メインメニューを開く

アネモネ・モーニアン9月18日[1] - )は、日本の女性歌手静岡県生まれ、東京都目黒区出身[1]

アネモネ・モーニアン(アニモ)
別名 乙女座
生誕 9月18日
出身地 日本の旗 日本東京都目黒区
学歴 University of Victoria IT課卒[要出典]
ジャンル ゲーム音楽ロック
職業 歌手タレントライターイラストレーターウェブデザイナー
活動期間 2010年12月12日 -
事務所 フリー
公式サイト アネモネ・モーニアン(アニモ)公式サイト
植松伸夫伊藤賢治大木理紗浅倉大介T.M.Revolution

身長162cm。血液型はA型。ニックネームは「アニモ」。米国人の父を持ち、苗字のモーニアンは本名[1]

来歴編集

中学生時代にカナダに留学、高校を飛び級で2年で卒業、大学卒業までの6年間を海外で過ごす。

2010年12月12日のデビューライブから2014年11月29日解散まで、元チェキッ娘メンバーにより結成されたガールズバンドblue chee's」のキーボーディスト/ボーカリストとして活動し、TOKYO IDOL FESTIVALアメリカ合衆国でのライブ活動を行った。blue chee'sでは唯一チェキッ娘出身ではなく、2010年11月7日に行われた「blue chee'sキーボーディストオーディション」に参加し、加入した[2]。名前のアネモネは、blue chee's加入時にメンバーの藤岡麻美が名付けたもの[3]。blue chee'sはデビュー当時、メンバー全員が洋風なバンドネームを付けて活動していたため、加入に伴い藤岡が『交響詩篇エウレカセブン』のキャラクターから付けた[4]

blue chee'sメンバーのうち、2011年新井利佳が台湾へ移住、2013年に藤岡も台湾へ移住し、最終的に2014年11月29日にバンドは解散した[5]

blue chee's解散後は作曲家伊藤賢治上倉紀行とのトリオ「Trimonia」のボーカリスト、ギタリスト清永充美とのバンド「アニもんズ」のボーカリストとしても活動している。

2013年冬、ミズノ「ブレスサーモ」のCM出演で地上波CMデビューした。

2015年2月20日より秋葉原カリガリにて、吉河順央らと共にオープニングキャストとして給仕した。[要出典]

2017年11月29日のデビューライブより"コテカナ"こと小寺可南子とツインボーカルユニット「コテアニ」結成。同ユニットにて毎週水曜日よる20時YouTube Live公開生放送番組「コテアニのなんか来た!」をタイトーステーション溝の口店内アーケード・ライブ・バー「MEGARAGE」にて放送中。

ディスコグラフィ編集

blue chee's名義編集

  1. This is not a love song(ミニアルバム 2012年2月29日発売)
  2. out of the blue(1stフル・アルバム 2013年8月7日発売)

アネモネ (blue chee's) 名義編集

  1. ほしのありかざんまい(歌詞英訳・歌唱)(日本ファルコム 2011年12月29日発売)
  2. 「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」スーパー・アレンジ・バージョン(日本語歌詞作詞・英語歌詞作詞・歌唱)(5bp. 2012年9月5日発売)
  3. ファルコムjdkバンド ディーバ小寺可南子シングス2(「Break the Dawn」作詞提供)(日本ファルコム 2012年12月29日)

コテアニ編集

  1. REBORN (1stシングル 2018年2月14日)
  2. Believe/Galaxy Journey (2ndシングル 2018年3月28日)
  3. Candy Dream/Game of Life (3rdシングル 2018年4月29日)
  4. cosicoteani (1stアルバム 2019年5月1日)

コーラス参加編集

  1. にゃにゃにゃにゃにゃ〜 植松伸夫作曲 「THE LAST STORY
  2. 覚悟 﨑元仁作曲「ケイオスドラゴン
  3. OP&メニュー画面 弘田佳孝作曲 「グランマルシェの迷宮
  4. BGMコーラス 甲田雅人作曲 TVアニメ「あそびあそばせ
  5. BGMコーラス 甲田雅人作曲 TVアニメ「CONCEPTION
  6. 「連れ去って・閉じ込めて・好きにして」ダクネス(CV: 茅野愛衣)歌唱 TVアニメ「この素晴らしき世界に祝福を!」キャラクターソング
  7. 「君の未来」ハーメリーヌ(CV: 内山夕実)歌唱 TVアニメ「ラディアン」挿入歌

