麻丘 めぐみ(あさおか めぐみ、1955年10月11日 - )は、日本女優歌手演出家。本名は藤井 佳代子(一時、田島 佳代子が本名だった時代もある)[1]

あさおか めぐみ
麻丘 めぐみ
本名 藤井 佳代子(ふじい かよこ)
生年月日 (1955-10-11) 1955年10月11日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 大分県
職業 女優歌手演出家
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1950年代末期 - 1977年
1983年 - 現在
活動内容 3歳頃:子役デビュー
1960年代末期:『週刊セブンティーン』等、モデルとして活躍
1972年:「芽ばえ」で歌手デビュー
1977年:結婚のため一時引退
1983年:離婚、芸能界復帰
配偶者 一般男性(1977年 - 1983年)
著名な家族 長女(ひとみ/水彩画家)
公式サイト 麻丘めぐみオフィシャルサイト

大分県生まれの大阪育ち[2]1970年代を代表するアイドルの一人で、長い独特のカットの黒髪、チャーミングな容貌と優しい歌声で一時代を築いた。現在は女優の活動を中心に置きながら歌手活動も続けている。キリスト教 カトリック教会の信徒である[3]

シアタードリームズカンパニー所属。芸文株式会社ヴェリータ株式会社と業務提携をしている。堀越高等学校明治大学付属中野高校定時制課程卒業。

目次

プロフィール編集

生誕〜子役・モデル時代編集

大分県日出町で生まれ、生後半年から大阪で育った[2]。先祖は日出藩家老で、父の実家は日出城の二の丸部分にあったという[2]。子供の頃から活発だった姉に付き添う形で劇団に入り、1歳8ヵ月でCMに出演[2]、3歳で子役として芸能界デビューする。初舞台は梅田コマ劇場で、花菱アチャコ森光子らとの共演だったという[2]

小学5年の時に母に連れられ上京。その3か月前に単身上京していた姉(歌手になるため遠藤実の内弟子になっていた)の生活を支えるためだった。杉並区久我山に母娘3人で暮らすが家計は苦しく、日々の献立はジャガイモばかりだったという[4]

中学時代には、当時創刊間もない少女雑誌『週刊セブンティーン』等でモデルとして活動。当時の芸名は本名の藤井佳代子(途中から本名・芸名共に田島佳代子に改名)。

モデル業の合間に、歌手だった姉の仕事現場に雑用係として度々顔を出していたところ、その場にいたレコード会社のスタッフから幾度となく歌手デビューを持ちかけられる。しかし、頑張りつつもヒットに恵まれない姉の姿を間近に見ていたことから「お姉ちゃんが苦労しているのだから自分に歌手は無理」と、しばらくはその誘いを断り続けていた[4]

歌手デビューを受け入れた理由は、このままヒットが出ないと姉がレコード会社から契約を切られるのではないかと危惧し、そうならないためには自分が会社の言うことを聞けばいいのではないかと考えた上でのことだった。あくまでも姉をサポートしたいがための決断であった[4]

アイドル時代編集

1972年、「芽ばえ」で歌手デビュー。"演歌のビクター"からのポップス系歌手第一号でもあった[5]。40万枚を超えるヒットとなり、第14回日本レコード大賞では最優秀新人賞を受賞[6]

1973年、「わたしの彼は左きき」が大ヒット[6]第15回日本レコード大賞で大衆賞を受賞し、同年の『第24回NHK紅白歌合戦』にも出場、自身の代表ソングにもなる。この曲のヒットで日本では一躍左利きが注目され、左利き用品が多数発売されるようになったというエピソードもある。[要出典]麻丘自身は左利きではないが、この曲がヒットしていた時には左手でサインを書いて見せたり、左手で箸を使って見せたりしていた。

また、彼女のトレードマークでもあった姫カットが同世代の女性達の間で爆発的なブームになった。ちなみに本人が姫カットにした由来は、お洒落のためではなく髪型のバリエーションを持たせやすいようにとの合理的な理由から。アイドル活動と並行して雑誌モデルをしていた当時、スタイリストヘアメイクが付いていなかったために必要に迫られて自ら考案したものだという[7]

