アル・ヘイグ(Allan Warren Haig、1922年7月22日 - 1982年11月16日)は、アメリカジャズピアニストビバップ期を代表する白人プレイヤーの一人。

アル・ヘイグ
生誕 (1922-07-22) 1922年7月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ニューアーク
死没 (1982-11-16) 1982年11月16日(60歳没)
学歴 ナトリー・ハイスクール
オーバリン大学
ジャンル ビバップ
担当楽器 ピアノ
活動期間 1944年 - 1982年
レーベル Xanadu
Period
Esoteric
Mint
Spotlite
East Wind
Trio
Interplay

経歴編集

1922年7月22日、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。9歳でピアノを始め、ハイスクール時代から演奏活動に入り、1930年代はビッグバンドナット・キング・コールテディ・ウィルソンなどの演奏に親しむ[1]

ハイスクールを卒業後、沿岸警備隊に入隊。隊務のかたわらボストン周辺でフリーのミュージシャンとして活動。奨学金を受けてオーバリン大学で楽理を学ぶが中退し、1944年にはニューヨークに進出しプロ活動に入る。ヘイグは52丁目を拠点に、ディジー・ガレスピーチャーリー・パーカーチェット・ベイカーなどと共演。1949年にはマイルス・デイヴィスの 『クールの誕生英語版』の録音に参加した。

1952年にはロサンゼルスに移り、スタン・ゲッツなどのグループで活動。1954年にニューヨークに戻り、いくつかのレーベルでリーダー作を発表するものの、自宅のあるニュージャージー周辺を活動の場としていたため、次第にジャズ・ジャーナリズムからも遠ざかり、1960年代はわずか1作のアルバムを発表しただけで1968年には妻の殺害嫌疑をかけられるなど(のちに不起訴となる)不遇の時を過ごす[2]

1970年代に入り、マンハッタンのバー「グレゴリーズ」への出演などで糊口を凌ぎ、1973年にはイギリスに移住。翌年秋に発表したアルバム『インヴィテーション』が高い評価を受けて本格的なカムバックを果たす。以後はヨーロッパや日本のレーベル[3]などにも多くの録音を残した。1982年11月16日、心不全のためニューヨークの自宅で死去した[4]

演奏スタイル編集

アル・ヘイグはビバップ全盛期を代表するピアニストとして知られるが、ヘイグ自身によれば、バド・パウエルの演奏スタイルからの直接的な影響は受けていない[5]。タッチもパウエルより軽やかで、珠を転がすようなシングルトーンや右手のトレモロなどに見られるような、端正で印象主義的な演奏を特長としている[6]

ヘイグは1944年頃にプロの世界に身を投じたが、ギタリスト、タイニー・グライムズのバンドで演奏しているところをディジー・ガレスピーチャーリー・パーカーに誘われて、彼らのグループに入った[2]。ヘイグによれば、彼の演奏スタイルは、パーカーたちの音楽性に合わせるために自己流で生み出したもので、バド・パウエルの演奏を聴いたのはさらに後のことだと言う[5]

ジャズ演奏家としては珍しく昼型の生活を続け、22時以降は仕事をしないというポリシーを貫いたが[1]、1950年代以降にビバップ・ムーブメントが終息したのちは録音の機会にも恵まれず、レストランに昼間出演して糊口をしのいだ[2]

私生活で普段聴く音楽はクラシック音楽で、ラヴェルラフマニノフなどの音楽を好み、マルタ・アルゲリッチロベール・カサドシュなどの演奏を好んだ[4]。ヘイグのアルバムを手がけたプロデューサーの妙中俊哉は、リハーサル中にヘイグがショパンの「英雄ポロネーズ」を弾き始めたと述懐しており、演奏メンバーや録音エンジニアリングに対するこだわりも強かったという[2]

1970年のインタビューで、ヘイグは自分の好みのジャズ・ピアニストとして、アーマッド・ジャマルを筆頭に、ビル・エヴァンスバリー・ハリスエルモ・ホープ、ジュニア・マンス、ボビー・ティモンズハービー・ハンコックなどを挙げている[1]

