メインメニューを開く

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

FIFAコンフェデレーションズカップ2013: FIFA Confederations Cup 2013)は、2013年6月15日から6月30日にかけて、FIFAワールドカップ・ブラジル大会のプレ大会としてブラジルで行われた第9回目のFIFAコンフェデレーションズカップである。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013
大会概要
開催国 ブラジルの旗 ブラジル
日程 2013年6月15日 - 6月30日
チーム数(6連盟)
開催地数(6都市)
大会結果
優勝 ブラジルの旗 ブラジル (4回目)
準優勝 スペインの旗 スペイン
3位 イタリアの旗 イタリア
4位 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 68点
(1試合平均 4.25点)
総入場者数 804,659人
(1試合平均 50,291人)
得点王 スペインの旗 フェルナンド・トーレス
ブラジルの旗 フレッジ(5点)
最優秀選手 ブラジルの旗 ネイマール
 < 20092017

目次

出場国編集

出場国 大陸連盟 参加資格 出場決定日 出場回数
  ブラジル CONMEBOL 2014 FIFAワールドカップ 開催国 2007年10月30日 7大会連続7回目
  日本 AFC AFCアジアカップ2011 優勝 2011年1月29日 2大会ぶり5回目
  ナイジェリア CAF アフリカネイションズカップ2013 優勝 2013年2月10日 7大会ぶり2回目
  メキシコ CONCACAF 2011 CONCACAFゴールドカップ 優勝 2011年6月25日 2大会ぶり6回目
  ウルグアイ CONMEBOL コパ・アメリカ2011 優勝 2011年7月24日 6大会ぶり2回目
  タヒチ OFC OFCネイションズカップ2012 優勝 2012年6月10日 初出場
  イタリア UEFA UEFA EURO 2012 準優勝[注 1] 2012年6月28日 2大会連続2回目
  スペイン UEFA 2010 FIFAワールドカップ 優勝、UEFA EURO 2012 優勝[注 1] 2010年7月11日 2大会連続2回目

トピックス編集

 
今大会の公式球、カフサ
  • アディダスによって開発された今大会の公式球の名称をFIFAが「カフサ(cafusa)」に決定し、2012年12月1日の今大会の組み合わせ抽選会で、2002年FIFAワールドカップ・日韓大会優勝のブラジル代表主将で右サイドバックでプレーしたカフーが公式球を紹介した[8]。公式球と公式球プレゼンターのカフーの名前が似ているが偶然だという[9]。公式球の名称は、移民国家のブラジルらしく、先住民と黒人の混血を意味する「カフーゾ」を基に、ブラジルを象徴する「カーニバル」・「フットボール」・「サンバ」の3要素の頭文字をもじって名付けられた[10][11]。2013年以降、コンフェデレーションズカップの他、ロシアプレミアリーグ、Jリーグ、Kリーグなどで公式球として使用される[12]
  • 今大会の日本国内における中継は衛星波ではNHK BS1が全16試合を生中継すると発表している[13][14]。地上波については日本代表戦を中心にフジテレビ系列で放送されることになっている[15]
  • 2014 FIFAワールドカップの公式応援グッズとして開発された楽器カシローラの会場への持ち込み・使用が今大会では禁止された。これは4月に同国で行われたサッカーの試合において観客が次々とピッチにカシローラを投げ込むことによって試合が再三中断し試合を妨害する恐れがあると判断したため[16]

会場一覧編集

審判編集

2013年5月13日、FIFAにより大会審判団が発表された[18][19]