出演編集

TV編集

ラジオ編集

  • Suono Dolce「TokyoAfter6」(2010年、ニッポン放送)
  • Suono Dolce「TokyoAfter6」(2012年、ニッポン放送
  • 「YUKKYのラジカルランド」(2012年8月30日、ラジオ日本

映画編集

  • 東宝「ツナグ」(映画内WEB&スマホサイト制作&映り込み)

雑誌編集

  • HYPER HOBBY 2011年6月号(インタビュー掲載)
  • FLASH 2012年5月29日号(インタビュー掲載)
  • MANIMANI vol.2 2012年7月13日発売(アネモネ記事執筆)
  • プレイボーイ 2012年8月13日号(インタビュー掲載)
  • デ☆ビュー 2012年9月号(インタビュー掲載)
  • J-POP GIRLS キュン! vol.6 2012年10月発売(インタビュー掲載)
  • Princess☆Collection 2013年2月27日発売(インタビュー掲載)
  • J-POP GIRLS アイキュン! vol.2 2013年9月9日発売(インタビュー掲載)
  • CDジャーナル 2013年9月20日発売(レビュー掲載)

イベント編集

  • 渋谷CLUB CRAWL「blue chee's デビューワンマンライブ」(2010年12月12日)
  • 新宿LOFT ロマンポルシェ。presents『合法ライブ2』(2011年7月3日)
  • 新宿LOFT PLUS ONE「掟ポルシェのアイドル依存症」(2011年10月11日)
  • 新木場STUDIO COASTアイドル横丁夏祭り!!〜2012〜」(2012年7月1日)
  • 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」(2012年8月5日)
  • アリオ橋本「アリオ橋本2周年記念 J:COMスペシャルイベント」(2012年9月22日)
  • 有楽町駅前・特設ステージ「有楽町エキマエストリートパフォーマンス」(2012年12月25日)
  • アメリカ「Naka-Kon」(2013年3月14 - 16日)
  • 秋葉原CLUB GOODMAN「アキハバラアニメシティVOL.4」「桃井はるこ VS blue chee's」(2013年6月1日)
  • 秋葉原CLUB GOODMAN「blue chee'sワンマンライブ(事実上のblue chee'sラストライブ)」(2013年8月10日)
  • タワーレコード池袋店「インストアイベント」(2013年8月11日)
  • マーズ・シックスティーンワンダーTシャツフェスティバル「アネモネ一日店長」(2013年9月16日)
  • ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ「アネモネ・モーニアン(blue chee's)〜ごめん、今まで隠してたけど実は俺…ハロヲタなんだ。〜」(2013年12月15日)
  • MEGARAGE 『コテアニ デビューライブ「コテアニが来た!」』(2017年11月26日)
  • ねりま光が丘公園 特設ステージ『かわいい感じジャパン in ねりま光が丘POPカルチャーフェスタ』(2018年3月31日)
  • 浅草橋MANHOLE 『AKINO LEE presents「千客万来 vol.86」』(2018年4月26日)
  • 初台DOORS『初台アリーナライブvol.2』(2018年4月28日)
  • OTODAMA SEA STUDIO『OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT ~夏の香り 2018’~』(2018年7月5日)
  • 月あかり夢てらす『ピコピコ88 その35 夏のゲスト祭り』(2018年7月28日)
  • 浅草橋MANHOLE 『One Chance eXtream Night 2018 極端に過激な夜』(2018年9月2日)
  • 新宿Marble 『コテアニの新宿に来た!~アニモ生誕祭~』(2018年9月23日)
  • MEGARAGE 『タイトーステーション溝の口店MEGARAGE1周年記念コテアニスペシャルライブ』(2018年10月27日)
  • MEGARAGE 『コテアニデビュー1周年記念スペシャルライブ』(2018年12月1日)

WEB媒体編集

  • アメーバスタジオプレミアム生放送(2012年7月31日)
  • アイドル音楽専門チャンネル「A.I.S.A」(2012年)
  • blue chee's 3周年記念USTREAM番組「blue stream attack!!」(2012年12月12日 - )
  • 下北FM」DJ TOMOAKI'S RADIO SHOW(2013年3月21日)
  • 「コテアニのなんか来た!」vol.01(2017年11月1日~2019年4月現在、週1でMEGARAGEより公開生配信中)

