メインメニューを開く

カリブソング[1]1986年4月13日 - 1994年10月20日)は、日本競走馬

カリブソング
欧字表記 Carib Song[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1986年4月13日[1]
死没 1994年10月20日
(8歳没・旧9歳)
マルゼンスキー[1]
エスプリディア[1]
母の父 ナディア[1]
生国 日本の旗 日本北海道門別町[1]
生産 野島牧場[1]
馬主 荻伏牧場レーシング・クラブ[1]
調教師 加藤修甫美浦[1]
厩務員 栗原敏男
競走成績
タイトル JRA賞最優秀ダートホース(1990年)[1]
生涯成績 44戦11勝(うち地方競馬3戦1勝)[2]
獲得賞金 5億3704万4800円[2]
 
勝ち鞍
GI 目黒記念 1991年
GII フェブラリーH 1990年
GIII 金杯(東) 1991年
テンプレートを表示

1988年に中央競馬でデビュー。1990年にフェブラリーハンデキャップを制し最優秀ダートホースに選出されるなどダート競走で頭角を現す。のち芝の競走でも活躍し、翌1991年には日刊スポーツ賞金杯目黒記念の2重賞を制し、GI競走の天皇賞(秋)でも2着の成績を残した。9歳の1994年にはブリーダーズゴールドカップに勝利したが、同競走から10日後の調教中に急性心不全で死亡した。

経歴編集

生い立ち編集

1986年、北海道門別町の野島牧場に生まれる。父は数々の活躍馬を輩出していたマルゼンスキー。母は地方競馬南関東や東海地区で走り、12勝を挙げたエスプリディア[3]。叔父にはチェリーリュウ、リンドプルバンといった中央の活躍馬がいた[3]

野島牧場々主の野島春男はかつて公営・名古屋競馬場で調教師を務め[4]、競走馬時代のエスプリディアも手掛けており、繁殖牝馬としても大きな期待を寄せていた[3]。しばらくは無難な種牡馬と交配させて様子を見たのち「そろそろ良い馬を出しそうだ」というタイミングでマルゼンスキーを交配し誕生したのが本馬であった[3]。育成段階から評判となっており[5]、野島は馬主への売却に際して「重賞の一つや二つは勝てますよ」と申し添えたという[3]

競走年齢に達した1988年秋、茨城県美浦トレーニングセンター加藤修甫厩舎に入る。調教で騎乗した栗原敏男(後に担当厩務員)は、馬体の良さと乗り味の良さに「これは相当な馬が入ってきたと思った」と述懐している[6]。なお、後にカリブソングは調教で極めて動きの良い馬として知られるようになり、併走での調教のとき適当なパートナーが見つからないため、カリブソング1頭に対して複数の馬がリレー方式で併せるという光景が美浦トレセン北馬場の名物となった[7]

戦績編集

12月3日、中山開催の新馬戦でデビューし、3着となる。周囲を気にする様子があったことから2戦目にはブリンカー[注 1]を着用して臨み、逃げ切りでの初勝利を挙げた[6]。しかし以後も競走に集中できなかったり、調教で放馬して柵に衝突するなど気性面の問題を抱え[3]、続く勝利のないまま翌1989年2月に5戦目を消化した時点で放牧に出された[8]。加藤は当時のカリブソングについて「相手に負けるというよりも、自分に負けていた馬」と評している[3]

秋に帰厩してからは気性面にいくらかの改善が見られ、復帰初戦を勝利[6]。続く2戦を3、2着としてから、以後年を跨いで3連勝を挙げた[8]。2月にはフェブラリーハンデキャップで重賞に初出走。61.5キログラムの斤量を負う前年の最優秀ダートホース・ダイナレターを抑えて1番人気に支持されると、好位から最後の直線で抜け出して重賞初勝利を挙げた[3]。続くマーチステークスで2着となってから笹針を打つため放牧に出され[6]、秋の復帰戦オールカマーで芝の重賞に初出走するも7着。その後ダートに戻ってオープン特別競走を連勝し、年末にはウインターステークスに出走。1番人気に支持されたが、最後の直線で前の馬が壁になる場面もあり、先に抜け出したナリタハヤブサを半馬身とらえきれず2着となった[9]。このとき、同馬の調教師である中尾謙太郎、騎手の横山典弘はいずれも「まさかカリブソングに勝てるとは」というコメントを残している[9]。当年はこれが最後の出走となったが、年度表彰では180票中157票を集め、最優秀ダートホースに選出された[10]

