メインメニューを開く

アーロン・アンダーモン・ポレダAaron Andermon Poreda, 1986年10月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州コントラコスタ郡ウォールナットクリーク出身のプロ野球選手投手)。左投左打。ユダヤ系アメリカ人

アーロン・ポレダ
Aaron Poreda
Giants poreda49.JPG
読売ジャイアンツ時代
(2015年3月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州コントラコスタ郡ウォールナットクリーク
生年月日 (1986-10-01) 1986年10月1日(33歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目(全体25位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 MLB / 2009年6月12日 ミルウォーキー・ブルワーズ
NPB / 2015年3月28日 横浜DeNAベイスターズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとホワイトソックス時代編集

2007年MLBドラフト1巡目(全体25位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され、6月16日に契約[1]。ルーキー級の一つ、パイオニアリーググレートフォールズ・ホワイトソックス英語版で12試合に登板し、4勝0敗・防御率1.17だった。

2008年はA+級(カロライナリーグ)ウィンストン・セイラム・ワートホッグス英語版で12試合に登板し、5勝5敗・防御率3.31だった。6月にAA級(サザンリーグ)バーミングハム・バロンズへ昇格。15試合に登板し、3勝4敗・防御率2.98だった。

2009年はAA級バーミングハムで11試合に登板し、5勝4敗・防御率2.38だった。6月9日にホワイトソックスとメジャー契約を結び[2]6月12日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビュー。7月22日にAAA級(インターナショナルリーグ)シャーロット・ナイツへ降格した。7月25日デトロイト・タイガース戦では、同点の延長13回から登板。1回を無安打無失点に抑え、直後の13回裏にホワイトソックスがサヨナラ勝ちしたため、メジャー初勝利を挙げた。ホワイトソックスでは10試合に登板し、1勝0敗、防御率2.45だった。

パドレス時代編集

2009年7月31日ジェイク・ピービーとのトレードで、クレイトン・リチャードアダム・ラッセル英語版デクスター・カーターと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[3]。移籍後はAAA級(パシフィック・コーストリーグ)ポートランド・ビーバーズで7試合に登板し、0勝3敗・防御率7.16だった。9月8日にメジャーへ昇格[4]。パドレスでは4試合に登板し、防御率3.86だった。

2010年3月3日にパドレスと1年契約に合意[5]3月15日にAAA級ポートランドへ異動した[6]。AA級(テキサスリーグ)サンアントニオ・ミッションズで開幕を迎え、19試合に登板。0勝1敗・防御率2.52だった。6月にAAA級ポートランドへ昇格。20試合に登板し、1勝1敗・防御率4.97だった。

2011年2月27日にパドレスと1年契約に合意[7]3月11日にAAA級ツーソン・パドレス[8]へ異動し[9]、そのまま開幕を迎えた。6月13日DFAとなり[10]、16日に40人枠を外れる形でAAA級ツーソンへ降格した。この年はAAA級ツーソンで41試合に登板し、4勝3敗・防御率5.43だった。

パイレーツ傘下時代編集

2011年12月のルール・ファイブ・ドラフトピッツバーグ・パイレーツから指名され移籍した[11]

2012年はAA級(イースタンリーグ)アルトゥーナ・カーブでプレーしたが、左肘の故障で3試合の登板にとどまり2勝0敗・防御率2.25だった。オフの10月にトミー・ジョン手術を行った。

2013年3月12日に放出され、前年の手術の影響でシーズンを全休した。

レンジャーズ時代編集

2013年10月17日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。

2014年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスで開幕を迎え、5試合に登板後、4月18日にレンジャーズとメジャー契約を結んだ[12]。その後、5年振りにメジャーで登板した。最終的に、怪我に続出したチーム事情もあり、自己最多の26試合に登板した。オフの11月20日ウェイバーで放出された[13]

巨人時代編集

2014年11月25日に同僚のマイルズ・マイコラスと共に読売ジャイアンツと契約した事が発表された。背番号は「49」[14]

2015年3月28日横浜DeNAベイスターズ戦で初登板・初先発したが負け投手となった[15]4月4日阪神タイガース戦で、初勝利を記録した[16]。シーズンでは打線の援護に恵まれず8勝に留まるも、安定した投球を見せ24試合に登板して規定投球回にも到達しリーグ8位となる防御率2.94を記録した。特に阪神に相性が良く5勝(2敗)をマークし阪神キラーと呼ばれる様になった。巨人の外国人左腕投手の規定投球回到達は2001年のダレル・メイ以来14年ぶりで、自前の左腕外国人に限定すると1977年のクライド・ライト以来38年ぶりである。チームのリーグ2位で迎えたCSファーストステージでの阪神戦では第3戦に先発し、6回0/3を1失点の好投で勝利投手となり、ファイナルステージ進出に貢献した[17]。しかし、ファイナルステージでの東京ヤクルトスワローズ戦では第4戦に先発したが2回3失点でKOされ、チームもそのまま敗れ、2年連続でCS敗退した[18]12月25日に巨人と1年契約を結んだことが発表された[19]