その他、公式サイト参照

人物編集

影響編集

趣向編集

blue chee'sとしての活動編集

blue chee'sでの位置付け編集

  • blue chee'sメンバーでは最年少[16]
  • blue chee'sはアラサーガールズバンドとして活動していたが、2013年時点でまだ20代であることを公表している[17][リンク切れ]
  • ライブやイベントのMCでは告知を担当することが多い。[要出典]
  • TOKYO IDOL FESTIVALのプロダクション説明会に出席したり、「アイドル横丁夏祭り!!〜2012〜」のイベント担当者にオファーの電話を入れるなど、マネージャーのいないblue chee'sでは裏方も担当していた[18][19][20][出典無効]
  • blue chee'sのWEBサイトはアネモネの作成によるものだった。オフィシャルグッズの企画・デザインもほぼ全てアネモネが担当していた[21][出典無効]
  • オーディションへの参加を始め、活発な営業活動など、フットワークが軽く目的に対し高い行動力を発揮する。[独自研究?]2013年3月14日には加入当初より宣言していた海外デビューを果たす。
  • バンド所属中のソロ活動時には「アネモネ(blue chee's)」名義を使用し、日本ファルコム5bp.作品に歌唱参加、歌詞提供、英詞翻訳をしていた[22][23][24]

メンバー台湾移住後編集

  • 2013年8月7日に発売された初のフルアルバム『out of the blue』は、メンバーが台湾に移住してから制作されており、制作・マネージメント面をアネモネが全面的に担当した[要出典]伊藤賢治掟ポルシェ等が楽曲提供にて参加している)。
  • メンバー内で唯一日本で活動する中、2013年5月1日にDJアニモとしてDJデビューをした[25]
  • 秋葉原スープカレースープカレーカムイとのコラボレーション企画「スープカレーカムイ×blue chee's」を企画。POPのイラストも担当した[26]。イラストについてはバンドフライヤーでも披露することがある[27]

blue chee's以前の経歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c bio”. アネモネ・モーニアン(アニモ)公式サイト. 2019年5月2日閲覧。
  2. ^ 「blue chee's公式ブログ」2011年12月8日記事「【運命の】奇跡のオーディション日から一年!!【出会いその3】」より。
  3. ^ アネモネ・モーニアン公式ブログ「「アネモネ」の由来」より。
  4. ^ 「アネモネ・モーニアンオフィシャルブログ」2013年9月11日記事「「アネモネ」の由来について」より。
  5. ^ ナタリー「元チェキッ娘バンド・blue chee's解散」より。
  6. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年6月12日記事「AAC後記その3〜ネ申々との出会い〜」より。
  7. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年6月12日記事「AAC後記その3〜ネ申々との出会い〜」より。
  8. ^ アネモネ・モーニアン(アニモ)公式サイトより。
  9. ^ 「blue chee's公式ブログ」2012年12月31日記事「12月ももう今日でおわり!!!」より。
  10. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年6月13日記事「AAC後記その4〜ファンはアーティストの鏡って話〜」より。
  11. ^ 「blue chee's公式ブログ」より。
  12. ^ (2013年3月30日投稿の本人Twitter)より。
  13. ^ 『Princess☆Collection』(オークラ出版、2013年2月27日刊)より。
  14. ^ 「blue chee's公式ブログ」2011年10月9日記事「【フォーゼ】宇宙キタ━(゜∀゜)━! 【感動した】」より。
  15. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年4月17日記事「アイドル愛とアキバ愛とDJデビューとギタリストデビュー!?」より。
  16. ^ 「blue chee's公式ブログ」2010年12月13日記事「ありがとうございました!(ジェ)」より。
  17. ^ 「blue chee's公式サイト」より。
  18. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年7月13日記事「えっ今月末ってか2週間後もうTIFとか早くねwww」より。
  19. ^ 「OTOTOY」2013年7月31日記事「blue chee's待望の1stフル・アルバム『out of the blue』をHQDで先行配信開始」より。
  20. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年6月29日記事「7/1(日)アイドル横丁夏祭り!!〜2012〜詳細発表!!」より。
  21. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年11月3日記事「本日、1/28ライブ前売券&ミニアルバム予約開始!HPもリニューアルで試聴も開始です!」より。
  22. ^ 「日本ファルコム公式サイト」「ファルコムjdkバンド ディーバ小寺可南子シングス2」より。
  23. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年11月30日記事「本日発表!コミケ先行販売CD・日本ファルコム「ほしのありかざんまい」にアネモネ参加!」より。
  24. ^ 「5bp.公式サイト」「「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」スーパー・アレンジ・バージョン」詳細ページより。
  25. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年4月17日記事「アイドル愛とアキバ愛とDJデビューとギタリストデビュー!?」より。
  26. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年4月27日記事「アキバでツナグ カムイ伝」より。
  27. ^ 「blue chee's公式ブログ」2013年4月27日記事「アキバでツナグ カムイ伝」より。
  28. ^ 「blue chee's公式サイト」より。

外部リンク編集