翌1991年は、年初開催に行われる芝の重賞・日刊スポーツ賞金杯から始動。59キログラムという斤量で5番人気の評価だったが、残り200メートル付近で一気に抜け出し、2着に2馬身半差を付けて勝利[11]。加藤は「今までの成績からダート馬のイメージが強かったが、私自身芝でも走れると思っていました」と語り、騎乗した柴田政人は「これで芝の目途もたったし、ダート馬のイメージも払拭できた」と語った[11]。以後は芝路線を進み、続くアメリカジョッキークラブカップでの2着を経て、2月の目黒記念では出走馬中最高重量の60.5キログラムを背負い勝利した[5]日経賞2着を経て天皇賞(春)でGI競走に初出走したが、10着と敗れ放牧に出される[8]

秋は毎日王冠4着を経て、天皇賞(秋)に出走。外枠に入った1番人気のメジロマックイーンがスタート直後に一気に内側へ進路を取って馬群が混乱したが、カリブソングは不利を被ることなくレースを進め、2位入線のプレクラスニーから4分の3馬身差で3位に入線[6]。1位入線馬メジロマックイーンがスタート直後の斜行のかどで18着へ降着となったことから、繰り上がりの2着となった[6]。厩務員の栗原は勝利の自信を抱いていたというが、調教で見せていた気を抜く悪癖をここでも出していたとして、「必ず勝負所で手応えが悪くなっていた。それでまた伸びるところがこの馬のいいところではあったのだけれど、やはり一線級に入ったとき、弱点にはなる。結果2着に繰り上がったわけだが、その後のことを考えても、あれが精一杯だったのかもしれない」と述べている[6]競走詳細)。

