メインメニューを開く

レッツゴーターキン日本競走馬および種牡馬1992年単勝11番人気ながら天皇賞(秋)を勝った[2]。祖母は優駿牝馬の勝ち馬であるシャダイターキン[1]主戦騎手は最初は小島貞博、途中から大崎昭一

レッツゴーターキン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年4月26日
死没 2011年1月30日(24歳没)
ターゴワイス
ダイナターキン
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本 北海道早来町
生産 社台ファーム早来
馬主 (株)日本ダイナースクラブ[1]
調教師 橋口弘次郎栗東
厩務員 山本国雄
競走成績
生涯成績 33戦7勝
獲得賞金 3億7295万円
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1987年4月26日社台ファーム早来に生まれる。カラスの鳴き声を聞いただけで暴れまわる極度に憶病な性格の持ち主で、調教では前のめりになったり反り返るなどして騎乗する者を手こずらせた[3]栗東トレーニングセンター橋口弘次郎厩舎に入厩してからも、騎乗する者が鞭を持ち替えただけで驚く素振りを見せて放馬するなどした[4]

1989年12月に競走馬としてデビュー。未勝利を脱出するのに4戦を要したが距離を伸ばす毎に好走していき、やがて500万下条件を抜け出すと初重賞挑戦となった中日スポーツ賞4歳ステークスでは単勝11番人気ながら2着に入り、波乱を演出する。その後は嵐山ステークスを始め好走する競走もあったが勝ち切れない競走が続く。

古馬になると初戦の小倉大賞典で重賞初勝利を挙げ続く中京記念も制し重賞を連勝する。しかしその後は不振に陥り7戦連続惨敗を喫してしまう。

騎手を大崎昭一に変え、心機一転した谷川岳ステークスでは単勝7番人気で制し実に13か月ぶりに勝利する。この後は引退まで大崎昭一が手綱を握ることになる。新潟大賞典では惨敗してしまうもののテレビ愛知賞では2着、1戦はさんだ後の北九州記念小倉記念と連続で2着し、勝てないものの確実に復活の兆しを見せていた。続く福島民報杯でその年2勝目を挙げると陣営は天皇賞(秋)の参戦を決意する[† 1]

迎えた天皇賞(秋)では前走を勝利したとはいえトウカイテイオーナイスネイチャなどの一線級に比べると明らかに評価が劣っており、単勝11番人気に甘んじていた。が、いざレースがはじまるとダイタクヘリオスメジロパーマーが作り出すハイペースの中、後方で待機をする。直線に向くとメジロパーマー、ダイタクヘリオスをトウカイテイオーが交わして先頭に立つが、そのトウカイテイオーも中団で脚を溜めていたナイスネイチャに差され、さらにまとめてその外からレッツゴーターキン、ムービースターヤマニングローバルが揃って差しきった。勝ち馬はレッツゴーターキン[† 2]2着に単勝5番人気のムービースターが入り、馬連は実に1万7220円の大波乱、東京競馬場は騒然としていた[2]

G1勝ち馬となったレッツゴーターキンはその後ジャパンカップ有馬記念と出走するがともに8着、4着と敗戦。翌1993年阪神大賞典に出走するも、5着に終わる。レース中に故障していたことが判明し、目標の天皇賞・春を前に現役を引退、種牡馬入りした。

年度別競走成績編集

  • 1989年(2戦0勝)
  • 1990年(11戦2勝)
  • 1991年(5戦2勝) - 小倉大賞典 (G3) 、中京記念 (G3)
  • 1992年(14戦3勝) - 天皇賞(秋) (G1) 、谷川岳ステークス (OP) 、福島民報杯 (OP)
  • 1993年(1戦0勝)

種牡馬入り後編集

新ひだか町レックススタッドで種牡馬入り。その後幕別町の十勝軽種馬農協種馬所、同町の新田牧場などを経て、1997年より同町のサンライズステイブルで繋養される。天皇賞の勝利がフロックであると見られたこと、あまり主流でない血統であることなどが災いし、初年度の種付け数が25頭にとどまるなど人気が出なかった。さらには受精能力が低く、生涯の受胎率は5割を割り込み、生まれた産駒も血統登録にすら至らないケースが目立つなどで、出走にこぎつけたのは生産頭数のさらに半数ほどであった。結果として、特筆すべき産駒は出せなかった。

2008年に種牡馬を引退し、以後は同ステイブルで功労馬として余生を送っていた。2011年に入ってまもなく体調を崩し、一時は小康状態を保ったものの食欲が回復せず衰弱。1月30日に死亡した。直接の死因は心不全であるという[5]

血統編集

レッツゴーターキン血統 (血統表の出典)[§ 1]

*ターゴワイス
Targowice
1970 黒鹿毛
父の父
Round Table
1954 鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Knight's Daughter Sir Cosmo
Feola
父の母
Matriarch
1964 黒鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Lyceum Bull Lea
Colosseum

ダイナターキン
1979 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
シャダイターキン
1966 鹿毛
*ガーサント Bubbles
Montagnana
ブラックターキン *ブラツクウヰング
*フオルカー
母系(F-No.) フォルカー系(FN:13-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Nearco 5×5、Lady Angela 5・4(母系) [§ 3]
出典
  1. ^ [6]
  2. ^ [1][6]
  3. ^ [6]


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この時、騎手の大崎昭一が「天皇賞へ行こう」と陣営に助言した。
  2. ^ ちなみにこの勝利は橋口調教師のG1初勝利であり、大崎騎手にとっては最後のG1勝利であった。

出典編集

  1. ^ a b c d e 『優駿』1993年1月号、日本中央競馬会、139頁
  2. ^ a b 『優駿』1993年1月号、日本中央競馬会、136-137頁
  3. ^ 吉川2003、28-29頁。
  4. ^ 吉川2003、34頁。
  5. ^ 天皇賞馬レッツゴーターキン死ぬ
  6. ^ a b c 血統情報:5代血統表|レッツゴーターキン|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月19日閲覧。
  7. ^ 吉川2003、29-30頁。

参考文献編集

  • 吉川良『人生をくれた名馬たち』毎日コミュニケーションズ〈MYCOM競馬文庫〉、2003年。ISBN 4839912270

外部リンク編集