アンディ・ニューマーク

アンディ・ニューマーク英語: Andy Newmark1950年7月14日 - )は、アメリカ合衆国ドラマー。 

アンディ・ニューマーク
Andy Newmark
ANDY NEWMARK (Acabashi)--Roxy Music.jpg
アンディ・ニューマーク(2008年)
基本情報
出生名 Andrew Newmark
生誕 (1950-07-14) 1950年7月14日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ポートチェスター
ジャンル ロックソウルファンクR&B
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムパーカッション
活動期間 1967年 -
共同作業者 スライ&ザ・ファミリー・ストーンロキシー・ミュージックピンク・フロイドデヴィッド・ギルモアロジャー・ウォーターズABCジョン・レノンデヴィッド・ボウイ
公式サイト andynewmark.com

来歴編集

ビートルズなどの影響を受け、10代からドラムを始める。10代後半にはプロとして活動をはじめ、1971年にカーリー・サイモンのアルバム『アンティシペイション』で初レコーディングを飾る。カーリー・サイモンのツアーに参加している際に、その卓越した演奏能力が観客として来ていたスライ・ストーンの目に留まり、スライ&ザ・ファミリー・ストーン1973年から1975年までドラマーとして参加する。参加時に制作されたアルバム『フレッシュ』でのドラミングはファンク演奏最高のひとつと評価され、多くのミュージシャンから注目を集めた。

その後は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのツアー中に知り合ったロン・ウッドのソロ・アルバムの制作に携わり、以降はイギリスとアメリカを往復しながら、ジョン・レノンローラ・ニーロデヴィッド・ボウイジョージ・ハリスンリッキー・リー・ジョーンズロキシー・ミュージックジェームス・テイラーなど英米を代表するアーティストのレコーディングやツアーに参加し、一流スタジオ・ミュージシャンとしての地位を確立した。また、前述のロン・ウッドのアルバムでベーシストを務めたウィリー・ウィークスとは抜群の名コンビぶりを発揮し、1970年代を代表するリズムセクションとしてニール・ラーセンの『ジャングル・フィーヴァー』をはじめ、コンビで起用されている。

現在はイギリスケント州在住。

逸話編集

  • 自身のキャリアにとってのハイライトは、敬愛していたジョン・レノンの『ダブル・ファンタジー』への参加であるとインタビューで語っている。制作中はジョン・レノンから「リンゴ(リンゴ・スター)のようにシンプルに叩いてくれ」と指示を受け、リンゴ・スターのグルーヴを心に刻みながら演奏した。制作を通じてジョン・レノンの人柄と音楽性に深い感銘を受け、以降はすべての仕事をキャンセルしてまでジョンのために演奏しようと心に決めていたが、(ジョン・レノン自身もアンディのドラムを気に入っており、レコーディングメンバーとともにツアーをする計画をしていた)ジョンの暗殺によってすべてが不意になり、精神的に追い詰められ2年近く虚無状態に陥ったとインタビューで語っている。
  • 日本のミュージシャンとも縁があり、野口五郎氷室京介今井美樹などのアルバムに参加している。また、坂本龍一のレコーディングに参加したことがきっかけで、YMOの散開ツアーのサポートの候補にあがったことがある。アンディが参加した今井美樹のアルバムでプロデュースを務めた布袋寅泰は、クリックを全く使用せず、曲の収録前にシンバルのカウントを1分近く続けることによって曲全体のグルーヴを築き上げていく彼のやり方に驚く半面、その合理的な方法に深い感銘を受けたと語っている。

ディスコグラフィ編集

主な参加アルバム編集

外部リンク編集