アンブレイカブル

アンブレイカブル』(Unbreakable)は、2000年公開のアメリカ映画

アンブレイカブル
Unbreakable
監督 M・ナイト・シャマラン
脚本 M・ナイト・シャマラン
製作 バリー・メンデル
サム・マーサー
M・ナイト・シャマラン
製作総指揮 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
出演者 ブルース・ウィリス
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 エドゥアルド・セラ
編集 ディラン・ティチェナー
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
ブラインディング・エッジ・ピクチャーズ
バリー・メンデル・プロダクションズ
リミテッド・エディション・プロダクションズ
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ・ディストリビューション
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年11月22日
日本の旗 2001年2月10日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $95,011,339[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$248,118,121[1] 世界の旗
29億5000万円[2] 日本の旗
次作 スプリット
テンプレートを表示

シックス・センス』に続いて、M・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス主演のSFサスペンス映画。タイトルのアンブレイカブルは直訳で「破壊不可能」、主人公の性質を指している。

キャッチ・コピーは「真実を知る覚悟はあるか」。

目次

ストーリー編集

フィラデルフィアで乗客131人が死亡するという悲惨な列車事故が起きた。その中で、アメフト会場のしがない中年警備員のデヴィッドはかすり傷1つ負わずに唯一生き残る。ある日彼の元に、イライジャと名乗る人物から手紙が届き、デヴィッドは会いにいく。

コミックのコレクターであり、コミック関連の画商をしているイライジャは、些細なことでも骨折してしまう骨形成不全症という難病を持って生まれ、今まで何十回と骨折してきた男だった。そのような病気を持つため、彼は外出しにくく、コミックにはまるようになって今ではそれを生業にしているということだった。そのような生涯から、彼は体の脆い自分とは対極に位置する病気も怪我もしない頑強な人間が存在するはずだと考え、それはコミックのヒーローのようであると信じていた。

デヴィッドと出会ったイライジャは、その自分の考えをデヴィッドに伝えるが、デヴィッドは信じない上に、大学時代に交通事故で怪我をし、アメフトの選手生命を断たれたことを話す。しかし逆にイライジャはデヴィッドこそ自分が探し求めていたヒーローであると確信する。

イライジャの考えを否定したデヴィッドだったが、思い当たる節はいくつもあった。大学時代の怪我も実は当時付き合っていたオードリーと結婚するための嘘で、今までまったく怪我や病気をしたことがなかった。さらに、イライジャと出会って以来、それまで気のせいだと思っていた、無意識のうちに危険人物を察知する能力を自覚し、そのほかにも驚異的な筋力など、イライジャが言うヒーローの能力を持っていた。愛する妻子との関わりを通して自分の力を確信したデヴィッドは、雑踏の中からまったく面識もない(事件すら発覚していない)少女暴行監禁犯をその能力で見つけ出して、唯一の弱点である「水」による危機に陥りながらも倒し被害者を助け出す。そしてメディアは謎のヒーローの話題で持ちきりになる。

ディヴィッドは、イライジャに感謝の意を伝えるため、彼のギャラリーに訪れる。しかし、そこで初めてイライジャの体に触れたディヴィッドは、実はヒーローを探し出すために、イライジャがフィラデルフィアの列車事故を始めとする数々の大規模事故を仕組んでいたことを知る。メディアに「Mr.ガラス」と名付けられたイライジャはディヴィッドの通報により逮捕され、精神病院に入れられる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
デヴィッド・ダン ブルース・ウィリス 磯部勉 野沢那智
イライジャ・プライス サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰 山寺宏一
オードリー・ダン ロビン・ライト・ペン 佐藤しのぶ 相沢恵子
ジョセフ・ダン スペンサー・トリート・クラーク 渡辺悠 矢島晶子
イライジャの母 シャーレイン・ウッダード 一柳みる 土井美加
マシソン医師 イーモン・ウォーカー 永井誠
ケリー レスリー・ステファンソン 幸田夏穂
13歳のイライジャ ジョニー・ヒラム・ジェイミソン 五十嵐優次郎
ベビーシッター ミケリア・キャロル 増田ゆき
学校の看護師 エリザベス・ローレンス 京田尚子
オレンジ色の服の男 チャンス・ケリー セリフなし
デュービン医師 マイケル・ケリー 坂東尚樹
ジェンキンズ ジョーイ・ペリロ 水野龍司
ビジネスマン ファードス・バンジ 仲野裕
老秘書 サリー・パリッシュ 森ひろ子
ノエル リチャード・E・カウンシル 金子由之
リッチ 斉藤次郎
記者 柳沢栄治
子供 高森奈緒
ドラッグの売人 M・ナイト・シャマラン

評論編集

映画評論家の町山智浩は『ジャンボ・墜落/ザ・サバイバー』(1981年)とプロットが酷似していると指摘している[3]

脚注編集

  1. ^ a b c Unbreakable (2000)”. Box Office Mojo. 2010年2月5日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)610頁
  3. ^ ヴィレッジ:映画評論・批評映画com. 2004年9月1日

外部リンク編集