ウバガイ姥貝、学名 Pseudocardium sachalinense)は、二枚貝綱異歯亜綱バカガイ上科バカガイ科の1

ウバガイ
Pseudocardium sachalinense.JPG
ウバガイ 福島県いわき市
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: バカガイ科 Mactridae
: ウバガイ属 Pseudocardium
: ウバガイ P. sachalinense
学名
Pseudocardium sachalinense (Sehrenck, 1862)
シノニム

Spisula sachalinense (Sehrenck, 1862)

和名
ウバガイ
英名
Sakhalin surf clam

日本海北部と茨城県以北の太平洋シベリア沿岸まで分布し、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する。 北海道ではホッキガイ(北寄貝)と呼び、アイヌ語ではポクセイ(poksei)、トゥットゥレプ(tutturep)などの呼び名がある。季語、三冬。

目次

形態編集

成貝は殻長10cm以上と大型で、殻は厚くそれ自体は淡色であるが、褐色の殻皮におおわれるため全体に黒ずんだ色に見える。

浅海の細砂底に棲息し、春から夏に産卵期を迎え、幼生は20~30日間回遊したのちに着生する。成長は遅く、漁獲対象(7~8cm)まで4~6年かかるが、寿命は30年に達する。

幼貝のうちは殻全体が白色から黄白色で、同科のシオフキに似るが、これは内湾性で生息環境から区別できる。一方、ヒメバカガイ Mactra crossei は成貝では全く異なるが、1cm以下の幼貝は区別が難しい。 殻頂に残る初期稚貝の殻を高倍率で観察すると、全く色彩のないものがウバガイで、褐色から帯紅色が点状に見られるのがヒメバカガイ[1]。 同科のミルクイにも似るが、殻長や水管、殻の後端の隙間がそれほど大きくなく、殻を閉じると完全に内部に収納され、ほとんど隙間がなくなる点で区別が可能。

利用編集

小型底曳網(桁曳網)や、ジェット水流による掘削漁獲が普及している。一方、目視で挟み採る伝統漁法も行われ、品質(傷が少ない)から高価で取引されている。 北海道や東北地方では以前から広く食用とされ、寿司ネタとしても一般的であった。現在は、関東地方以西でも一般に流通するようになった。宮城県山元町では毎年2月に「ホッキ祭り」が開かれる。

実際には国内資源は衰退しており、消費量の大半は輸入に依っている。カナダペルー産のナガウバガイという同属の貝が冷凍品で流通している。

漁獲量編集

  • 2008年度  (苫小牧市産業経済部調べ)
第1位 - 苫小牧漁港 825t (北海道):「苫小牧市の貝」に指定されている
第2位 - 別海漁港 549t (北海道)
第3位 - 三沢漁港 489t (青森県
第4位 - 根室漁港 460t (北海道)
第5位 - 釧路漁港 324t (北海道)

食用編集

主に加熱済みのむき身の冷凍状態で流通し、生や殻付きは少ない。生の斧足の縁は黒っぽいが、加熱すると鮮やかな赤に変わる。

生体は斧足内に砂が多く、さらにアサリハマグリのように砂を吐かせることが難しい。一方で貝柱が発達していないため、殻を閉じる力は弱い。このため、下ごしらえはナイフやヘラでこじ開け、身を切り開いて水洗いする(丸ごと茹でると砂や泥が食味を損なう)。

生のまま刺身寿司に用いるほか、炊き込みご飯混ぜご飯の具、煮付け、佃煮、バター焼き、天麩羅などに用いる。 茹でたむき身に関しては、1990年代以降、寿司種として全国的に普及し、回転寿司でも見かけるようになった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ これは内湾性のシオフキとバカガイの幼貝の区別でも同様で、通常色彩の無いものがシオフキ、彩色されるのがバカガイ