その後に出走したGI競走のジャパンカップ有馬記念は10着、11着と敗れ[8]、翌1992年以降も勝利から遠ざかる。重い斤量を負わされることが多かったため1993年4月に出走した大井競馬主催の帝王賞以降は「同じ斤量なら対戦相手のレベルを落とす」という方針でローテーションが組まれた[6]。同競走に続いて出走した新潟大賞典の後に屈腱炎を発症[6]。8歳と引退も視野に入る年齢だったが、加藤は「もうひと花」を期して現役続行を選択し、カリブソングは長期休養に入った[7]。復帰戦となった翌年の帝王賞ではスタートで躓きながらも5着。その後の3戦も勝てないながら1着と差のない競馬を続けた[7]。そして10月10日、道営競馬主催のブリーダーズゴールドカップに出走。スタート直後から逃げを打つと、道営代表ササノコバンの追走を1馬身弱抑え、目黒記念以来約3年半ぶりの勝利を挙げた[2]。しかし、そのブリーダーズゴールドカップから10日後の10月20日、アルゼンチン共和国杯に向けた調教中にゴール板を過ぎた第1コーナー付近で突如転倒。診療所に運ばれたが、急性心不全のため死亡した[2]。9歳没。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[12]、JBISサーチ[13]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1988.12.03 中山 3歳新馬 芝2000m(良) 11 2 2 01.4(1人) 3着 2:07.2 (36.3) -1.0 中舘英二 54 ユーワベティ
0000.12.24 中山 3歳新馬 芝1800m(良) 16 7 14 02.0(1人) 1着 1:50.9 (38.1) -0.1 蛯沢誠治 54 (アンカー)
1989.01.15 中山 400万下 ダ1800m(良) 9 8 9 01.6(1人) 3着 1:56.4 (41.8) -0.3 蛯沢誠治 55 リキサンロイヤル
0000.02.05 東京 カトレア賞 400 ダ1600m(良) 6 3 3 04.3(2人) 3着 1:41.3 (48.8) -0.5 蛯沢誠治 55 ドースクダイオー
0000.02.25 中山 400万下 ダ1800m(不) 9 7 7 02.9(2人) 5着 1:54.8 (41.2) -1.8 中舘英二 55 フブキオウ
0000.09.09 中山 鹿島灘特別 400 ダ1800m(良) 10 3 3 04.0(1人) 1着 1:51.9 (36.1) -0.0 柴田政人 55 (バロックスキー)
0000.09.30 中山 900万下 芝1800m(良) 6 6 6 02.3(1人) 3着 1:50.6 (34.9) -0.4 柴田政人 55 インターストレッチ
0000.10.22 東京 晩秋特別 900 ダ1600m(良) 12 6 7 08.0(4人) 2着 1:38.1 (49.3) -0.1 中舘英二 55 グローリーアゲン
0000.11.04 東京 昇仙峡特別 900 ダ1600m(良) 13 3 3 02.7(1人) 1着 1:37.3 (49.5) -0.8 柴田政人 55 (ウメノアクティブ)
0000.12.09 中山 市川S 1400 ダ1800m(良) 13 4 4 02.4(1人) 1着 1:52.9 (38.0) -0.2 柴田政人 54 (タケデンマンゲツ)
1990.01.06 中山 ガーネットS OP ダ1800m(良) 11 1 1 03.9(3人) 1着 1:52.7 (36.9) -0.2 柴田政人 55 (レインボーアカサカ)
0000.01.28 東京 銀嶺S OP ダ1400m(良) 14 7 11 02.9(1人) 2着 1:23.9 (48.3) -0.1 柴田政人 56 ダイナレター
0000.02.17 東京 フェブラリーH GIII ダ1600m(不) 15 3 5 02.8(1人) 1着 1:36.7 (48.6) -0.2 柴田政人 57 (ワンダーテイオー)
0000.03.24 中山 マーチS OP 芝1600m(良) 12 8 12 07.7(3人) 2着 1:35.1 (35.2) -0.2 柴田政人 58 ケープポイント
0000.09.16 中山 オールカマー GIII 芝2200m(重) 17 2 4 07.7(3人) 7着 2:14.0 (37.6) -0.2 柴田政人 57 ラケットボール
0000.10.13 東京 神無月S OP ダ1600m(稍) 14 5 7 01.7(3人) 1着 1:35.5 (36.2) -0.4 柴田政人 58 (ヒシノスープラ)
0000.11.10 京都 アンドロメダS OP ダ1800m(重) 14 3 4 01.9(1人) 1着 1:49.8 (48.7) -0.4 柴田政人 59 (ギンザロード)
0000.12.16 中京 ウインターS GIII ダ2300m(良) 15 3 5 01.6(1人) 2着 2:25.4 (37.6) -0.1 柴田政人 59 ナリタハヤブサ
1991.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(良) 12 6 7 07.1(5人) 1着 2:00.4 (36.1) -0.4 柴田政人 59 (ハッピーシャトー)
0000.01.20 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 10 7 8 04.7(3人) 2着 2:14.0 (35.4) -0.2 柴田政人 58 メジロモントレー
0000.02.17 東京 目黒記念 GII 芝2500m(稍) 13 1 1 06.5(3人) 1着 2:34.8 (36.1) -0.1 柴田政人 60.5 (トーワタケシバ)
0000.03.31 中山 日経賞 GII 芝2500m(不) 10 4 4 01.4(1人) 2着 2:38.9 (38.0) -0.1 柴田政人 58 キリサンシー
0000.04.28 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 3 5 14.7(4人) 10着 3:20.6 (48.9) -1.8 柴田政人 58 メジロマックイーン
0000.10.06 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(稍) 13 6 9 10.3(7人) 4着 1:46.7 (35.9) -0.6 柴田政人 58 プレクラスニー
0000.10.27 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(不) 18 7 14 11.6(4人) 2着 2:04.0 (38.1) -0.1 柴田政人 58 プレクラスニー
0000.11.24 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 15 5 8 25.7(9人) 10着 2:26.1 (35.9) -1.4 柴田政人 57 ゴールデンフェザント
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 15 8 14 23.5(6人) 11着 2:32.0 (37.0) -1.4 柴田政人 56 ダイユウサク
1992.01.26 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 1 1 07.5(4人) 3着 2:13.1 (35.3) -0.3 中舘英二 59 トウショウファルコ
0000.02.23 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 6 3 3 04.2(3人) 3着 2:33.1 (36.3) -0.5 柴田政人 60.5 ヤマニングローバル
0000.03.22 中山 日経賞 GII 芝2500m(重) 11 6 6 04.9(3人) 2着 2:38.7 (38.3) -0.4 柴田政人 58 メジロライアン
0000.09.20 中山 オールカマー GIII 芝2200m(良) 14 6 10 07.5(2人) 7着 2:13.1 (36.5) -1.0 柴田政人 56 イクノディクタス
0000.11.01 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 5 9 32.1(9人) 16着 2:00.3 (38.4) -1.7 安田富男 58 レッツゴーターキン
0000.11.15 東京 富士S OP 芝1800m(良) 6 2 2 07.3(4人) 3着 1:48.3 (34.9) -0.7 安田富男 57 シンコウラブリイ
0000.12.13 中京 愛知杯 GIII 芝2000m(稍) 11 8 10 10.2(5人) 2着 2:02.6 (35.6) -0.1 安田富男 59.5 ヌエボトウショウ
1993.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(良) 13 5 7 12.9(7人) 2着 2:00.5 (36.5) -0.0 安田富男 59.5 セキテイリュウオー
0000.01.26 中山 AJCC GII 芝2200m(稍) 9 8 8 11.7(5人) 6着 2:16.2 (37.6) -1.2 安田富男 60 ホワイトストーン
0000.03.21 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 12 8 12 19.8(6人) 8着 2:36.7 (35.5) -0.9 安田富男 58 ライスシャワー
0000.04.12 大井 帝王賞 ダ2000m(良) 16 4 8 00.0(1人) 4着 2:05.6 -0.1 安田富男 55 ハシルショウグン
0000.05.16 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2200m(良) 14 1 1 12.9(5人) 7着 2:14.3 (37.4) -0.8 蛯沢誠治 60 ハシノケンシロウ
1994.04.12 大井 帝王賞 ダ2000m(良) 16 5 9 00.0(9人) 5着 2:04.9 -0.2 安田富男 55 スタビライザー
0000.06.11 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 14 5 8 12.0(6人) 7着 1:47.8 (34.5) -0.3 安田富男 58.5 ワコーチカコ
0000.06.25 中京 テレビ愛知オープン OP 芝2000m(良) 10 8 10 04.4(2人) 3着 2:00.0 (36.1) -0.3 中舘英二 56 トミシノポルンガ
0000.07.24 新潟 BSNオープン OP 芝1800m(良) 10 2 2 05.9(3人) 4着 1:48.7 (35.4) -0.5 中舘英二 56 フジヤマケンザン
0000.10.10 札幌(地) ブリーダーズGC A ダ2400m(良) 12 8 12 00.0(3人) 1着 2:33.4 -0.1 安田富男 55 ササノコバン
  • 枠番・馬番の太字は単枠指定を示す。内容は日本中央競馬会『中央競馬全重賞競走成績 古馬関東編』(1997年)に基づく[14]