1974年に『インヴィテーション』でカムバックを果たした時、ジャズ評論家の油井正一は「自己が守り続けてきた音楽性が時代の要求にぴったり符合した」と評しており、同じようなスタイルのピアニストとして、トミー・フラナガンハンク・ジョーンズなどを挙げた[5][7]

ヘイグはカムバック後にはアコースティック・ピアノのみならず、エレクトリック・ピアノも演奏し、1982年に没するまで20枚ほどのアルバムを発表した。

また、自身でも作曲を手がけ、演奏スタイルには違いがあるものの、アルバムやライヴでたびたびバド・パウエル、チャーリー・パーカー、デューク・エリントンJ・J・ジョンソンウェイン・ショーターなどの作品を取り上げている[6]

ディスコグラフィー編集

リーダー・アルバム編集

  • ミーツ・ザ・マスター・サックス Vol.1, 2 & 3 (Spotlite, 1948)
  • トリオ・アンド・クインテット (プレスティッジ、1970)
  • ライブ・イン・ハリウッド (Xanadu, 1952)
  • ザ・セッションズ Vol.1 (Vantage, 1953) - リー・コニッツ英語版と共同名義
  • ジャズ・ウィル・オー・ザ・ウィスプ (Esoteric, 1954)
  • アル・ヘイグ・トリオ (Period, 1954)
  • アル・ヘイグ・カルテット (Period, 1954)
  • アル・ヘイグ・トゥデイ! (Mint, 1965)
  • インヴィテーション (Spotlite, 1974)
  • スペシャル・ブルー (Spotlite, 1974) - ジミー・レイニー英語版と共同名義
  • ストリング・アタッチト (Choice, 1975) - ジミー・レイニーと共同名義
  • チェルシー・ブリッジ (East Wind Records, 1975)
  • ピアノ・インタープリテーション (Trio/Nadja, 1976)
  • ピアノ・タイム (SeaBreeze, 1976)
  • デューク・アンド・バード (East Wind, 1976)
  • インタープレイ (Trio/Nadja, 1976) - ジャミル・ナッサー英語版と共同名義
  • セレンディピティ (Interplay, 1977)
  • マンハッタン・メモリーズ (SeaBreeze, 1977)
  • アイ・ラブ・ユー (Interplay, 1977)
  • バド・パウエルの肖像 (Interplay, 1977)
  • バースデイ・セッション (Progressive, 1977)
  • ステイブルメイツ (Spotlite, 1977) - ジョン・アードリー英語版と共同名義
  • アル・イン・パリ (Musica, 1977)
  • パリジャン・ソロウェア (Musica, 1977)
  • 今宵の君は〜プレイズ・ジェローム・カーン (Trio, 1978) - ヘレン・メリル参加
  • バド・パウエルの肖像・ライブ (Interplay, 1978) - 発表は2009年
  • エニグマ (Jazz Ball, 1978)
  • エクスプレスリー・エリントン (Spotlite, 1978,1979) - ジャミル・ナッサーと共同名義
  • ブルー・マンハッタン (Bopland, 1980)
  • ビバップ・ライブ (Spotlite, 1982)

参加アルバム編集

ベン・ウェブスターフリップ・フィリップス

  • クラシック・テナーズ (Flying Dutchman, 1946)

ビル・デアランゴ

  • Bill DeArango Septet (Signature, 1946)

チェット・ベイカー

  • チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク (Riverside, 1958)

チャーリー・パーカー

  • ヤードバード・イン・ロータスランド (Spotlite, 1945)
  • バード・アット・ザ・ルースト Vol.1, 2 (Savoy, 1948,1949)
  • ジャズ・パレニアル (Verve, 1949)
  • スウェディッシュ・シュナップス (Verve, 1949)
  • ライブ・イン・カーネギーホール (Bandstand, 1949)
  • バード・イン・パリ (Spotlite, 1949)
  • バード・アット・セントニックス (Jazz workshop, 1950)
  • バード・ウィズ・ストリングス (CBS, 1950)
  • The Bird You Never Heard (Stash, 1950)
  • チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス(Verve, 1950)
  • ナウズ・ザ・タイム (Verve, 1953)

