メインメニューを開く

ムンフバット・ウランツェツェグ(Munkhbat Urantsetseg 1990年3月14日- )は、モンゴル出身の柔道選手。階級は48kg級。身長160cm。得意技は背負投寝技(とりわけ腕挫十字固ハイジンハ・ロール)[1][2]。2段[3]

獲得メダル

ムンフバット・ウランツェツェグ
モンゴルの旗 モンゴル
女子 柔道
世界柔道選手権大会
2013 リオデジャネイロ 48kg級
2017 ブダペスト 48kg級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 48kg級
2017 サンクトペテルブルク 48kg級
グランドスラム
2014 バクー 48kg級
2015 パリ 48kg級
2016 東京 48kg級
2018 アブダビ 48kg級
2014 パリ 48kg級
2013 東京 48kg級
2017 パリ 48kg級
2017 東京 48kg級
2018 大阪 48㎏級
2012 パリ 48kg級
2013 パリ 48kg級
アジア大会
2014 仁川 48kg級
2018 ジャカルタ 48kg級
アジア柔道選手権
2012 タシュケント 48kg級

目次

人物編集

父親がモンゴル相撲の選手だった影響もあり、柔道は15歳の時に始めた[3][4]。 2009年のユニバーシアードでは決勝で日本の浅見八瑠奈袖釣込腰で敗れるが2位となった。世界選手権では2回戦で韓国の鄭貞娟に指導2で敗れた。2010年の世界選手権では初戦で日本の福見友子袈裟固で敗れた。その直後のワールドカップ・タシュケントでは国際大会初優勝を飾った。2011年の世界選手権では初戦でルーマニアのアリナ・ドゥミトルGSに入ってから総合負けを喫した。2012年2月のグランドスラム・パリでは福見に縦四方固で敗れたが3位となった。4月のアジア選手権では準決勝で日本の伊部尚子を有効で破るなどして優勝を飾った。7月のロンドンオリンピックでは準々決勝でドゥミトルに技ありで敗れると、敗者復活戦でもアルゼンチンのパウラ・パレトに指導2で敗れて7位にとどまった[1]。パレト戦では試合の最中に、相手がムンフバットの柔道衣とその下に着用していたTシャツを掴んで離さなかったために、右側の乳房が曝け出されてしまうハプニングも起こった[5]。2013年2月のグランドスラム・パリでは準決勝で浅見に指導2で敗れるが、3位決定戦ではロンドンオリンピック金メダリストであるブラジルのサラ・メネゼスに一本勝ちした。続くヨーロッパオープン・オーバーヴァルトでは52kg級で優勝を飾ったように、普段の国際大会では度々52kg級にも出場している[6]。8月にリオデジャネイロで開催された世界選手権では、準決勝で地元のメネゼスを破ると、決勝では浅見を腕挫十字固で破って優勝を飾り、モンゴル女子としては史上初の世界チャンピオンとなった[7]。2014年8月の世界選手権では3回戦で日本の近藤亜美に有効で敗れて2連覇はならなかった[8]。9月のアジア大会では決勝で日本の山岸絵美を技ありで破って優勝した[9]。2015年のワールドマスターズでは決勝でパレトを破って優勝した[10]世界選手権では3回戦で浅見に指導2で敗れて、前年に続きメダルを獲得できずに終わった[11]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で韓国の鄭普ギョンに足取りの反則負けを喫するが、敗者復活戦では地元のメネゼスを腕挫十字固で破った。しかし、3位決定戦で近藤と対戦すると終了間際に有効を取られて5位に終わり、またもやメダルを獲得できなかった[2]。2017年7月のグランプリ・フフホトには52kg級で出場するが、準決勝でカナダのエカテリーナ・グイカに三角絞からの崩上四方固で敗れて3位だった。得意の寝技で負けたのは2013年にワールドコンバットゲームズ団体戦で五味奈津実に横四方固で敗れて以来となった[12]。8月の世界選手権ではモンゴルの大統領であるハルトマーギーン・バトトルガが会場で観戦する中、準決勝で近藤にGSに入ってから反則勝ちしたが、決勝では日本の渡名喜風南に技ありで敗れて2位だった[13]。12月のグランドスラム・東京では決勝で近藤と対戦すると、GSに入ってから崩上四方固で敗れて2位だった[14]。なお、世界ランキングでは4年続けて年間1位となった[15]。2018年のアジア大会では準決勝で鄭に技ありで敗れて3位にとどまり、今大会2連覇はならなかった[16]世界選手権では準決勝で渡名喜と対戦すると、袖釣込腰で技ありを先取するも終盤に偽装攻撃で逆転の反則負けを喫した。3位決定戦でもモンゴルからカザフスタンに帰化したオトゴンツェツェグ・ガルバドラフに反則負けして5位にとどまった[17]グランドスラム・大阪では決勝で渡名喜に横四方固で敗れて2位だった[18]。12月のワールドマスターズでは準決勝で近藤に腕挫十字固で敗れるなどして5位だった[19]。2019年2月のグランドスラム・パリには52㎏級で出場するも、準決勝で志々目愛大内刈で敗れるなどして5位にとどまった[2]。3月のグランプリ・トビリシでは48㎏級に戻して出場するも、準決勝でフランスのメラニー・クレマンに反則負けして3位だった[2]

なお、2007年にはクラッシュの世界選手権48kg級、2010年と2014年にはサンボの世界選手権48kg級でもそれぞれ優勝している[20][21][22]

IJF世界ランキングは3420ポイント獲得で2位(19/4/22現在)[23]

主な戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集