エベレット・ティーフォード

エベレット・ジェームズ・ティーフォードEverett James Teaford, 1984年5月15日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アルファレッタ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント

エベレット・ティーフォード
Everett Teaford
フリーエージェント
Everett Teaford 2012.jpg
ロイヤルズ時代(2012年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州アルファレッタ
生年月日 (1984-05-15) 1984年5月15日(33歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト12巡目(全体347位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 MLB/ 2011年5月17日
KBO/ 2014年4月12日
最終出場 KBO/ 2014年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとロイヤルズ時代編集

2006年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから12巡目(全体347位)指名され入団。この年は傘下のパイオニアリーグのルーキー級アイダホフォールズ・チュカーズでプレーした。

2007年は、A級バーリントン・ビーズでプレーした。

2008年は、A+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーした。

2009年は、AA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレーした。

2010年は、AAA級オマハ・ロイヤルズでプレーした。

2011年5月16日に同日のクリーブランド・インディアンス戦で3イニング以内で14失点を許して1900年以降の近代野球での球団記録となり大炎上したビン・マザーロに替わってメジャーに昇格し、翌17日にメジャーデビューを果たした。8月3日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャー初セーブを記録した。最終的に、26試合(先発3試合)に登板した。

2012年は、自身初めて開幕ロースター入りを果たした。

2014年1月29日カルロス・ペゲーロの加入に伴ってDFAとなり[1]2月7日にAAA級オマハ・ストームチェイサーズに降格した[2]

LG時代編集

2014年3月30日KBOLGツインズと契約を結んだ[3]。オフに退団した。

レイズ時代編集

2015年1月16日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[4]4月25日にメジャー契約を結び、25人枠入りした。昇格後は27日のニューヨーク・ヤンキース戦で3番手で登板して2.1回を1失点だった。翌28日にDFAとなり[5]、傘下のAAA級ダーラム・ブルズに配属された。7月4日に再びメジャー契約を結び、3試合にリリーフして計3.1回を無失点に抑えるも8日に再びDFAとなった。10月5日に自由契約となり、オフはドミニカ共和国のウィンターリーグでプレー。

詳細情報編集

背番号編集

  • 61 (2011年 - 2012年)
  • 25 (2013年)
  • 36 (2014年)
  • 59 (2015年 - 同年4月)
  • 50 (2015年7月 - 同年7月)

脚注編集

外部リンク編集