メインメニューを開く

エデンの東』(エデンのひがし)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組[1][2][3]公演。形式名は「ミュージカル[1][2][3]」。宝塚・東京における本公演は24場[1][2]。原作はジョン・スタインベック[1][2][3]同名小説。脚本・演出は谷正純[1][2][3]。宝塚・東京における本公演と全国ツアーの併演作品は『ダンディズム![1][2][3]』。宝塚大劇場公演は真矢みき純名里沙のトップお披露目公演[4]

公演期間と公演場所編集

全国ツアーの日程編集

ストーリー編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

19世紀初頭のカリフォルニア州。双子の兄・アロンだけを気に入る父親の態度に孤独感を深めていたキャルは、死んだと聞かされていた母親が実は父を捨て今も生きていると知り、母への憎悪をも募らせる。そんなキャルがアロンの恋人・アブラと出会い、急接近する。親子、兄弟の愛と憎しみ、切ない恋といったテーマを描いた作品。

スタッフ(宝塚・東京)編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

特別出演(宝塚・東京)編集

主な配役編集

宝塚・東京編集

※下記のデータは宝塚・東京[2]共通。「()」は新人公演。

全国ツアー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 90年史 2004, p. 41.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 43.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 90年史 2004, p. 60.
  4. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 173.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3