アンドリュー・ボーガット

アンドリュー・マイケル・ボーガットAndrew Michael Bogut1984年11月28日 - )は、オーストラリアビクトリア州メルボルン出身の元プロバスケットボール選手クロアチア系オーストラリア人。ポジションセンター。身長213cm、体重117.9kg。姚明に次いで、外国人としては史上2人目のNBAドラフト1巡目1位指名選手。

アンドリュー・ボーガット
Andrew Bogut
Andrew Bogut (cropped).jpg
引退
ポジション C
基本情報
愛称 Bogus
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1984-11-28) 1984年11月28日(38歳)
出身地 ビクトリア州メルボルン
身長(現役時) 213cm (7 ft 0 in)
体重(現役時) 117.9kg (260 lb)
ウィングスパン(現役時) 220cm  (7 ft 3 in)[1]
キャリア情報
出身 ユタ大学
ドラフト 2005年 1巡目 1位  MIL 
選手経歴
2005-2012
2012-2016
2016-2017
2017
2017-2018
2018-2019
2019
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ダラス・マーベリックス
クリーブランド・キャバリアーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
シドニー・キングス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ オーストラリアの旗 オーストラリア 2004年-2020年

経歴編集

両親がクロアチア移民のボーガットは、メルボルンのクロアチア・コミュニティで生まれ育った。

2003年の世界ジュニア選手権で母国を優勝に導き、MVPを受賞。

2004年にはアテネオリンピックでも平均14.8得点、平均8.8リバウンドと活躍。

その直後のNCAAでは20.4得点、12.2リバウンドの数字を残し、ウッデン賞、ネイスミス賞を始め04-05シーズンの大学MVPを総ナメにした。ユタ大学のレイ・ジアコレッティHCはボーガットを「彼はヨーロッパ人の技術と、アメリカ人のタフネスを兼ね備えたオーストラリア人選手」と形容した。

NBA編集

ミルウォーキー・バックス

2005年のNBAドラフトで全体1位でミルウォーキー・バックスに指名されてプロ入りした。なお同年のNFLドラフトでもユタ大学のアレックス・スミスが全体1位で指名された。同じ大学からNBAとNFLでドラフト全体1位指名されたのは史上初であった[2]。 1年目は全82試合に出場し、9.4得点、7.0リバウンド、2.3アシストを記録。チームのプレーオフ進出に貢献し、オールルーキー1stチームに選出された。

2年目には平均得点で2桁を記録し、3年目となった2007-08シーズンには平均14.3得点9.8リバウンドとほぼダブルダブルに近い数字を記録した。またブロックにおいては前シーズンの平均0.5から、リーグ9位となる1.7まで伸ばした。

4年目の2009-10シーズンは飛躍のシーズンとなり、平均15.9得点10.2リバウンド2.54ブロックを記録した。しかし、シーズン終盤に右肘を骨折し、4年振りのプレーオフも欠場。チームはレギュラーシーズン46勝36敗の好成績を残し、プレーオフに挑んだものの、ボーガットの欠場が影響し、1stラウンドでアトランタ・ホークスに3勝4敗で敗れた。「ボーガットがいれば、セミファイナルに進んでいただろう」と評されただけに、悔やまれる欠場となった。

2010-11シーズンは平均2.58ブロックを記録し、ブロック王を受賞した。

ゴールデンステート・ウォリアーズ

2012年3月15日、大型トレードでゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。2014-15シーズンは、NBAオールディフェンシブチームのセカンドチームに選出。ウォリアーズは順調にNBAファイナルまで勝ち上がり、ファイナルは同じオーストラリア出身のマシュー・デラベドバか所属するクリーブランド・キャバリアーズとの対戦となったが、見事に4勝2敗でチャンピオンに貢献した。

ダラス・マーベリックス

2016年7月4日、ドラフト指名権とのトレードでダラス・マーベリックスに移籍した[3]が、翌年2月23日にフィラデルフィア・76ersに放出され解雇された。

クリーブランド・キャバリアーズ

2017年3月1日、ゴールデンステート・ウォリアーズ時代に2度NBAファイナルで対決したクリーブランド・キャバリアーズとシーズン終了までの契約を結んだ[4]。しかし、キャバリアーズでの初戦となった2017年3月7日のマイアミ・ヒート戦で守備をした際に左足を骨折[5][6]。翌日シーズン復帰が絶望となったと報じられた[7]。そして12日、キャバリアーズは新たにラリー・サンダースと契約するためにボーガットを解雇したと発表した[8]