1974年3月日劇で行われたリサイタルの最中、舞台セットから転落して重傷を負う。そのために約半年間の休養を余儀なくされる。

引退〜復帰、そして現在編集

1977年フジテレビの番組を制作していたワイドプロモーションのディレクター結婚。自分の人生を一旦リセットしたい気持ちもあり、周囲の反対を押し切って[8] 芸能界を引退する。長女・ひとみをもうける。

1983年離婚と同時に芸能界へ復帰。以後、女優業をメインに活動を続ける。

2000年、演劇集団『シアタードリームズ・カンパニー(TDC)』を主宰。出演のみならず、自ら芝居やリーディングのプロデュース・演出も手がける。

自らコンサート企画、開催する等、2008年頃から歌手活動を本格的に再開。それまでは歌うことをあまり楽しいと感じておらず積極的に関わる機会も少なかったが、それにもかかわらずファンを始めとした周囲からの好評に「本当に申し訳ないことをしたなぁ、何で歌って来なかったんだろう」「そういう方々に恩返しのつもりで歌っていかなきゃって、すごく感じました」とのこと[5]

2009年、33年ぶりにファンクラブが発足。

親族編集

娘のひとみは水彩画家である[9][10]。活動に関しては、2世を売りにするのではなく、独自の世界を展開している。

実姉(花里あけみ→藤井明美[11]立木久美子と芸名を変えている)も歌手であった[12]

現在は、実姉の娘である姪が立木久美子の芸名で歌手活動を行っている。

交友関係編集

南沙織浅田美代子アイドル時代からの親友。 デビュー曲のヒットで一躍トップアイドルとして祭り上げられたことへの戸惑いや1970年代当時の歌謡界の空気に馴染めないストレス等といった悩みを共に抱えており、それ故に互いに励まし合いながらも本音で語り合える貴重な存在だったと再三インタビューで語っている。

坂口良子とは「週刊セブンティーン」のモデル仲間であり歌手デビュー以前からの友人。また堀越高校時代の同級生でもあった[13]

今陽子は小学生の頃からの知り合い。実姉の同級生で友人だったこともあり、家によく遊びに来ていたという[14]

音楽編集

シングル編集

  1. 芽ばえ(1972年6月5日)
    作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
    • (c/w) 素晴らしき16才 - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
  2. 悲しみよこんにちは(1972年10月5日)
    作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
    • (c/w) もしかしたら - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
  3. 女の子なんだもん(1973年1月15日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) 見果てぬ夢 - 作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
  4. 森を駈ける恋人たち(1973年4月30日)
    作詞:山上路夫/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) そよ風のテラス - 作詞:山上路夫/作曲・編曲:高田弘
  5. わたしの彼は左きき(1973年7月5日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) ひとりの私 - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
  6. アルプスの少女(1973年10月15日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) ヘイ・ミスター - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
  7. ときめき(1974年1月15日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) グッド・バイ - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:穂口雄右
  8. 白い部屋(1974年4月5日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) ウェディング・ドレス - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:高田弘
  9. 悲しみのシーズン(1974年9月10日)
    作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:あかのたちお
    • (c/w) ひまわりの花 - 作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
  10. 雪の中の二人(1974年12月15日)
    作詞:千家和也/作曲・編曲:馬飼野康二
    • (c/w) 恋にゆれて - 作詞:橋本淳/作曲・編曲:馬飼野康二
  11. 水色のページ(1975年3月5日)
    作詞:山上路夫/作曲:浜圭介/編曲:馬飼野俊一
    • (c/w) 風邪をひいた彼 - 作詞:山上路夫/作曲:浜圭介/編曲:馬飼野俊一
  12. 恋のあやとり(1975年6月5日)
    作詞:岡田冨美子/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路
    • (c/w) すみれの便箋 - 作詞:岡田冨美子/作曲:浜圭介/編曲:馬飼野俊一
  13. 美しく燃えながら(1975年8月15日)
    作詞:さいとう大三/作曲・編曲:馬飼野俊一
    • (c/w) 夏の終りに来た手紙 - 作詞:さいとう大三/作曲・編曲:馬飼野俊一
  14. 白い微笑(1975年10月25日)
    作詞:さいとう大三/作曲・編曲:馬飼野俊一
    • (c/w) 青いコーヒー・カップ - 作詞:さいとう大三/作曲・編曲:馬飼野俊一
  15. 卒業(1976年2月5日)
    作詞:山川啓介/作曲:井上忠夫/編曲:馬飼野俊一
    • (c/w) 20才 - 作詞:山川啓介/作曲:井上忠夫/編曲:乾裕樹
  16. 夏八景(1976年6月5日)
    作詞:阿久悠/作曲・編曲:筒美京平
    • (c/w) 黄昏のテラス - 作詞:阿久悠/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平・萩田光雄
  17. 夜霧の出来事(1976年9月5日)
    作詞:吉田健美/作曲:響わたる/編曲:あかのたちお
  18. 銀世界(1977年1月25日)
    作詞:橋本淳/作曲:都倉俊一/編曲:馬飼野康二
    • (c/w) 映画のあとで - 作詞:橋本淳/作曲:都倉俊一/編曲:馬飼野康二
  19. ねえ(1977年10月5日)
    作詞:喜多条忠/作曲・編曲:川口真
    • (c/w) 原宿グラフィティ - 作詞:喜多条忠/作曲・編曲:川口真
  20. あいたいよ(1984年5月25日)
    作詞・作曲:中村泰士
  21. 京都哀愁(1985年5月25日)
    作詞:かず翼/作曲:鈴木淳
    • (c/w) ヨコハマ慕情 - 作詞:かず翼/作曲:鈴木淳
  22. 離婚美人(1986年8月21日)
    作詞:秋元康/作曲:見岳章
    • (c/w) 芦屋の雨 - 作詞:秋元康/作曲:見岳章
  23. やさしくしないで(1991年9月25日)
    作詞:たきのえいじ/作曲:堀内孝雄
    テレビ朝日系テレビ時代劇『必殺仕事人・激突!』の挿入歌として使用された。
    • (c/w) 返して… - 作詞:岡田冨美子/作曲:堀内孝雄
  24. CUE(2009年2月25日)
    訳詞:Peter Barakan/作詞・作曲:高橋幸宏細野晴臣
    YMOの同名曲のカバー。NHK系バラエティ番組『お宝TVデラックス』の主題歌として使用された。

