メインメニューを開く

ヤマニングローバル日本競走馬種牡馬。3歳時(旧表記)に将来を嘱望されながら致命的な骨折を負い、そこから復帰後に重賞競走で通算3勝を挙げた。三冠馬ミスターシービーの初年度産駒である。

ヤマニングローバル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年4月11日
死没 2016年9月6日(29歳没・旧30歳)
ミスターシービー
ヤマニンペニー
母の父 NijinskyII
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 ヤマニンベン牧場
馬主 土井宏二
土井肇
調教師 浅見国一栗東
競走成績
生涯成績 29戦5勝
獲得賞金 2億4770万3000円
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1989年9月、武豊を鞍上に阪神競馬場で初戦を迎える。デビュー前から評判[1]となっており、当日は単勝オッズ1.3倍の1番人気に支持された。ここを2着に3馬身差を付けて優勝すると、次走も連勝。迎えたデイリー杯3歳ステークスでは、重賞初出走ながら単枠指定された。ここも好位から抜け出すと、最後は武が手綱を抑えるほどの余裕を見せ[2]ながら2着に2馬身近い差を付けて優勝。重賞初勝利を挙げた。優勝タイム1分23秒1はレコードタイムから0.2秒差という好タイムだった。

しかし、入線後に武が馬を止めようとした際、ヤマニングローバルは馬場の窪みに足を取られ、バランスを崩した際に右前脚を骨折。その場で馬運車に収容された。検査の結果、右前種子骨が縦真二つに割れており、通常ならば安楽死の措置が取られる重傷であった[注 1]。この骨折に武が「来年のGIを4つ(クラシック三冠有馬記念)損した」と発言する[3]など期待も非常に大きかったことから、陣営は治療を選択。割れた骨を2本のボルトで繋ぐ手術が行われ、以降は復帰に向けて厩舎内での回復が図られた。

復帰後編集

1990年初頭には、左前脚に蹄葉炎を発症するなど一時状態は悪化したが、以降は徐々に良化に向かい、秋頃から調教を再開するまでに回復。年が明けた1991年1月に、オープン特別戦の洛陽ステークスで復帰を果たした。この緒戦で4着となると、以後は順調に月1走のペースで出走を続け、6月にはGIIIの阪急杯で2着、次走・GIIの高松宮杯でも3着となる。そして復帰後10戦目のアルゼンチン共和国杯で、デイリー杯以来およそ2年振りの勝利を挙げた。

次走の有馬記念で初のGI出走を果たし6着となると、1992年の初戦となった目黒記念で復帰後2勝目・重賞3勝目を挙げる。しかし以降3戦は精彩を欠き、最下位13着と大敗した宝塚記念では再び骨折し、休養に出された。前哨戦を走らないまま天皇賞(秋)で復帰となったが、人気は18頭立ての15番人気と評価は非常に低かった。しかしレースでは、メジロパーマーダイタクヘリオスが作ったハイペースを中団から追走すると、最後の直線で失速する先行馬をかわして一旦は先頭に立った。ゴール前50メートルで後方から追い込んだ レッツゴーターキンムービースターに差されたが、結果は3着と好走した。

しかし以降は再び大敗を繰り返し、1994年の 阪神大賞典10着を最後に競走馬を引退。故郷のヤマニンベン牧場で種牡馬となった。産駒はヤマニンデュエルが3勝を挙げた程度で目立った成績は残せず、2005年に種牡馬も引退。2002年から繋養されている錦岡牧場・泊津繁殖牧場で当て馬をしながら余生を送っていたが、2016年9月6日に死亡。

年度別競走成績編集

血統表編集

ヤマニングローバル血統テスコボーイ系 / Nearco5×5=6.25% Menow5×5=6.25(母内)) (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

ミスターシービー
1980 黒鹿毛
父の父
トウショウボーイ
1973 鹿毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly
Your Host
Wisteria
父の母
シービークイン
1973 鹿毛
*トピオ
Topyo
Fine Top
Deleriosa
メイドウ *アドミラルバード
メイワ

* ヤマニンペニー
1979 鹿毛
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
母の母
Lower Lights
1970 鹿毛
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Luffing Tom Fool
Sail Cloth F-No.16-c
母系(F-No.) 16号族(FN:16-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco5×5、Menow5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ヤマニングローバル 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ヤマニングローバル 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ヤマニングローバル 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ヤマニングローバル 5代血統表2017年8月31日閲覧。

母は外国産馬として日本で走り、中央競馬でオープン特別2勝を含む3勝を挙げ、エリザベス女王杯にも出走した。母の姉ヤマニンサムシングの仔に 1988年中山大障害(秋)、京都大障害春秋連覇のヤマニンアピール1991年サンスポ賞4歳牝馬特別の勝ち馬ヤマニンマリーンがいる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 管理した浅見国一は、「うちでなければ殺処分だった」と回想している。(日本中央競馬会『優駿』2000年5月号 39頁)

出典編集

  1. ^ 瀬戸慎一郎『悲劇のサラブレッド』(講談社、1993年)202頁。
  2. ^ 『悲劇のサラブレッド』204頁。
  3. ^ 市丸博司編『サラブレッド怪物伝説・平成版』(廣済堂文庫、1997年)220頁。

外部リンク編集