所属連盟 主審 副審
AFC   ラフシャン・イルマトフ   アブドゥハミドゥッラー・ラスロフ
  バハディル・コチュカロフ
  西村雄一[20]   相楽亨[20]
  名木利幸[20]
CAF   ジャメル・ハイムディ   アブデルアーク・エチアリ
  レドゥアン・アシーク
CONCACAF   ホエル・アギラール   ウィリアム・トーレス
  フアン・ズンバ
CONMEBOL   ディエゴ・アバル   エルナン・マイダナ
  フアン・パブロ・ベラッティ
  エンリケ・オッセス   フランシスコ・モンドリア
  カルロス・アストロサ
UEFA   フェリクス・ブリヒ   シュテファン・ルップ
  マルク・ボルシュ
  ビヨルン・カイペルス   サンデル・ファン・ルーケル
  エルヴィン・ザインシュター
  ペドロ・プロエンサ   ベルティノ・ミランダ
  ティアゴ・トリゴ
  ハワード・ウェブ   ダレン・カーン
  マイク・ムラーキー

賞金編集

2013年2月15日、国際サッカー連盟(FIFA)は今大会の賞金として、優勝が410万ドル(約3億8000万円)、2位は360万ドル(約3億3000万円)、3位300万ドル(約2億8000万円)、4位250万ドル(約2億3000万円)、残りの4チームには170万ドル(約1億6000万円)、賞金総額2000万ドル(約18億6000万円)を支払うと発表した[21]。決勝トーナメント進出国の賞金を上げ、賞金総額は前回大会よりも14%アップした。

結果編集

組み合わせ抽選編集

組み合わせ抽選は2012年12月1日(土)午前11時20分(日本時間同日夜10時20分)にブラジルのサンパウロアニェンビ・コンベンションセンターで行われ、ブラジル民放のTVグロボが生中継したほか、FIFA公式HP上で生中継された[22][23]ジェローム・バルケFIFA事務局長が抽選会の進行を務め、抽選を引き当てる代表としてブラジル出身のスーパーモデルアドリアナ・リマと南米最高のシェフとして有名なアレックス・アタラが登場した。また、今大会の公式球プレゼンターを2002年日韓ワールドカップ優勝のブラジル代表主将で右サイドバックだったカフーが務め、マリア・ガドゥアルリンド・クルス、the Meninos do Morumbiらがショーを開催した。正式な抽選方法は、11月30日のコンフェデ杯組織委員会で承認された後、FIFA公式HP上で発表された[24]

抽選方法は以下の通りである[25]

  • 以下のチームはシードとし、事前に別の組に割り振る。
    • 開催国:ブラジル - A組1番(開幕戦を行う為)
    • 2010年ワールドカップ優勝:スペイン - B組1番
    • 同じ地域連盟加盟国同士は同じ組に入らない。その為、A組にイタリア、B組にウルグアイが入る。
  • さらに、シードチームを含む各チームを以下の通りにチームポット(Team pots)に分け、チームポットごとに抽選で1組1チームを割り振る。1チームを引くのと、同時に組番ポット(Position Pots)から引いて、試合順を決定する(A組1番に決定しているブラジル、B組1番に決定しているスペインを除く)。
  • チームポット(Team pots)
    • ポット1」:開催国ブラジル、2012年11月のFIFAランキング上位3ヶ国であるスペイン、イタリア、ウルグアイの計4ヶ国
    • ポット2」:CAF代表[26]、日本、メキシコ、タヒチの計4ヶ国
  • 組番ポット(Position Pots)
    • ポットA」:A組に入った国が引く。チームポットから取り出されてA組に1国割り当てられる毎に、引いて組番を決める(A1のブラジル除く)。
    • ポットB」:B組に入った国が引く。チームポットから取り出されてB組に1国割り当てられる毎に、引いて組番を決める(B1のスペイン除く)。

