カタリナ・コスタ

ポルトガルの柔道家 (1996-)

カタリナ・コスタ(Catarina Costa 1996年9月21日- )はポルトガルコインブラ出身の柔道選手。階級は48kg級。身長154cm[1][2][3]

獲得メダル
ポルトガルの旗 ポルトガル
柔道
グランドスラム
2019 ブラジリア 48kg級

経歴編集

2014年の世界ジュニア48kg級で5位になった[3]。2017年からヨーロッパ大学選手権で3連覇を果たした[3]。2018年の世界選手権では5位となった[2]。2019年のグランドスラム・ブラジリアIJFワールド柔道ツアー初優勝を果たした[2]。2021年7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは準々決勝でウクライナのダリア・ビロディドに敗れると、その後の3位決定戦でもモンゴルのムンフバット・ウランツェツェグに敗れて5位にとどまった[4]

IJF世界ランキングは3460ポイント獲得で7位(21/8/16現在)[5]

主な戦績編集

(出典[2][3])。

脚注編集

外部リンク編集