チャーリー・パーカー、チェット・ベイカー

  • イングルウッド・ジャム (Jazz Chronicles, 1952)

コールマン・ホーキンス

  • コールマン・ホーキンス・アンド・ヒズ・オールスターズ (Clef, 1949)

ダニー・ペイン

  • Danny Payne (Discovery, 1949)

デイヴ・ランバート

  • Dave Lambert (Capitol, 1949)

ディジー・ガレスピー

  • Snaw ‘Nuff (Musicraft, 1945)
  • Dizzy Gillespie (Victor, 1946)

エディ・ロックジョウ・デイヴィス

  • Eddie “Lockjaw” Davis Quartet (Apollo, 1947)

ファッツ・ナヴァロ

  • ノスタルジア (Savoy, 1946)
  • The Thin Man Meets Fat Boy Vol.1, 2 (Misterioso, 1949)

ハリー・ババシン

  • Harry Babasin quartet (Pacific jazz, 1952)

ハリー・ベラフォンテ

  • Harry Belafonte (Jubilee, 1949)

アーブ・ランス

  • Herb Lance (Sittin’ in, 1948)

J.C.ハード

  • J.C.Heard Septet (Apollo, 1948)

ジミー・ドーシー

  • Jimmy Dorsey and His Orchestra (MGM, 1947)

ジュニア・ダニエルズ

  • Junior Daniels (Discovery, 1949)

マックス・ローチ

  • マックス・ローチ・クインテット (Jazz Legacy, 1949)

マイルス・デイヴィス

  • クールの誕生 (Capitol, 1949)
  • ノネット1948, ジャム1949 (Royal jazz, 1949)

フィル・ウッズドナルド・バード

  • ザ・ヤング・ブラッズ (Prestige, 1956)

リッチー・カミューカリー・コニッツコンテ・カンドリフランク・ロソリーノ

  • クレフ・セッションズ (Interplay, 1953) - 発表は2009年

レッド・ロドニー

  • ヤングメン・ウィズ・ホーンズ (Keynote, 1946)

スタン・ゲッツ

  • スタン・ゲッツ・カルテット (Prestige, 1949,1950)
  • プリザヴェーション (Prestige, 1949)
  • コンプリート・ルースト・セッション Vol.1 (Roost, 1950)
  • アット・ストーリーヴィル Vol.1, 2 (Roost, 1951)

スタン・ゲッツズート・シムズポール・クインシェットワーデル・グレイ

  • テナーズ・エニワン? (Dawn, 1949)

ワーデル・グレイ

  • イージー・スウィング (Swingtime, 1949)
  • ワーデル・グレイ・メモリアル Vol.1 (Prestige, 1949)

その他

  • コンプリート・ダイアル・レコーディングス (Dial, 1946)
  • イン・ザ・ビギニング・ビバップ (Savoy, 1946)
  • Mad Lad Returns (Misterioso, 1950)
  • The Thin Man Meets Mad Lad (Misterioso, 1950)
  • Jazz Pianists Galore (Pacific jazz, 1952)
  • They All Played Bebop (CBS, 1977)
  • I Remember Bebop (CBS, 1977)
  • A Look at Yesterday (Mainstream, 1948)

参考文献編集

  • 『Swing Journal, 12, 1997』スイングジャーナル社、1997年。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 岡崎正通『インヴィテーション』日本盤初出LPライナーノーツより(1975年、東芝EMI ITJ-80041)
  2. ^ a b c d 妙中俊哉『バド・パウエルの肖像・ライブ』CDライナーノーツより(2009年、キングレコード、ABCJ-518)。
  3. ^ East Wind, Choice, SeaBreeze, Interplayなどがある。
  4. ^ a b 岩浪洋三『インタープレイ』のCDライナーノーツより(1991年、センチュリーレコード、CECC-00321)。
  5. ^ a b c 油井正一『バド・パウエルの肖像』LPライナーノーツより
  6. ^ a b 今井正弘『デューク & バード』CDライナーノーツより
  7. ^ 佐藤秀樹『コンプリート・インヴィテーション』1990年版CDライナーノーツより

外部リンク (参考)編集