ロサンゼルス・レイカーズ

2017年9月17日、ロサンゼルス・レイカーズと契約した[9]2018年1月6日、レイカーズから解雇された[10]

NBL編集

シドニー・キングス

2018年4月24日、シドニー・キングスと2年契約を結んだ[11][12]

引退編集

2020年12月1日、自身のポッドキャスト「Rogue Bogues」内で現役引退を表明した。2021年に開催される東京オリンピックへの出場を最後に現役を引退する予定だったが、コンディション面の悪化により2021年まで現役を続行するのは厳しいと判断し、引退を早めることを決断した。ボーガットは「朝ベッドから起きるのですらきつかった。」と話している[13]

オーストラリア代表編集

2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権にもオーストラリア代表として参加。6試合で12.8得点、6.2リバウンドを記録。ベスト8決定戦では、アメリカ代表を相手に20得点し大敗したチームの中で一人気を吐いた。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  優勝シーズン      リーグリーダー

NBA編集

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2005–06 MIL 82 77 28.6 .533 .000 .629 7.0 2.3 .6 .8 9.4
2006–07 66 66 34.2 .553 .200 .577 8.8 3.0 .7 .5 12.3
2007–08 78 78 34.9 .511 .000 .587 9.8 2.6 .8 1.7 14.3
2008–09 36 33 31.2 .577 .571 10.3 2.0 .6 1.0 11.7
2009–10 69 69 32.3 .520 .000 .629 10.2 1.8 .6 2.5 15.9
2010–11 65 65 35.3 .495 .000 .442 11.1 2.0 .7 2.6* 12.8
2011–12 12 12 30.3 .449 .000 .609 8.3 2.6 1.0 2.0 11.3
2012–13 GSW 32 32 24.6 .451 1.000 .500 7.7 2.1 .6 1.7 5.8
2013–14 67 67 26.4 .627 .344 10.0 1.7 .7 1.8 7.3
2014–15 67 65 23.6 .563 .524 8.1 2.7 .6 1.7 6.3
2015–16 70 66 20.7 .627 1.000 .480 7.0 2.3 .5 1.6 5.4
2016–17 DAL 26 21 22.4 .469 .000 .273 8.3 1.9 .5 1.0 3.0
2016–17 CLE 1 0 1.0 .0 .0 .0 .0 .0
2017–18 LAL 24 5 9.0 .680 1.000 3.3 .6 .2 .5 1.5
2018–19 GSW 11 5 12.2 .500 1.000 5.0 1.0 .3 .7 3.5
Career 706 661 28.1 .535 .120 .557 8.7 2.2 .6 1.5 9.6

Playoffs編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG

2007

MIL 5 5 34.4 .435 .375 6.2 3.4 .6 .0 8.6
2014 GSW 12 12 27.3 .582 .348 10.9 1.8 .5 1.5 7.2
2015 19 18 23.2 .560 .000 .385 8.1 1.9 .6 1.8 4.7
2016 22 22 16.6 .623 .000 .357 5.7 1.4 .6 1.6 4.6
2020 19 6 9.4 .649 .800 3.9 1.1 .3 .3 2.7
Career 77 63 19.3 .573 .000 .397 6.7 1.6 .5 1.2 4.8

プレイスタイル編集

ローポストに強い7フッター(213cm)で、フィールドゴール成功率が高い。 またセンターとしては非常に高いハンドリング技術とパスセンスを兼ね備えている。

体格や体重が大きいのでキャリア後期は膝の怪我に悩まされており、プレー時間を慎重に管理されている。

タイトル・受賞編集

  • オールNBA3rdチーム:2010
  • NBAオールルーキー1stチーム:2005-06
  • NBAブロック王:2011
  • NBAオールディフェンシブ2ndチーム:2015

脚注編集

関連項目編集


外部リンク編集