メインメニューを開く

エコファースト制度とは企業環境大臣に対して地球温暖化対策や廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度[1]2010年9月10日制定。

概要編集

環境省が企業に対し「先進的で独自的でかつ業界をリードするような事業活動を行っている」と認定すれば環境省制定のエコファーストマークを使用することが出来る。認定されたからといって補助金など環境省のほかの申請に影響を与えることはない。

またグループ全体で認定を受けた場合はそのグループ全体での成果を提出しなくてはならないため、申請の際に企業単体なのかグループ全体なのかを明記しなくてはならない。事業規模の大小は問わないが「業界全体にインパクトを与える約束かどうか」も認定の要件のひとつであるため、小規模の企業は特に申請の際に約束の影響範囲を明記する必要がある。

メリットとして、エコファーストマークを使用することにより、対外的に自社の環境保全活動のPRができる。

認定企業編集

脚注編集

外部リンク編集