メインメニューを開く
@
@ symbol.svg

単価記号(たんかきごう)とは記号「@」のこと。「単価記号」は JIS X 0208 における日本語通用名称であるが[1]、その後制定された JIS X 0213 においてアットマークとの別称が加えられた[2]。「a」を丸で囲んだ」とは別字。

@」は本来会計での略記として多く一般に用いられる記号であり、請求書で「商品7個 @ $2 = $14」(商品7個 各単価2ドル 小計14ドル)のように用いられていた。1990年代後半以降、レイ・トムリンソンにより電子メールメールアドレスの中に用いられたことで身近な記号になった。

名称編集

ANSICCITTUnicode による文字コード規格では、いずれも「commercial at」が公式名称である。Unicode はさらに「at sign」を代替名称としている[3]英語では一般に「at sign」あるいは「at symbol」などと呼ばれ、文章中では単に「at」と読まれる。

各言語で、以下のような俗称がある[要出典]

言語 俗称 意味
  スペイン語 arroba アローバ
  ポルトガル語
  フランス語 arobase
  イタリア語 chiocciola, chiocciolina カタツムリ
  ウクライナ語 равлик
  エスペラント heliko
  ベラルーシ語 слімак
  オランダ語 apenstaartje の尾
揺れる猿
  ギリシャ語 παπάκι 小さなアヒル
  スウェーデン語 kanelbulle シナモンロール
snabel-a の鼻のa
  デンマーク語 snabel-a
  ノルウェー語 krøllalfa カールしたα(アルファ)
  フィンランド語 kissanhäntä の尾
  スロヴェニア語 afna
  チェコ語 zavináč ロールモップ(巻きニシン
  スロバキア語
  中国語中国大陸 艾特(アイ・テ) 「at」の音声転写
圈a 丸a
花a 花体のa
  中国語台湾 小老鼠 小さな
  韓国語 골뱅이 巻貝
  ドイツ語 Klammeraffe クモザル
  日本語 アットマーク
  ハンガリー語 kukac 蠕虫
  ブルガリア語 маймунка 小さな猿
  ヘブライ語 שטרודל シュトゥルーデル
  ポーランド語 małpa
  ロシア語 собака, собачка
  ベトナム語 a còng 湾曲したa
a móc 鈎付きのa

起源編集

 
1448年の文書でアローバの記号として使われた @
 
1674年のフランス語文書で à として使われた @
 
à 説に基づく @ の起源

起源にはいくつかの説がある。

意味編集

単価編集

たとえば @$300 と書いて、単価(1個の価格)が300ドルであることを意味する。ただし英単語の at の意味は「単価」ではなく「~の値段で」で、単価300ドルは正確には at $300 apiece などという。

メールアドレス編集

現在では、atの代わりに幅広く使われだしており、特に、インターネット電子メールアドレスで、ユーザ名とドメイン名を分けるのに使われる。これは、1971年、レイ・トムリンソンが、前述のように単価を表す文字として使われていた@を「このユーザーは、ローカルマシン上(at the local machine)ではなく、他のホスト上(at another host)に居る」と言う意味を込めるために採用したことに始まる[5]

自然言語編集

  • 英単語の at の略記に使う。
  • メールアドレスでの用法から派生し、自然言語でも、電子メール中などで「人名@企業・団体名」というような使い方をすることがある。
  • 特にアメリカでは、スポーツ競技のホームアンドアウェイでの対戦カードを「アウェイチーム@ホームチーム」で表記することが多い。これは、アウェイチームから見て「相手チームのホームで (at) 試合をする」という意味がある。
  • Leet (ハッカー語)では「a」の代わりに使うことがある(「at」のこともある)。例:THE_IDOLM@STER
  • 日本語では英語 at にかけたインターネットスラングとして、いくつかの用法がある。
    • 英語のatの意味から派生して、場所を表す表現に用いる。例えば、「今日は暑かった@渋谷」で渋谷周辺に言及していることを表す。
    • 音の「あと」をとって追加事項を表す。例えば、「@3日」は「あと3日」。
    • さらに派生して「あと」の意味を伴わない追加事項を表す場合にも使われる。例えば、「イベント@終了」でイベントが終了したことを表すなど。
  • スペイン語ポルトガル語などでは、名詞母音が男性形なら -o- ・女性形なら -a- となるとき通性形として -@- を使う。たとえば、amig@sは「amigos(男の友達)またはamigas(女の友達)」を意味する。
  •  
    @の大文字と小文字
    コアリブ語 (Koalib language) の正書法では、ラテン文字の1つとしてアラブ語からの借用語に使われる。@大文字も使う[6]。文字としての@の大文字・小文字は、国際SILによりUnicodeの私用領域に外字として登録されたが[7]、Unicodeには採用されていない。

記法編集

企業・団体名編集

  • アットローンはかつて存在した日本の消費者金融。サービス名に「@Loan」の商標を用いていた。
  • エフエム愛知の愛称、@FM(アットエフエム)。
  • ギャラリー@KCUA 京都市立芸術大学のサテライトギャラリー「アクア」と呼ぶ。

文字コード編集

Unicode・JIS編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
@ U+0040 1-1-87 @
@
commercial at
単価記号、アットマーク
U+FE6B - ﹫
﹫
small commercial at
U+FF20 1-1-87 @
@
fullwidth commercial at

モールス符号編集

国際電気通信連合2004年5月3日、国際モールス符号表に@を追加することを承認した。符号は・--・-・。

脚注編集

参考文献編集