メインメニューを開く

エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア

エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアポルトガル語: Estádio Nacional de Brasília)は、ブラジル首都ブラジリア連邦直轄区にあるスタジアムである。エスタジオ・ナシオナルは日本語で国立競技場を意味する。正式名称はエスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア・マネ・ガリンシャ(Estádio Nacional de Brasília Mané Garrincha)。

エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア
"Estádio Nacional Mané Garrincha"
Estádio Nacional de Brasília.JPG
エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアの位置(ブラジリア内)
エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア
施設情報
所在地 ブラジルブラジリア連邦直轄区
位置 南緯15度47分1秒 西経47度53分57秒 / 南緯15.78361度 西経47.89917度 / -15.78361; -47.89917座標: 南緯15度47分1秒 西経47度53分57秒 / 南緯15.78361度 西経47.89917度 / -15.78361; -47.89917
開場 1974年3月10日[1]
拡張 2013年
所有者 Governo do Distrito Federal
グラウンド
旧称
エスタジオ・マネ・ガリンシャ
使用チーム、大会
FIFAコンフェデレーションズカップ2013
2014 FIFAワールドカップ
収容能力
72,888

目次

概要編集

1974年3月10日に元サッカーブラジル代表選手のガリンシャにちなみ、エスタジオ・マネ・ガリンシャとして開場した。かつてはブラジリエンセのホームスタジアムでもあった他、サッカーブラジル代表の試合会場として使用された。

2014 FIFAワールドカップと2016年のリオ五輪の会場のひとつとして決定されたため[2]、75,000人規模の現代的スタジアムと成るべく4年の歳月をかけて全面的な改修工事が行われた。スタンド屋根はケーブル膜構造[3]

2013年5月に竣工し、5月18日に開場記念試合が開催された。同年6月のサッカーコンフェデレーションズカップの会場として利用され、開幕戦のブラジル日本戦が開催された[4]

2014 FIFAワールドカップ後の問題編集

2014 FIFAワールドカップ終了後はブラジル1部リーグの試合が開催されておらず、地元クラブの試合では1万人程度しかスタジアムに集まらず“開店休業”の状態となっている。スタジアムの維持費は月に13万ポンド(約2300万円)と見積もられており、2015年3月の状況ではランニングコストを支払うのがかなり難しくなっている。スタジアムの維持費を捻出すべく、英メディアの『Mail Online』によれば、バスターミナルとして利用されて世界的スポーツイベントから1年足らずでバスの停車場になっているだという[5]。(?私、2018年に行きましたがバスの停留所になっているというようなことはありませんでした。)


FIFAコンフェデレーションズカップ2013編集

日時 時間(UTC-3) チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
6月15日 16:00   ブラジル 3-0   日本 グループA 67,423

2014 FIFAワールドカップ編集

日時 時間(UTC-3) チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
6月15日 13:00   スイス 2–1   エクアドル Group E 68,351
6月19日 13:00   コロンビア 2–1   コートジボワール Group C 68,748
6月23日 17:00   カメルーン 1–4   ブラジル Group A 69,112
6月26日 13:00   ポルトガル 2–1   ガーナ Group G 67,540
6月30日 13:00   フランス 2–0   ナイジェリア Round of 16 67,882
7月5日 13:00   アルゼンチン 1–0   ベルギー 準々決勝 51,179
7月12日 17:00   ブラジル 0–3   オランダ 3位決定戦 68,034

脚注編集