳未満の若いドライバー対象のジュニアチャンピオンシップ、登録チームで争われるチームアワードが用意されている。2018年にはSUV向けのSUVカップが追加された[3]

ポイントシステムは総合順位に対するポイントはWRCと同じだが、APRCではそれ以外にLEG毎の結果のベスト7に対し7〜1ポイントがそれぞれ与えられる。つまりデイリタイアでラリー2規定により競技に復帰した場合も、LEGポイントは獲得できる。

歴史編集

  • 1988年 創設。タイトルはドライバーズタイトルのみ。
  • 1996年 マニュファクチャラーズ部門、グループN部門、2輪駆動部門が創設される。
  • 2002年 2輪駆動部門終了。
  • 2003年 グループN部門終了。
  • 2008年 Asia Cup/Pacific Cup創設。
  • 2018年 創設30周年を迎える。

過去のチャンピオン編集

シーズン ドライバー
部門
マニュファクチャラーズ
部門
Asia Cup Pacific Cup
2018年   炭山裕矢(シュコダ) シュコダ
2017年   ガウラブ・ギル(シュコダ) シュコダ   ガウラブ・ギル   オーレ・クリスチャン・ヴェイビー
2016年   ガウラブ・ギル(シュコダ) シュコダ   ガウラブ・ギル   ファビアン・クレイム
2015年   ポンタス・ティデマンド(シュコダ) シュコダ   高山仁   ポンタス・ティデマンド
2014年   ヤン・コペッキー(シュコダ) シュコダ   炭山裕矢   ヤン・コペッキー
2013年   ガウラブ・ギル(シュコダ) シュコダ   マイケル・ヤング   サイモン・ノールズ
2012年   クリス・アトキンソン(シュコダ) シュコダ   炭山裕矢   クリス・アトキンソン
2011年   アリスター・マクレー(プロトン) プロトン   アリスター・マクレー   クリス・アトキンソン
2010年   田口勝彦(三菱) 三菱   炭山裕矢   ブレンダン・リーブス
2009年   コディ・クロッカー(スバル) スバル   コディ・クロッカー   ヘイデン・パッドン
2008年   コディ・クロッカー(スバル) スバル   コディ・クロッカー   ディーン・ヘリッジ
2007年   コディ・クロッカー(スバル) スバル
2006年   コディ・クロッカー(スバル) スバル
2005年   ユッシ・バリマキ(三菱) 三菱
2004年   カラムジット・シン(プロトン) プロトン
シーズン ドライバー
部門
マニュファクチャラーズ
部門
グループN
部門
2輪駆動
部門
2003年   アーミン・クレマー(三菱) 三菱   アーミン・クレマー
2002年   カラムジット・シン(プロトン) プロトン   ニコ・カルダローラ   田嶋伸博
2001年   カラムジット・シン(プロトン) 三菱   カラムジット・シン   田嶋伸博
2000年   ポッサム・ボーン(スバル) スバル   カラムジット・シン   サイモン・エバンス
1999年   田口勝彦(三菱) 三菱   田口勝彦   ケネス・エリクソン
  アリスター・マクレー
1998年   藤本吉郎(トヨタ) トヨタ   マイケル・ゲスト   田嶋伸博
1997年   ケネス・エリクソン(スバル) スバル   カラムジット・シン   田嶋伸博
1996年   ケネス・エリクソン(スバル) 三菱   片岡良宏   田嶋伸博
1995年   ケネス・エリクソン(三菱)
1994年   ポッサム・ボーン(スバル)
1993年   ポッサム・ボーン(スバル)
1992年   ロス・ダンカートン(三菱)
1991年   ロス・ダンカートン(三菱)
1990年   カルロス・サインツ(トヨタ)
1989年   ロッド・ミレンマツダ
1988年   篠塚建次郎(三菱)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 国際自動車連盟(FIA)が認めた、世界各国のモータースポーツ統括団体。日本では日本自動車連盟(JAF)が該当する。
  2. ^ R5やスーパー2000と同等のパフォーマンスで、かつより安く開発できることを目的にした規定

関連項目編集

外部リンク編集