メインメニューを開く

アンリ・ドルレアンフランス語: Henri d'Orléans, 1933年6月14日 - 2019年1月21日)は、フランスの旧王家であるオルレアン家の当主、フランス王位請求者(1999年6月19日 - 2019年1月21日)。名目上のフランス国王「アンリ7世Henri VII)」として、正統派の一部(=連合派)と伝統的なオルレアン派に支持された。パリ伯フランス語: comte de Paris)およびフランス公フランス語版フランス語: duc de France)の儀礼称号を用いた。

アンリ
Henri
ブルボン=オルレアン家
Henri d'Orléans, comte de Paris, à Poissy, le 27 avril 2014..jpg
フランス公にしてパリ伯アンリ(2014年4月)
称号 パリ伯
フランス公フランス語版
全名 Henri Philippe Pierre Marie
アンリ・フィリップ・ピエール・マリー
出生 1933年6月14日
ベルギーの旗 ベルギーヴォリュウェ=サン=ピエール
死去 (2019-01-21) 2019年1月21日(85歳没)
フランスの旗 フランスドルー
子女
父親 アンリ
母親 イザベル
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン Signature Comte de Paris Duc de France.png
テンプレートを表示

目次

生涯編集

先代のパリ伯アンリとその妻イザベルブラジル旧皇族ペドロ・デ・アルカンタラ・デ・オルレアンス・エ・ブラガンサの長女)の長男として生まれる。当時、1886年亡命法フランス語版(1950年廃止)によってフランス君主位請求者とその家族はフランス入国を禁止されていたため、隣国ベルギーヴォリュウェ=サン=ピエールでの誕生だった。

1940年に祖父のギーズ公ジャンが死去して父アンリがオルレアン家家長になると、父によってドーファンに叙せられた。

1947年、ヴァンサン・オリオールの特別法令(デクレ)によってフランス入りを許されて[1]、1953年以降、パリに居住。その後はパリ政治学院へ進み、1957年、同学院公共政策専攻のディプロマを修了。アルジェリア戦争に従軍した。

結婚と子女編集

1957年、遠縁にあたるマリー・テレーゼ・フォン・ヴュルテンベルク英語版ヴュルテンベルク王国の王位請求者ヴュルテンベルク公フィリップ・アルブレヒトの四女)と結婚した。結婚と同時に、アンリは父からクレルモン伯爵に叙爵された。マリー=テレーズとの間に3男2女を儲けた。

離婚と再婚、継承権剥奪編集

マリー=テレーズとの夫婦仲は悪く、1977年に別居状態になり[1]、1984年2月には離婚(市民婚)が成立した[1]

1984年10月、チリ系移民の血を引くミカエラ・コウシーニョ・イ・キニョーネス・デ・レオンフランス語版と再婚した。この再婚はカトリック教会からの承認を得ずに行ったためにオルレアニストの大部分から支持されず、父アンリの激しい怒りを買った。ミカエラとの再婚が原因で、父によって継承権とクレルモン伯の称号を剥奪され、代わってクレルモン伯より格下の称号であるモルタン伯に叙爵された。

1987年、父はアンリの息子ジャンを後継者に指名した[2]

継承権回復、家督相続編集

 
パリ伯アンリ(2013年4月)

1991年、父アンリの態度が軟化したことで継承権とクレルモン伯の称号を回復し、1996年に継承者と定められた。1999年に父の死によって家督を継いだ。

2004年12月8日、甥シャルル=フィリップ・ドルレアンアンジュー公の称号を授けた。

2009年3月にカトリック教会によってマリー=テレーズとの婚姻の無効が宣言され、同年9月にミカエラとの宗教婚が行われた。結婚式は9月26日、バスク地方の町アルカングフランス語版シャトー・ダルカングフランス語版で挙行された[3]

薨去と葬儀編集

2019年1月21日の朝、薨去。奇しくもこの日はルイ16世の226回目の命日である。アンリは毎年恒例であるルイ16世の追悼ミサに出席する準備をしているときに、突然疲れを感じてベッドに戻り、そのまま息を引き取ったという[4]。その死は家族にとっても予期せぬものだった。フランスで2018年11月17日から発生している黄色いベスト運動に対して、1月17日に「デモは平和にやりなさい」とTwitterで国民に向けてメッセージを発したばかりであった[5]。王党派組織「アクション・フランセーズ」は、アンリの死を受けて「国王崩御、国王万歳!フランス語版」とTwitterに投稿した[6][7]

2月2日、ドルーサン=ルイ王室礼拝堂フランス語版において葬儀が催され、モナコ大公アルベール2世や前スペイン王妃ソフィアをはじめとする各国の王侯がこれに参列した[6]

出典編集

  1. ^ a b c “Le comte de Paris, Henri d'Orléans, descendant du frère de Louis XIV et prétendant au trône, est mort à 85 ans”. 20 minutes (フランス)フランス語版. (2019年1月21日). https://www.20minutes.fr/paris/2432351-20190121-comte-paris-henri-orleans-descendant-frere-louis-xiv-pretendant-trone-mort-85-ans?xtref=twitter.com#Echobox=1548084028 2019年1月24日閲覧。 
  2. ^ “Le comte de Paris, Henri d’Orléans, est mort à l’âge de 85 ans”. ル・モンド. (2019年1月21日). https://www.lemonde.fr/disparitions/article/2019/01/21/le-comte-de-paris-henri-d-orleans-est-mort-a-l-age-de-85-ans_5412358_3382.html 2019年1月24日閲覧。 
  3. ^ “Pays basque : le jour où le comte de Paris s’est marié, à Arcangues”. Sud Ouestフランス語版. (2019年1月22日). https://www.sudouest.fr/2019/01/21/pays-basque-le-jour-ou-le-comte-de-paris-s-est-marie-a-arcangues-5750945-3958.php 2019年1月24日閲覧。 
  4. ^ “Mort d'Henri d'Orléans : Son fils le prince Jean, touchant et franc, témoigne”. PurePeople. (2019年1月31日). http://www.purepeople.com/article/mort-d-henri-d-orleans-son-fils-le-prince-jean-touchant-et-franc-temoigne_a322574/1 2019年2月24日閲覧。 
  5. ^ “【パリの窓】王様の命日”. 産経新聞. (2019年1月25日). https://www.sankei.com/column/news/190125/clm1901250003-n1.html 2019年2月24日閲覧。 
  6. ^ a b “仏旧王族のオルレアン家当主が死去、葬儀に各国王族が参列”. フランス通信社. (2019年2月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3209492 2019年2月24日閲覧。 
  7. ^ https://twitter.com/actionfrancaise/status/1087348789168562183
  8. ^ “Les funérailles du comte de Paris, Henri VII de France”. la-couronne. (2019年2月3日). https://www.la-couronne.org/actualite-royale/les-funerailles-du-comte-de-paris-h7/ 2019年2月24日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集