ジャン・ドルレアン (1965-)

ジャン・ドルレアンフランス語: Jean d'Orléans, 1965年5月19日 - )は、フランスの旧王家であるオルレアン家の当主で、王位請求者2019年1月21日 - )。父アンリ公の次男でヴァンドーム公儀礼称号を授与されていた。2019年、父の崩御によりフランス公、パリ伯の儀礼称号を襲い、名目上のフランス国王「ジャン4世Jean IV)」として、オルレアニスト連合派に支持される。

ジャン・ドルレアン
Jean d'Orléans
オルレアン家
Jean d'Orléans.jpg
フランス公ジャン、2019年

全名 Jean Carl Pierre Marie d'Orléans
ジャン・カール・ピエール・マリー・ドルレアン
称号 パリ伯
フランス公
出生 (1965-05-19) 1965年5月19日(56歳)
フランスの旗 フランスオー=ド=セーヌ県ブローニュ=ビヤンクール
配偶者 フィロメナ・デ・トルノス
子女
父親 アンリ
母親 マリー・テレーゼ・フォン・ヴュルテンベルク英語版
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

経歴編集

 
ジャン(1980年代撮影)

1965年5月19日、当時まだドーファンだったパリ伯爵アンリとその最初の妻でヴュルテンベルク王家家長フィリップ・アルブレヒトの娘であるマリー・テレーゼ英語版の間の第4子、次男として生まれた。

1987年、祖父のパリ伯アンリ(6世)によって、ヴァンドーム公に叙爵された。同年、祖父から後継者に指名されるが、1991年には継承権を回復した父にその座を譲った。

2006年、トキソプラズマ症が原因で重度の知的障害を抱える兄のクレルモン伯フランソワに代わり、父によって後継者に指名された。

2019年1月21日、父の死とともにオルレアン家の家督を継承、フランス公、パリ伯の称号も受け継いだ。

妻子編集

 
ヴァンドーム公夫婦と長男ガストン、2010年撮影

2001年にオルデンブルク大公世子ニコラウスの孫娘タティアナ(1974年 - )と婚約したが、宗派問題により破談となった。ジャンがプロテスタント信徒との結婚によりカトリック信徒の支持を失い、オルレアン家の王位請求権が弱まることが危惧されたためだった[1]

2009年にバスク人のフィロメナ・デ・トルノス(Philomena de Tornos y Steinhart、1977年 - )と結婚した。民事婚は2009年3月19日にパリで、パリ7区区長ラシダ・ダティの主宰により、宗教婚は2009年5月2日にサンリスのノートルダム聖堂(Cathédrale Notre-Dame)で挙行された。フィロメナはオーストリア出身の作家フランツ・フォン・ヴェルナー英語版の玄孫である[2]

妻フィロメナとの間に2男3女をもうけている。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
アンリ7世
ブルボン=オルレアン家家長
フランス王位請求者
オルレアン派連合派
2019年1月21日 -
次代:

推定相続人ガストン・ドルレアン