メインメニューを開く

アマドゥ・クルマ(Ahmadou Kourouma, 1927年11月24日 - 2003年12月11日)は、コートジボワール作家

アマドゥ・クルマ
Ahmadou Kourouma
誕生 1927年11月24日
コートジボワールの旗 コートジボワール
死没 2003年12月11日
コートジボワールの旗 コートジボワール
職業 作家
代表作 『野獣の投票を待ちながら』、『アラーの神にもいわれはない』ほか
主な受賞歴 ルノードー賞高校生ゴンクール賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1927年、仏領コートジボワールに生まれる。西アフリカに広く分布しているマリンケ族の出身。仏領スーダンバマコで学ぶ。1950年から1954年まで、「セネガル狙撃兵」として仏領インドシナで従軍した後、フランス本国のリヨンで数学を学ぶ。

1960年、コートジボワールの独立後、クルマは母国で生活することになるが、フェリックス・ウフェ=ボワニの政治体制に異論を唱えるようになり、投獄されたあと、アルジェリア(1964年-1969年)、カメルーン(1974年-1984年)、トーゴ(1984年-1994年)での亡命生活をしている。

1970年に、植民地独立後の政治体制を批判した小説『独立の太陽 (Les soleils des indépendances)』を発表する。20年後に、植民地の歴史の一世紀を描写した『モネ、侮辱、挑戦』を発表。1994年には、独裁者となった「はだかの部族」狩人の歴史である『野獣の投票を待ちながら』にてPrix du Livre Inter賞を受賞。2000年リベリアにて少年兵となった孤児の物語『アラーの神にもいわれはない』を発表、ルノードー賞高校生のゴンクール賞を受賞。

2002年9月に、コートジボワール内戦が勃発した際、「イヴォワリテ(コトージボワール性)」に対して「われわれを騒乱へと招く不条理」であると批判する立場をとっている。ローラン・バグボ大統領の支持者による雑誌からは、北部の反乱軍を支持していると批判されている。

クルマの死後、『アラーの神にもいわれはない』の続編で、武装解除されコートジボワールに戻った少年兵がコートジボワール内戦を生きる『Quand on refuse on dit non』が出版された。

作品リスト編集

演劇編集

  • Tougnantigui ou le Diseur de vérité, censurée au bout de quelques représentations à Abidjan en 1972年, reprise en 1996年, puis éditée en 1998年、chez Acoria

小説編集

絵本編集

  • Yacouba, chasseur africain (1998年, Gallimard jeunesse, coll. Folio Junior, illustrations de Claude et Denise Millet)
  • Le griot, homme de parole (2000年, Édition Grandir)
  • Le chasseur, héros africain (2000年, Édition Grandir)
  • Le forgeron, homme de savoir (2000年, Édition Grandir)
  • Prince, suzerain actif (2000年, Édition Grandir)

ウスマン・ソウ、マティルド・ヴォワンシェーとの共著編集

  • Paroles de Griots (2003年, Albin Michel)

外部リンク編集