血統表編集

カリブソング血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系
[§ 2]

マルゼンスキー
1974 鹿毛
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
*シル
Shill
1970 鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Quill Princequillo
Quick Touch

エスプリディア
1972 鹿毛
*ナディア
Nadir
1955 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Gallita Challenger
Gallette
母の母
ムーンクローバ
1965 鹿毛
ハクリヨウ *プリメロ
第四バツカナムビユーチー
ミスキンカ ヒンドスタン
第弐ミカヅキ F-No.6-a
母系(F-No.) 6号族(FN:6-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco4×5、Menow5×5(父内) [§ 4]
出典
  1. ^ [15]
  2. ^ [16]
  3. ^ [15]
  4. ^ [15][16]


評価編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 前方以外の視界を遮り、走ることに集中させるための装具。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n カリブソング”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 『優駿』1994年12月号、p.66
  3. ^ a b c d e f g h 『優駿』1990年4月号、pp.140-141
  4. ^ 『優駿』1989年5月号、p.23
  5. ^ a b 『優駿』1991年4月号、p.144
  6. ^ a b c d e f g h i 『競馬2着馬物語』pp.17-22
  7. ^ a b c 『忘れられない名馬100』pp.48-49
  8. ^ a b c d 『競馬名馬読本3』p.35
  9. ^ a b 『優駿』1991年2月号、p.162
  10. ^ 『優駿』1991年2月号、p.53
  11. ^ a b 『優駿』1991年3月号、pp.138-139
  12. ^ カリブソングの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月9日閲覧。
  13. ^ カリブソング 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月9日閲覧。
  14. ^ 『中央競馬全重賞競走成績集 古馬関東編』日本中央競馬会、1997年。 519頁。
  15. ^ a b c カリブソング 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月17日閲覧。
  16. ^ a b カリブソングの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月17日閲覧。

参考文献編集

  • 『競馬名馬読本3』(宝島社、1995年)ISBN 978-4796692236
    • 大越正美「カリブソング - ダート王の下克上」
  • GIレース研究会(編)『競馬2着馬物語 - 愛すべき永遠の激走馬たち』(ジャパンミックス、1996年)ISBN 978-4883212422
    • 栗原敏男「カリブソング - 何かを訴えるようにこっちを見ていた」
  • 『忘れられない名馬100 - 関係者の証言で綴る、ターフを去った100頭の名馬』(学研、1997年)ISBN 978-4056013924
    • 栗原敏男「カリブソング - 10日間で味わった感涙と別涙」
  • 優駿』(日本中央競馬会)各号

外部リンク編集