スタジオ・アルバム編集

 
タイトル
発売日
規格品番(LP)
規格品番(CD)
1
さわやか 1972.08.05 GAM-1001 VICL-63257[15]
2
あこがれ 1972.12.20 SJX-116 VICL-63258[15]
3
めぐみの休日 1973.05.25 SJX-127 VICL-63259[16]
4
めぐみと若い仲間たち 1973.08.25 SJX-142 VICL-63260[16]
5
白い部屋 1974.04.25 SJX-171 VICL-63261[17]
6
ロマンへの旅立ち 1975.04.25 SJX-211 VICL-63262[18]
7
青春 1975.07.05 GX-1004 VICL-63263
8
春支度 1976.01.25 SJX‐10121 VICL-63264
9
プライバシー・ファッション 1976.07.01 SJX-10139 VICL-63265
10
白壁の肖像 1976.11.15 SJV-905/6 VICL-63266


ライブ・アルバム編集

 
タイトル
発売日
規格品番
備考
1
夢ひらくリサイタル 1973.12.10 SJX-158 渋谷公会堂(1973.09.25)録音
2
20歳 麻丘めぐみリサイタル 1975.12.20 CB4-5102
V8H-2006
中野サンプラザ(1975.10.11)録音
LPは全12曲、CTは全19曲
3
アイドル伝説 たった1度のリサイタル 1983.05.01 SJX-30194 『20歳 麻丘めぐみリサイタル』の再発売
  • 『夢ひらくリサイタル』『20歳 麻丘めぐみリサイタル』はCD-BOX麻丘めぐみBOX 72-77』(2003.11.21)でCD化された。

