カミーユ・カブラル
(フランス語:Camille Cabral)
名前:カミーユ・カブラル
生年:1944年5月31日
生地:ブラジルパライバ州
政治的立場:寛容エコロジーLGBT
所属:緑の党
役職:パリ第17区区議
前職:皮膚科医、性労働者
トランスジェンダーのカミーユ・カブラル区議、パリ市内のPASTT事務所にて
パリ市内で開かれたPute Prideに参加したカブラル区議, 2006年3月18日

カミーユ・カブラルCamille Cabral1944年5月31日 - )は、フランス政治家トランスジェンダーの女性、皮膚科医、性労働者2001年3月緑の党公認でパリ第17区区議会議員選挙に当選し、以来、同区議を務めている。ブラジルパライバ州出身。

略歴編集

2002年国民議会議員選挙(6月9日、16日投票)では緑の党公認でパリ第17区から出馬し、832票(2.39%)を得て落選した。2006年10月イル=ド=フランス地域圏の緑の党支部は「カブラル区議が緑の党から逸脱した行動をとっている」という理由からカブラルの再入党届けを不受理にした。2007年国民議会議員選挙(6月10日、17日投票)ではカブラル区議はパリ第5区から無所属で出馬し232票(0.78%)を得て落選した。

活動歴 編集

主張 編集

編集

  1. ^ Prévention et d'Action pour la Santé et le Travail des Transsexuel(le)sの頭文字をとってこの名前が付けられた。
  2. ^ "Ni victimes, ni coupables... fières d’être putes" !

参考文献編集

  • ゲイ@パリ 現代フランス同性愛事情』 及川健二(著) 長崎出版
  • フランス緑の党とニュー・ポリティクス(1)」、『佐賀大学経済論集 』 2003年5月号、畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • フランス緑の党とニュー・ポリティクス(2)」、『佐賀大学経済論集 』 2003年7月号、畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • フランス緑の党とニュー・ポリティクス(3)」、『佐賀大学経済論集 』 2003年9月号、畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • 政権に参加したフランス緑の党」、『政策科学2004年3月号、畑山敏夫(著) 立命館大学政策科学会

外部リンク編集