2016年も先発ローテーション入りし、3月29日のDeNA戦でシーズン初登板で初勝利を挙げチームの開幕4連勝に貢献する。しかし、4月5日の阪神戦ではボークなどが絡みKOされ敗戦投手になると、その後の登板でも制球難に陥った。4月29日に一軍登録を抹消された[20]。その後は左脇腹痛もあり、一時帰国するなどしたため一軍昇格できないままシーズンを終えた。わずか5試合で1勝3敗・防御率4.00に終わった。12月2日に自由契約となり巨人を退団した[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2009 CWS 10 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 49 11.0 9 0 8 1 1 12 2 0 3 3 2.45 1.55
SD 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.1 1 0 5 0 0 0 0 0 1 1 3.86 2.57
'09計 14 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 61 13.1 10 0 13 1 1 12 2 0 4 4 2.70 1.73
2014 TEX 26 0 0 0 0 2 1 0 4 .667 97 21.1 30 2 7 1 1 21 1 0 14 14 5.91 1.73
2015 巨人 24 24 0 0 0 8 8 0 0 .500 619 147.0 133 6 46 2 8 101 5 6 57 48 2.94 1.22
2016 5 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 121 27.0 25 0 19 0 2 19 0 2 15 12 4.00 1.63
MLB:3年 40 0 0 0 0 4 1 0 4 .750 158 34.2 40 2 20 2 2 33 3 0 18 18 4.67 1.73
NPB:2年 29 29 0 0 0 9 11 0 0 .450 740 174.0 158 6 65 2 10 120 5 8 72 60 3.10 1.28
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号編集

  • 49 (2009年 - 同年途中、2014年 - 2016年)
  • 43 (2009年途中 - 同年終了)

登場曲編集

  • 「Sail」AWOLNATION(2015年 - )

脚注編集

  1. ^ White Sox agree to terms with first-round draft choice Aaron Poreda”. MLB.com White Sox Press Release (2007年6月16日). 2014年4月30日閲覧。
  2. ^ White Sox purchase contract of Aaron Poreda from Class AA Birmingham and place Bartolo Colon on 15-Day Disabled list”. MLB.com White Sox Press Release (2009年6月9日). 2014年4月30日閲覧。
  3. ^ Padres Acquire Four Players from Chicago White Sox in Exchange for RHP Jake Peavy”. MLB.com Padres Press Release (2009年7月31日). 2014年4月30日閲覧。
  4. ^ Padres recall left-handed pitchers Aaron Poreda and Cesar Ramos from Triple-A Portland”. MLB.com Padres Press Release (2009年9月8日). 2014年4月30日閲覧。
  5. ^ Padres agree to terms with 30 players on 2010 contracts”. MLB.com Padres Press Release (2010年3月3日). 2014年4月30日閲覧。
  6. ^ San Diego Padres announce roster moves”. MLB.com Padres Press Release (2010年3月15日). 2014年4月30日閲覧。
  7. ^ Padres agree to terms with 27 players on 2011 contracts”. MLB.com Padres Press Release (2011年2月27日). 2014年4月30日閲覧。
  8. ^ 2011年より球団名変更
  9. ^ Padres announce roster moves”. MLB.com Padres Press Release (2011年3月11日). 2014年4月30日閲覧。
  10. ^ Padres Select RHP Anthony Bass from Double-A San Antonio and Reinstate OF Cameron Maybin from 15-Day DL”. MLB.com Padres Press Release (2011年6月13日). 2014年4月30日閲覧。
  11. ^ Jenifer Langosch (2011年12月8日). “Bucs use Rule 5 Draft to land infielder Nunez”. MLB.com. 2014年4月30日閲覧。
  12. ^ Rangers Place Scheppers on DL; Purchase Poreda Contract”. MLB.com Rangers Press Release (2014年4月18日). 2014年4月30日閲覧。
  13. ^ Rangers protect players, make a trade with Angels
  14. ^ 新外国人選手との契約について
  15. ^ 3月28日 対DeNA2回戦・東京ドーム 読売巨人軍公式サイト (2015年3月28日) 2015年5月17日閲覧
  16. ^ 4月4日 対阪 神2回戦・東京ドーム 読売巨人軍公式サイト (2015年4月4日) 2015年5月17日閲覧
  17. ^ 巨人ポレダCS初勝利「素晴らしい出来事で興奮」日刊スポーツ2015年10月12日
  18. ^ 【巨人】貧打、拙守でG滅・・・3連敗であえなく終戦スポーツ報知2015年10月17日
  19. ^ 巨人 ポレダと1年契約「日本シリーズ優勝目指す」今季8勝8敗スポニチアネックス 2015年12月25日配信
  20. ^ 【巨人】ポレダが登録抹消!制球難で再調整スポーツ報知.2016年5月1日
  21. ^ ギャレ&マシ来季契約を発表 ポレダ、アンダーソンは自由契約Sponichi.Annex.2016年12月3日

関連項目編集

外部リンク編集