詳細な手順は以下の通りである。

  1. 原則として、チームポット(Team pots)から引いて、A組に国を入れたら、次はB組にという順番を繰り返して抽選を行う。
  2. 1組1チーム割り当てるごとに、同時に組番ポット(Position Pots)も引いて、試合順も決める(A1のブラジルとB1のスペイン除く)。
  3. チームポット(Team pots)のポット1のブラジル(黄色のボール)は開幕戦を行なうためA組1番にあらかじめ配置。
  4. ポット1のスペイン(赤色のボール)はB組1番にあらかじめ配置。
  5. ポット1の残り2ヶ国から抽選して1つ引き、それがイタリアだった場合はA組に入れ、ウルグアイだった場合はB組に入れる。
  6. ポット1は残り1か国。5で引いた国がイタリアだった場合は、ウルグアイをB組に入れ、5で引いた国がウルグアイだった場合は、イタリアをA組に入れる。
  7. ポット2の4ヶ国を抽選して1つ引き、A組に入れる。
  8. ポット2の3ヶ国を抽選して1つ引き、B組に入れる。
  9. ポット2の2ヶ国を抽選して1つ引き、A組に入れる。
  10. ポット2の残り1ヶ国を、B組に入れる。

グループリーグ編集

 
ブラジリアで行われた開幕戦、ブラジル日本戦のチケット

グループ A編集

チーム
1   ブラジル 3 3 0 0 9 2 +7 9
2   イタリア 3 2 0 1 8 8 0 6
3   メキシコ 3 1 0 2 3 5 −2 3
4   日本 3 0 0 3 4 9 −5 0





ブラジル   2 - 0   メキシコ
ネイマール   9分
ジョー   90+3分
レポート




日本   1 - 2   メキシコ
岡崎慎司   86分 レポート エルナンデス   54分66分


グループ B編集

チーム
1   スペイン 3 3 0 0 15 1 +14 9
2   ウルグアイ 3 2 0 1 11 3 +8 6
3   ナイジェリア 3 1 0 2 7 6 +1 3
4   タヒチ 3 0 0 3 1 24 −23 0



タヒチ   1 - 6   ナイジェリア
J.テハウ   54分 レポート ヴァラール  5分 (OG)
オドゥアマディ   10分26分76分
J.テハウ  69分 (OG)
エチエジレ   80分


スペイン   10 - 0   タヒチ
トーレス   5分33分57分78分
シルバ   31分89分
ビジャ   39分49分64分
マタ   66分
レポート



ナイジェリア   0 - 3   スペイン
レポート アルバ   3分88分
トーレス   62分

ウルグアイ   8 - 0   タヒチ
エルナンデス   2分24分45+1分67分 (PK)
ペレス   27分
ロデイロ   61分
スアレス   82分90分
レポート


決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
6月26日 - ベロオリゾンテ    
   ブラジル 2
   ウルグアイ 1  
  6月30日 - リオデジャネイロ
   ブラジル 3
     スペイン 0
 
3位決定戦
6月27日 - フォルタレザ 6月30日 - サルヴァドール
   スペイン (PK) 0 (7)    ウルグアイ 2 (2)
   イタリア 0 (6)      イタリア (PK) 2 (3)

準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集



優勝国編集

 FIFAコンフェデレーションズカップ2013優勝国 
 
ブラジル
3大会連続4回目

表彰編集

個人編集

受賞選手・チーム 備考
ゴールデンボール(大会MVP)   ネイマール 優勝
シルバーボール   アンドレス・イニエスタ 準優勝
ブロンズボール   パウリーニョ 優勝
ゴールデンシューズ(得点王)   フェルナンド・トーレス 5得点
シルバーシューズ   フレッジ 5得点
ブロンズシューズ   ネイマール 4得点
ゴールデングローブ(最優秀GK)   ジュリオ・セザル 3失点
フェアプレー賞   スペイン 1回目

ベストイレブン編集

FIFA.comユーザー投票により選出[27]

ポジション 選手名
GK   ジュリオ・セザル
DF   ダニエウ・アウヴェス
  セルヒオ・ラモス
  チアゴ・シウバ
  ダヴィド・ルイス
MF   アンドレス・イニエスタ
  アンドレア・ピルロ
  パウリーニョ
FW   ネイマール
  フェルナンド・トーレス
  フレッジ
監督   ルイス・フェリペ・スコラーリ