ベスト・アルバム編集

 
タイトル
発売日
規格品番
備考
1
スペシャル・セレクション 1985.11.05 VDR-1101
2
Best Collection 麻丘めぐみ <1972-1977>(1987年) 1987.11.01 VDR-28004
3
Best Collection 麻丘めぐみ <1972-1977>(1989年) 1989.11.01 VDRY-25013
4
Best Selection 麻丘めぐみ 1972-1977(1990年) 1990.11.07 VICL-5031
5
Best Selection 麻丘めぐみ 1972-1977(1991年) 1991.11.07 VICL-5103
6
麻丘めぐみ/全曲集 1993.12.01 VICL-5235
7
麻丘めぐみ BEST OF BEST 1994.06.25 VICT-15004 全8曲収録のミニ・ベスト
8
BEST ONE 麻丘めぐみ 1995.10.27 VICL-5284
9
NEW BEST ONE 麻丘めぐみ(1999年) 1999.08.04 VICL-41058
10
本人歌唱 麻丘めぐみ 2001.04.30 VCD-1022 全7曲収録のミニ・ベスト
11
決定版 麻丘めぐみ 2003.07.15 HIC-1024 全7曲収録のミニ・ベスト
12
NEW BEST ONE 麻丘めぐみ(2004年) 2004.09.22 VICL-41109 廉価価格限定発売
13
麻丘めぐみ(2005年) 2005.06.30 VAL-21 ビクター“GOOD PRICE”シリーズ
14
<COLEZO!> 麻丘めぐみ 2005.09.22 VICL-41240 <COLEZO!>シリーズ
15
麻丘めぐみ(2007年) 2007.06.12 VAL-21 ビクター“GOOD PRICE”シリーズ
16
Essential Best 麻丘めぐみ 2007.08.22 VICL-62486 期間限定生産の廉価シリーズ
17
GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ 2009.01.21 VICL-63214/5 70年代発売のシングルA・B面収録、2枚組
18
ゴールデン☆アイドル 麻丘めぐみ 2014.08.27 VICL-70119/20 シングル・ジャケット復刻ブック付
19
GOLDEN☆BEST A-Side Collection 麻丘めぐみ 2015.04.22 VICL--70154 高音質SHM-CD

CD-BOX編集

 
タイトル
発売日
規格品番
備考
1
麻丘めぐみBOX 72-77 2003.11.21
2008.12.17(再)
VICL-61241/4 70年代のシングルA・B面曲、ライヴ・アルバム2枚の計4枚組
2
Premium BOX
〜オリジナル・アルバム・コレクション〜
2009.03.25 VIZL-324 膨大なボーナス・トラックを収録、CD12枚・DVD1枚の計13枚組

出演編集

テレビドラマ編集

情報・バラエティ番組編集

他多数

映画編集

CM編集

ビデオ編集

  • 追われる女(1985年、日本ビデオ映像) - 演出:沢渡朔

音楽活動編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1973年(昭和48年)/第24回 わたしの彼は左きき 10/22 三善英史
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注編集

  1. ^ 同姓同名の女優声優藤井佳代子は別人。
  2. ^ a b c d e 週刊現代 2011年9月17日 p. 78-80 私の地図 麻丘めぐみ
  3. ^ 事務局便り(Mayの項参照) ドン・ボスコ海外青年ボランティアグループ
  4. ^ a b c ニッポン放送あなたとハッピー!」内コーナー「あなたが知らない黄金歌謡伝説」でのインタビューより
  5. ^ a b 週刊実話2009年6月11日号 人生劇場 Close Up!
  6. ^ a b 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  7. ^ 毎日放送ちちんぷいぷい特番「第1回 しゃべれ!レコード大将」(2007年12月30日放送)での発言より
  8. ^ Ms Wendy 271号
  9. ^ ひとみこぱん公式HP
  10. ^ 徹子の部屋』2012年7月31日放送分に親子で出演した。
  11. ^ 漫画家の藤井明美は同姓同名の別人。
  12. ^ 歌手 藤井明美さんのページ
  13. ^ 幼馴染!
  14. ^ もうひとりの姉
  15. ^ a b LPアルバム2タイトルをCD1枚で復刻した「2in One」シリーズで、「さわやか/あこがれ」として1991年4月21日に初CD化。規格品番:VICL-150。2002年12月15日には、その「2in One」で再発売された(規格品番:VSCD-3715)。
  16. ^ a b LPアルバム2タイトルをCD1枚で復刻した「2in One」シリーズで、「めぐみの休日/めぐみと若い仲間たち」として1991年4月21日に初CD化。規格品番:VICL-151。2002年12月15日には、その「2in One」で再発売された(規格品番:VSCD-3716)。
  17. ^ 2003年1月15日に初CD化。規格品番:VSCD-3717。
  18. ^ 2003年3月15日に初CD化。規格品番:VSCD-3718。

外部リンク編集