脚注編集

  1. ^ a b EURO2012優勝国はスペインであったが、同国は「2010 FIFAワールドカップ」優勝国としてEURO2012開催前に出場権を獲得したため、準優勝のイタリアが繰り上がりで出場権を獲得。

出典編集

  1. ^ AFC、FIFAにコンフェデ杯日程変更を要請”. アジアサッカー連盟 (2011年1月31日). 2011年8月2日閲覧。
  2. ^ 43 in the fray for 2014 FWC qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2011年3月23日). 2011年8月2日閲覧。
  3. ^ Executive Committee strongly backs further governance reforms and strengthens fight against racism and discrimination”. FIFA.com (2013年3月21日). 2013年6月15日閲覧。
  4. ^ Hexagonal fixtures confirmed in CONCACAF”. FIFA.com (2012年11月8日). 2013年6月15日閲覧。
  5. ^ ゴール判定システム導入も微妙シーンなし ゴールポスト裏にはめ込まれたゴール判定システム(ゴールレフ)写真=日産スタジアム-デイリースポーツ2012年12月7日
  6. ^ FIFA、ブラジルW杯でゴールラインテクノロジー導入を決断-Goal.com2013年2月20日
  7. ^ ゴール判定技術、コンフェデ杯での採用方式決定 FIFA-CNNニュース2013年4月7日
  8. ^ 沢田啓明『footballista #287』p.26
  9. ^ 沢田啓明『footballista #287』p.26
  10. ^ 公式球は「カフーザ」=コンフェデ杯サッカー-スポナビ2012年12月2日
  11. ^ 沢田啓明『footballista #287』p.26
  12. ^ 沢田啓明『footballista #287』p.26
  13. ^ 日本放送協会 放送総局長会見 (2013年1月23日). “BS1「サッカー コンフェデレーションズカップ2013」について(PDFファイル)” (日本語). NHK放送総局長会見 2013/1/23. 日本放送協会. 2013年1月24日閲覧。
  14. ^ なおグループリーグ3試合目についてはマルチ編成で同時放送するとしている。 - 日本放送協会 放送総局長会見 (2013年5月22日). “BS1「6月のサッカー日本代表試合」(PDFファイル)” (日本語). NHK放送総局長会見資料 2013/5/22. 日本放送協会. 2013年6月7日閲覧。
  15. ^ FIFA コンフェデレーションズカップ2013(フジテレビウェブサイト、2013年6月13日閲覧)
  16. ^ W杯公認の「カシローラ」禁止へ ブラジル・コンフェデ杯(2013年5月28日河北新報。2013年6月1日閲覧)
  17. ^ Acorn Media Group: Press Releases”. FIFA.com. 2013年5月15日閲覧。
  18. ^ Match officials appointed for FIFA Confederations Cup Brazil 2013”. FIFA.com (2013年5月13日). 2013年5月15日閲覧。
  19. ^ Match officials for FIFA Confederations Cup 2013”. FIFA.com. 2013年5月15日閲覧。
  20. ^ a b c FIFAコンフェデレーションズカップに西村雄一主審、相楽亨副審、名木利幸副審の3人が選出”. 日本サッカー協会 (2013年5月14日). 2013年5月15日閲覧。
  21. ^ Prize money up by 14 per cent-FIFA公式HP2013年2月15日
  22. ^ FIFA Confederations Cup Brazil 2013公式HP
  23. ^ LOC board meeting discusses FIFA Confederations Cup-FIFA.com 2012年10月18日
  24. ^ Sao Paulo gears up for the FIFA Confederations Cup draw-FIFA公式HP2012年11月25日
  25. ^ コンフェデレーションズカップ2013抽選方法-FIFA公式HP
  26. ^ 代表国を決定するアフリカネイションズカップ2013決勝が抽選後の2013年2月10日だったため。結果ナイジェリアが同枠となる。
  27. ^ “Dream Team Game”. FIFA.com. http://www.fifa.com/confederationscup/dreamteam/index.html 2013年7月5日閲覧。 

外部リンク編集